DVD Memory

  • 高画質のDVDを作成
  • スライドショー編集機能付き
  • 保存形式は自由に選択可能
  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載

Dec 10,2020 19:59 pm / カテゴリー: 光学ドライブ /

Mac用CDドライブのおすすめランキングTOP5

Macシリーズはデザインと機能性に優れており、幅広い世代に人気のパソコンです。昨今はデータ転送などはネットを介したシステムとなり、デバイスからCDドライブなどが省かれています。その場合はパソコン本体だけでは、CDを再生できなくなります。一方、CDの音楽を聴きたくなるケースも少なくありません。そこで当記事では、Mac用CDドライブのおすすめ機種を紹介します。

Mac用CDドライブのおすすめランキングTOP5

おすすめランキング1位は、アップル(Apple)USB SuperDrive MD564ZM/Aです。

フォルムはスリムでスタイリッシュで、シンプルなデザインが特徴です。勿論、Macのパソコンとの相性は抜群で、ストレスフリーでCDを楽しむことが出来ます。USBタイプはType-Aとなるため、MacBookで使用するにはType-Cへの変換が必要となります。本体の重量は335gと軽量なので、持ち運ぶ際にも便利です。音楽CDの鑑賞や作成に加えて、dvdの鑑賞や作成まで幅広く対応しています。アップル純正品にこだわるユーザーなら、見逃せない製品の一つと言えます。

おすすめランキング2位は、エイスース(ASUS)外付けDVDドライブSDRW-08D2S-U LITEです。

このドライブは、ダイヤモンドカットデザインの美しいフォルムが特徴です。上質な雰囲気と高級感が漂っており、インテリアとしての存在感もあります。勿論、ビジネスシーンでの利用にも馴染みます。当ドライブは省電力設計となっており、パソコンへの負担が少ないのもメリットです。USBバスパワーでの消費電力は、わずかに6Wという小ささです。それ故、外出先でMacBookを使用する際に、長時間使用することができるわけです。当ドライブのUSBもType-Aなので、Type-Cのノートパソコンには変換アダプタが必要になります。

おすすめランキング3位は、バッファロー(BUFFALO) ポータブルDVDドライブDVSM-PTR8U3-BKAです。

当ドライブは読み込み専用で、書き込みには対応していません。それ故、当ドライブを不正利用される心配がないのがメリットの一つです。当ドライブはUSB3.2に対応しており、高速でデータの転送ができるのが特徴です。またBoostケーブルを併用することで、急速充電できるのも大きな魅力です。本体重量は約300gと軽量で、厚さも約14ミリと薄くなっています。それ故、持ち運びに便利なので、外出先での利用にも適しています。

おすすめランキング4位は、アイ・オー・データ(I-O DATA)外付けDVDドライブEX-DVD04Kです。

当ドライブは厚さが約14ミリとスリムで、スタイリッシュなデザインが特徴です。それ故、MacBookなど薄型のノートパソコンとの相性が抜群です。重量は約270gと超軽量で、カバンに入れて持ち運んでも苦になりません。USB電源はバスパワー方式なので、ケーブルが絡まる心配もないのもメリットです。

おすすめランキング5位は、ロジテック(Logitec) 外付けDVDドライブLDR-PVB8U3MSVです。

シルバーメタリックの外観が特徴で、アルミボディのMacPCとの相性が良くなっています。シンプルなデザインは、デスク周りのインテリアとしても重宝します。Type-AとType-Cの2種類のUSBケーブルが付いており、幅広いMacデバイスに対応可能です。

CDドライブの使い方

外付けCDドライブの殆どは、接続端子にUSBが採用されています。それ故、USBのタイプと転送速度を事前に確かめることが大切です。MacパソコンのUSB端子には、Type-AとType-Cが用意されています。MacBookシリーズはType-C専用が多く、ドライブ選びには注意が必要です。

それでも、Type-AをType-Cに変換するアダプターもあるので便利です。転送速度に関しては、USB2.0と3.0の2種類が存在します。USB3.0はUSB2.0のおよそ2〜10倍の転送速度となります。Mac用CDドライブには、書き込み可能な機種と読み取り専用機種があります。それ故、用途に応じて選ぶことが大事です。Mac用CDドライブの使い方としては、先ず本体に給電する必要があります。給電方法には、USBバスパワー方式とコンセント方式があります。ドライブをパソコン等にUSB接続すれば、動作メニューがポップアップ表示されます。そして、希望の動作をクリックすれば、ドライブが作動します。

CDを作るソフト:DVD Memoryの紹介

CD・DVD書き込みソフト

CD・DVD書き込みするソフト
DVD Memory(無料体験版)

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 保存形式は自由に選択可能
  • 細部までこだわれるデザイン
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • スライドショー、音楽CD、無劣化でデータDVD作成、ISOファイルをDVDに書き込み可能

DVD Memoryは、パソコンで音楽CDを再生するだけでなく、音楽CDを作成することもできるソフトウェアです。

MP3をはじめ様々な形式で、パソコンに保存されたデータをメディアに書き込むことが出来ます。当ソフトウェアは音声データの変換機能や書き込み機能に加えて、様々な編集機能も備わっています。シンプルな操作でトラックのカットやトリミングができ、表現の幅を広げることが出来るものです。一般的なライティングソフトは、音声データの編集機能が備わっていません。それ故、他に編集ソフトを用意する必要があるものです。それに対してDVD Memoryであれば、一つのソフトウェアで編集まで対応できるメリットがあります。DVD MemoryでCDに音声データを書き込むには、同ソフトを起動して「CDに書き込み」を選択します。

CDに書き込み

次に「音楽を追加」クリックし、希望の音声ファイルを追加します。CD-R等挿入後、「作成」ボタンをクリックすれば書き込みがスタートします。

音楽CD作成

シンプルな操作で編集できる

MacaBookなどMacパソコンには、CDドライブが省かれるケースが多くなっています。そこで活躍するのが、Mac用CDドライブです。但し、ドライブだけでは動作しないので、CD再生・作成用ソフトウェアが必要になります。「DVD Memory」は音楽CDの再生・作成ができるだけでなく、音声データの編集機能も備わっているソフトウェアです。シンプルな操作で、トラックの編集ができるのがメリットです。

鈴木

編集

0 コメント
DVD作成の基本とコツ
UniConverter

> DVD作成の基本とコツ > 光学ドライブ > Mac用CDドライブのおすすめランキング