Jun 03,2020 14:44 pm / カテゴリー: DVD焼く方法 /

Mac(macOS 10.15 Catalina)でMP4動画をDVDに高画質に焼く

簡単にMacでMP4をDVDに書き込むソフト

最近のコンパクトデジカメやiPhoneなどのスマートフォンは、カメラの性能が飛躍的に向上し、高解像度で写真を撮ることができます。デジカメやiPhoneなどに採用されている動画形式のMP4は比較的データは小さいですが、撮影した動画をそのままにしておくと、デジカメのメモリーやSDカード、iPhoneの容量を圧迫してしまいます。定期的にMacに移しているという人もいるかもしれませんが、やはり動画の容量は大きく、いつの間にかHDDを圧迫しているということになるかもしれません。

そこで、デジカメなどで撮影したMP4動画をMacでDVDに焼き、DVDに保存し、デジカメやiPhone、Macの容量を節約してみましょう。

Wondershare 『DVD Memory(旧名:DVD Creator)』を使うと、簡単に撮りためたMP4動画をDVDに変換できて、 Macで操作することができます。わずか3つのステップで、パソコンの初心者でも楽に操作ができます。

DVD焼く・DVD書き込みソ
フト

MP4をDVDに変換するソフト
DVD Memory(無料体験版)

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能付き
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • 保存形式は自由に選択可能。DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージ ファイルへの書き込みに対応 (※windows版は無劣化でデータディスク作成、ISOファイルをdvdに書き込み可能)

※DVD Memoryは最新のmacOS 10.15 Catalinaも対応します。

「DVD Memory」を使って簡単にMacでMp4動画をDVDに焼く方法

mp4 dvd 変換

Step 1MP4ファイルの読み込み

まず、DVD Memoryを起動したら、画面左の「新しいプロジェクトを作成」を選択して、「+」ボタンをクリックして、DVDに焼きたいMP4動画を選びます。動画の選択は、Macでもお馴染みのドラッグ&ドロップで、直感的に操作することも可能です。

DVDの容量は4GBと比較的大きめなので、DVDに焼きたい動画はどんどん選択して大丈夫です。

mp4 dvd mac作成ソフト

Step 2MP4ファイルの編集とテンプレート追加

動画編集機能も備えています。動画を選んだら、今度は編集をします。MP4で保存されている動画でも、たくさん撮影していればすぐにDVDはいっぱいになりますので、ビデオ撮影で意外と出てくる不要なシーンをカットたりすることができます。不要なシーンのカット以外、エフェクトを加えたり、回転させたりという編集操作も簡単にできます。

MP4動画の編集

DVDメニューも簡単に作成できるので、よりオリジナリティの溢れるDVDビデオを作成することが出来ます。

DVDメニュー編集

個性的な様々な動画テンプレート、静止画テンプレートが用意されており、フレーム、ボタンの仕様、なども自由に選択できます。

Step 3MP4ファイルをDVDに作成

設定が全部完了したら、編集した動画をプレビューします。問題がなければ、「作成」ボタンをクリックします。MacでMP4ビデオをDVDに書き込み、自作の動画をテレビの大画面で楽しめます。必要に応じて、ISOファイルとして保存することもできます。

MP4をMACでDVD作成

Wondershare DVD Memoryで撮りためたMP4動画からDVDへ!

DVD Memoryを使って、Macで簡単にMP4動画をDVDに焼いて保存する方法を紹介しました。MP4動画などをDVDに焼いておけば、テレビの大画面で動画を観賞したり、気軽に家族や友人に渡すこともできます。

Macで、デジカメやiPhoneなどの中に保存されているMP4動画を、DVDに作成して、更に楽しみましょう!



MacでMP4をDVDに書き込む動画ガイドがご覧になれます。

鈴木

編集

0 コメント
DVD作成の基本とコツ
UniConverter

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > MP4動画をMac(macOS 10.15 Catalina)でDVDに高画質に焼く