DVDメニューテンプレートX

iDVDが使えなくなった?iDVDの代わりになるもの!

Part1:MacでiDVDが使えなくなった原因。

iLife11のDVD版を買い、iDVDをダウンロードしたのですが、MacをSnow LeopardからLion(ライオン)にアップグレードした後、iDVDがなくなってしまいました。その理由は、iDVDがMac OS X10.7以降、新しいMac(OS X 10.12 Sierraも含む)コンピュータに付属していないからです。

DVDはムービーを転送したり、テレビで映画を鑑賞したりするための一番便利なメディアなので、この記事では、iDVDをダウンロードしないで、iDVDの代わりソフトとしてMac用のDVDを書き出し方法をご紹介します。それは、どんな家庭用のDVDプレーヤーでも書き出しできる「DVD Memory(旧名:DVD Creator)」というソフトを利用します。では、無料試用のDVDムービー作成ソフトを体験してみましょう。


Part2:iDVDの代替ソフトでDVDを焼く方法

Mac用の「DVD Memory(旧名:DVD Creator)」は、iDVDと同じように、Macパソコン専用のDVD焼く作成ソフトです。「DVD Memory」は、iDVD作成機能だけでなく、便利な編集機能、スライドショーツールと豊富なDVDメニューを持っています。

パソコンの初心者でも、Mac OSXで、iMovieのビデオ、iPhotoの写真やお気に入りの音楽を書き出し、 iDVDのように、簡単にDVDに焼くことができます。DVDに任意のビデオフォーマットを編集、最適化もできる、iDVDよりも優れるものと言えます。

以下の3つのステップで Mac iDVD の代わるもので、優れたDVD作品を完成してみましょう。

mac idvd代わり

Step 1ビデオと画像などの素材を追加

Mac用の「DVD Memory」をダウンロードした後、「新しいプロジェクトを作成」を選択し、DVDに書き出したい動画や写真ファイルをドラッグ&ドロップします。読み込まれたファイルはファイルリストのサムネールに表示されます。

サムネールをドラッグ&ドロップすることによって、自由にマージ分割したり、並べ変えたりすることができます。複数の動画が追加できて、ファイル名変更、順番調整も簡単にできます。

mac DVD作成

動画サムネールの左側にある編集アイコンをクリックすると、クロップ、エフェクト、字幕などの作業が可能になります。もちろん、写真スライドショーの編集も可能!

mac動画編集

Step 2 多様なメニューテンプレートでDVDメニューを作成

画面の上にある「メニュー」タブをクリックすると、メニュー編集画面に入ります。事前に設定したアニメーションまたはテンプレートを選択します。DVDメニュー・テンプレートを選択したら、タイトルを追加し、指定することによって、カスタマイズすることができます。豊富な静的、動的テンプレート、ボタン、フレームを使ってカスタマイズ!テキストも追加できる!

mac DVD menu

Step 3 オプションの設定を行い、DVD作成を開始

お好みのエフェクトの設定が完了したら、最後にすべての作業を確認した上、「作成」ボタンをクリックします。Mac用の「DVD Creator」は、DVDディスク、DVDフォルダ-(VIDEO_TS)、DVDメディア、ISOファイル、と4つの出力オプションを提供しています。必要に応じて、保存形式を選択します。「作成」ボタンをクリックして、DVDディスク、ISOファイルなど必要に応じて、選択してください。ファイル名の変更も可能!

mac DVD変換

これで、完了です!簡単に出来ました。自分が好きなスタイルにあわせてMac (OS X 10.12 Sierra)でDVDを作成して友達と家族と一緒に楽しめます。大切な思い出を、大切な人にプレゼントすることもできます。今後、iDVDが使えなくなっても、「DVD Memory」を使えば、楽に、DVDに焼くことができます。みなさん、無料で体験して、自作作品の作成を楽しんでくださいね。


Aug 03,2018 18:26 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > なぜiDVDが使えなくなった?iDVDの代わりになるもの!