Windows ムービーメーカー dvdの焼き方

Windowsムービーメーカーはもともと標準搭載されていましたが、Windows 7以降のOSには標準搭載されていません。その理由としてはWindowsムービーメーカーのサポートが終了したことが大きな要因となっているのではないでしょうか。 Windows 7以降でもWindows Live ムービーメーカーをダウンロードしてインストールすることはできます。動作も問題なく動作しているので、自己責任でインストールしても問題はありません。

→関連記事:Windows Live ムービーメーカーをダウンロードする方法

Windows Live ムービーメーカーでDVDの焼き方

Step 1Windows Live ムービーメーカーを起動してDVDで書き込みをしたい動画の読み込み

ムービーメーカーを起動すると上部にメニューが表示されます。 その中の「ホーム」メニューをクリックして下部にサブメニューを表示させます。 サブメニュー内の「ビデオおよび写真の追加」をクリックして、フォルダウィンドウを表示させます。

動画の読み込み

フォルダウィンドウに読み込みたい動画ファイルを探して見つけたら、対象の動画ファイルをクリックします。 ムービーメーカーで映像を編集して、全て編集が完了したら、次にDVDへの書き込み作業に入ります。

→関連記事:Windows Live ムービーメーカーで簡単スライドショーの作り方

Step 2ムービーメーカーで動画ファイルをDVDへ書き込みようファイルへの保存

ムービーメーカーのウィンドウ上部に表示されたメニューの中にある「DVDへの書き込み」を選択します。 すると、DVDへの書き込み専用のウィンドウが表示されます。 保存したいフォルダーへ移動して、ファイル名の欄には動画ファイル名を記述して「OK」ボタンをクリックすると保存されます。 動画ファイルの保存が完了すると「ビデオファイル(ファイル名)が保存されました」と憑依されるので、wmvファイルとして保存が完了となります。

動画をDVDへ書き込み

もちろん、「DVDへの書き込み」をクリックできない人もいます。なぜなら、パソコンにWindows DVD メーカーが搭載されていないからです。でも心配する必要もありません!解決方法があります!

Step 3DVDタイトルの作成

パソコンに搭載されているWindows DVD メーカーが自動的に起動されます。保存した動画が開いたウィンドウ上に表示されます。その他のDVDに書き込みたいファイルがあったら、追加することができます。 そしてウィンドウ左下の「次へ」をクリックします。

windows dvd maker

「次へ」をクリックすると、メニューのスタイル一覧が表示されます。 表示されたスタイルより好みのスタイルを選択します。 メニュータイトルを入れたい場合は、ウィンドウ上部に表示されている「メニューテキスト」をクリックします。

windows dvd maker

「DVDメニューテキスト変更」ウィンドウが表示されてフォント・DVDタイトル・再生ボタン・シーンボタン・メモボタンなどが表示されます。 テキストのフォントを選んで、DVDタイトルを入力します。 これでDVDのタイトルが完成しました。 DVDを再生するときに何のDVDかわかるようにタイトルを記述していきます。 最後にウィンドウ右下部にある「テキストの変更」をクリックしてタイトルの編集を完了します。

windows dvd maker

Step 4DVDへの書き込み

タイトルの作成まで完了すると最後のDVDの書き込み待ち受け画面が表示されます。パソコンのDVDドライブに空のDVDディスクを入れてからウィンドウの左下部の「書き込み」ボタンをクリックします。 すると「DVDを作成しています」というウィンドウが表示されるので、書き込みが完了するまで待ちます。

windows dvd maker

DVDへの動画の書き込みが完了すると、「DVDの準備ができました」というウィンドウが表示されます。別のDVDを作成した場合は、空のDVDをドライブに入れて「このDVDのコピーを作成する」をクリックすると別のDVDを作成できます。 終了したい場合は、「閉じる」ボタンをクリックすれば終了です。

→関連記事:Windows DVDメーカーの使い方(詳細版)

もしDVDメーカーがない場合はどうするでしょうか?

まずはムービーメーカーで作った動画をMP4かWMV形式に保存しときましょう。そして、別途ライティングソフトが必要になります。ここでオススメしたいのはDVD Memoryです!

DVDメーカーの代わりソフト

オススメのDVDメーカーの代わりソフト: DVD Memory

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能付き
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応、無劣化でデータディスク作成機能
  • 保存形式は自由に選択可能。DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルへの書き込みに対応

DVDメーカーのように市販のDVDのようなメニューを付けることもできます。100種類以上のテンプレートがたくさんあり、[メニューテキスト]、[メニューのカスタマイズ]で細かなカスタマイズも可能です。さらにチャプター作成も可能です。ダウンロードして試してください。

関連記事:DVD Memoryでmp4動画・ビデオを簡単にDVDに変換する方法
関連記事:DVD MemoryでwmvファイルをキレイにDVDに焼く方法

dvdメニュー

DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。


Windows live ムービーメーカーとDVDメーカーを使って動画ファイルの編集からDVDへの書き込みまでを紹介してきました。 操作は簡単で、全てウィンドウ上で行えてマウスのクリック操作でかんりょうします。 今から動画を編集してDVDへ書き込みたい人には、WindowsムービーメーカーとDVDメーカーを使ってみてはどうでしょうか。


Nov 23,2018 21:11 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: Windows ムービー メーカー
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > Windows ムービー メーカー > Windows ムービーメーカー dvdの焼き方