windowsでmp4をブルーレイに変換してみよう

旅行やイベントなどの動画を撮影した場合、Mp4フォーマットで保存されています。 撮影した動画をテレビなどのデバイスで視聴する場合は、そのままでは視聴できないのでDVDやブルーレイディスクに変換してから視聴します。

DVDへの変換ソフトは無料ソフトで色々と後悔されていますが、ブルーレイディスクへの変換ができる無料書き込みソフトは種類が少なくなっています。 その中でもwindows osで利用できるブルーレイディスクへの変換ソフトと言えば、「DVD Memory」書き込みソフトがあります。

「DVD Memory」動画書き込みソフトを使えば、自分で撮影したmp4動画をブルーレイディスクへ書き込みができます。 シンプルな作りで初めてソフトを使う人でも簡単なマウス操作だけでブルーレイディスクへ変換できます。 最初の起動後のウインドウにブルーレイディスクへの変換するためのメニューがあるので、それらを選択して、操作の指示に従って操作していくだけで、mp4動画をブルーレイディスクへ変換できます。

mp4をDVDに焼く手順

Step 1 windows os版の「DVD Memory」動画編集ソフトを起動

起動すると、メニューウィンドウが表示されるので、「Bru-rayディスクを作成」を選択して、ブルーレイディスク作成ウィンドウを表示します。 ブルーレイディスク作成ウィンドウが表示されると、書き込むためのmp4動画の読み込みを行います。 「画像やビデオの追加」をクリックするとフォルダウインドウが表示されるので、変換したいmp4動画を見つけてクリックすると読み込みます。

起動

Step 2 「DVD Memory」動画編集ソフトのブルーレイ作成ウィンドウ上で書き込むまでの設定を行う

読み込みが完了すると、編集機能も備わっていて、エフェクトやトランジションの設定ができます。 編集し終えると後はブルーレイディスクへの変換処理となります。 ウインドウの「作成」をクリックしてブルーレイディスクへの書き込み設定ウインドウを表示します。 表示されている設定情報はデフォルトの状態で変換しても問題ありません。

そのままの状態でウインドウの「作成」ボタンをマウスでクリックすれば、ブルーレイディスクへの書き込みを開始します。 ドライブにはブルーレイディスクを挿入しておく必要があります。

ブルーレイを書き込む

Step 3 ブルーレイディスクへン書き込み処理

ブルーレイ作成ウインドウの「作成」ボタンをクリックした後は、変換が終わるまでひたすら待つだけです。 「DVD Memory」動画編集書き込みソフトは、ブルーレイディスクへの変換も意識することなく、簡単なマウス操作だけでできるようになっています。

ブルーレイディスクへン書き込み処理

Windows os上で使える「DVD Memory」動画編集ソフトでmp4動画をブルーレイディスクへの変換について詳しく紹介してきました。 「DVD Memory」動画編集書き込みソフトは、ブルーレイディスクへの変換をマウスの操作だけで簡単に変換できるソフトです。

初めて使う人でも、操作指示に従って書き込みを行うだけで、ブルーレイディスクへ変換できてテレビで視聴できます。 家族のイベント動画を取ったりした場合、高画質で保存したければブルーレイディスクへ変換して保存しておくと、いつでも好きな時にテレビで視聴できます。

Jul 27,2018 16:16 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: ブルーレイ書き込み方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > ブルーレイ書き込み方法 > windowsでmp4をブルーレイに変換してみよう