DVD MemoryレビューキャンペーンX

Windows 10でMP4をDVDに書き込んで再生する方法TOP3

MP4をDVDに書き込みすることができます

Windows 10は標準機能で様々なファイルをDVDに書き込みすることが可能です。いろいろな種類のファイルをDVDに焼いてコピーすることができたり、仮想ドライブとして利用することができます。無料で利用することができるので、いろいろな人から推薦されており人気です。短時間でデータを移行することができ、友人と共有するのに便利です。以下はWindows 10でMP4をDVDに書き込んで再生する方法TOP3を紹介します。

用途によってMP4をDVDに書き込む方法は違う

Windows 10でDVDなどの記憶メディアにMP4を書き込みするにはいくつかの方法がありますが、用途によって書き込み方も違いますので、用途に合わせて適切な書き込む方法を選びましょう。主に以下の二つの用途があります。

  1. 家庭のDVDプレイヤーでDVDを再生して楽しむ
  2. この場合で作成したDVDの形式は「DVD-Video」形式で、家庭のDVDプレイヤーとパソコンの両方も再生可能です。

  3. パソコンの動画、写真などのファイルをバックアップとしてDVDに保存しする
  4. この場合で作成したDVDの形式は「データDVD」形式で、後からパソコンでデータを編集したりすることができます。再生は主にパソコンで行えます。

Windows 10でMP4をDVDに書き込む方法1:DVD Memoryを利用する

こちらのDVD Memoryというソフトの魅力は、「DVD-Video」形式と「データDVD」形式の両方のDVDを作成することができることです。シンプルで直感的な操作画面なので、初心者も目的の機能を迷わず簡単に利用できます。

Windows版DVD Memoryの起動画面

家庭のDVDプレイヤーで再生できる「DVD-Video」を再生したい場合は、左上の「DVDディスクを作成」機能を利用します。DVD Memoryは複数の動画や写真を組み合わせることができ、オリジナルDVD作品を作成することができます。MP4やMKVなどのたくさんの動画フォーマットに対応することが可能です。

いろいろなメニューテンプレートが搭載されていて、チャプターを組み合わせて作成することができます。基本的な動画編集を行うことができ、トリミングや字幕なども追加されたり、音楽を調整することも可能です。素早くDVDメニューなしでディスクを作成することができるワンクリック機能もあります。

シーン別の無料テンプレートは100以上

パソコンの動画、写真などのファイルをDVDに保存したい場合は、起動画面の左下の「データディスク」機能を利用できます。こちらの機能は動画、写真、音楽ファイルをドラッグ・ドロップするの簡単な操作でDVDのデータディスクが作成できます。

また、上記のDVD作成機能以外、動画編集、音楽CD作成、ISOイメージファイルの書き込み、写真スライドショーなどの機能もあります。

Windows 10でMP4をDVDに書き込む方法2:光学ドライブを利用しましょう

Windows 10の標準機能を使ってデータをディスクに書き込むにはいくつか手順があります。まず光学ドライブにディスクを挿入しましょう。「ディスクの書き込み」が表示されます。USBフラッシュドライブと同じよう使用するを選択した場合、ドラッグ&ドロップを使って移動するとコピーすることが可能です。

尚、一般的なプレイヤで再生することはできず、パソコンでの再生になります。MP4などを簡単に書き込むことができるので便利です。DVDプレーヤーで使用するを選択するとほとんどのパソコンで再生することができます。

mp4をDVDに書き込む方法2

書き込みたいデータを右クリックし、コンテキストメニューから送るを押し、光学ドライブを選択することが可能です。光学ドライブにおいてディスクに書き込む準備が出来たファイルとして表示されるので、管理タブから書き込みを完了するをクリックします。書き込み速度やタイトルを入力し、次へを選択しましょう。ディスクへ保存されるまでしばらく待つと終了です。

mp4をDVDに書き込む方法2

Windows 10でMP4をDVDに書き込む方法3:Windows Media Playerを使ってMP4映像や写真を保存する

Windows Media Playerを使ってDVDに保存することが可能です。映像や写真などを書き込むことができ、まずディスクに書き込む写真をピクチャーのフォルダに移動しましょう。次に書き込み用ディスクを光学ドライブに挿入し、スタートメニューから実行します。見つからない場合コントロールパネルから設定することが可能です。

画像フォルダには先ほど移動した写真や映像などが読み込まれているので、書き込みをクリックします。書き込みディスクをデータCDまたはDVDに変更し、書き込みたいアイテムをドラッグ&ドロップで書き込みリストに移動しましょう。開始をクリックし、しばらく待つと処置は完了です。

mp4をDVDに書き込む方法3

※上記の方法2と3は、「データDVD」形式のデータディスク作成方法の紹介なので、家庭のDVDプレイヤーでの再生はできません。

MP4をDVDに書き込む際に注意したいところ:DVDにはいくつか種類がある

DVDにはいくつか種類があり、+と-があります。特に性能において差はなく、最近ではーが主流で+はあまり使われていません。DVD-RとDVD-RWの違いはDVD-RWの場合は書き込んだものを削除したり再度記録することが可能です。DVD-RWはやや高価なので、目的に合わせて購入すると良いでしょう。DVD-Rの場合は片面1層で、記憶容量4.7GBになっており記録回数は1回です。DVD-RWの場合は片面1層で、記憶容量4.7GBになり記録回数は1000回になっています。自分の好み応じて選択すると良いでしょう。

Windows 10を利用すると簡単にMP4をDVDに書き込むことが可能です。標準装備されているので無料で利用することができ、いろいろな人から推薦されています。DVD Memoryなどのソフトを使う方法もあり、いろいろなソフトが販売されているので自分に合ったものを選択することが可能です。直感的な操作画面になっており、簡単に利用することができます。


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Jul 11,2019 15:50 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
DVDメニューテンプレート fotophire myslide 動画編集ソフトfilmora

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > Windows 10でMP4をDVDに書き込んで再生する方法TOP3