ワンだシェアー15周年X

QuickTime(クイックタイム)のMOV動画をDVDに書き込むソフトと方法 

Part1:MOVをDVDに変換するソフトを紹介

みんなが知っているように、アップルコンピュータが開発したQuickTime(MOV)はマルチメディア開発、ストレージ、および再生技術を持っています。さらに新世代デジタルカメラもまたQuickTime(MOV)形式で高品質のビデオを記録しています。QuickTimeは人気はありますが、誰もがQuickTime(クイックタイム)をDVDプレーヤーで直接再生することはできません。

多くの人は任意のDVDプレーヤーでビデオを楽しめるようにQuickTimeのMOVをDVDに書き込みしようと思っています。そんなとき解決策はありませんか?

もちろんあります。必要なものはQuickTimeのDVDバーナーです。Wondershare 「DVD Memory(Windows版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)」はWindowsのPCでMOVをDVDに変換できる最適なソフトです。windows版にはDVD作成以外に、スライドショー作成や、動画編集や、ISOファイルの書き込み、無劣化でデータディスク作成などの機能もあります。ぜひ一度使って、その便利な機能を使ってみてください。

注:DVD Memoryは最新システムWindows 10にも対応できます。


※以下はWindowsユーザー向けのQuickTimeのMOVをDVDに変換する方法について説明したガイドです。WindowsとMacでMOVをDVDに変換する方法はほぼ同じですが、必要であれば、ここでMacユーザ向けのMacでQuickTimeのMOVをDVDに書き込む方法を参照することができます。

Part2:MOVをDVDに焼く方法

Step 1QuickTimeのMOV動画を追加する

真ん中の「+」をクリックし、ハードドライブからQuickTimeムービーを読み込んでください。ビデオをプレビューしてビデオの音量を調整することが許可されています。また、動画素材が複数個ある場合に、優れたDVDを作るために、順番を適切に入れ替えることができます。マウスで移動させたい動画をドラッグするだけで、好きな位置に移動できます。

QuickTimeのMOV動画を追加

ビデオ編集もできます。テキストを付けたり、エフェクトを応用したりすることができます。

movをDVDに作成

Step 2 DVDメニューを作成する

movビデオ編集ができたら、「メニュー」をクリックし、DVDメニュー画面に入ります。ここではテキスト追加、BGM調整、チャプター作成などのメニューカスタマイズ機能が搭載されています。こうした機能を活用すれば、より視聴しやすいコンテンツにしていきます。

DVDメニューテンプレートを選ぶ

DVDメニューを作成する

Step 3 プレビューしてQuickTimeのMOV動画をDVDに変換する

作業が終わったら、DVD作成を行います。作成する前に、あらかじめ完成状態をプレビューして、確認することができます。問題がなければ、「作成」ボタンをクリックすると、MOVをDVDに変換始めます。

QuickTimeのMOV動画をDVDに変換

このQuickTimeの専門のDVDバーナー「DVD Memory」は容易にQuickTimeファイルをDVDに変換してくれますので、自宅で家族と一緒に映画を見て充実した時間を楽しむためには欠かせないです。

QuickTime(クイックタイム)について

QuickTime(MOV)はマルチメディア開発、ストレージ、および再生技術を持っているアップルコンピュータが開発したソフトです。QuickTimeはビデオ、アニメーション、グラフィックス、3Dやバーチャルリアリティ(VR)をサポートしています。ブラックベリー、PDA, スマートフォンやPSP上で再生できるようにMP4にMOVファイルを変換しようとする場合はビデオコンバーターをお勧めします。


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。


Nov 05,2018 16:27 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > 簡単にQuickTimeのMOV動画をDVDに書き込むソフトと方法