卒業記念DVDテンプレートX

Windowsパソコンでブルーレイディスクに書き込む方法とは

以前はAV機器でビデオを再生する際にDVDが多く用いられていましたが、最近は大容量のブルーレイディスクの普及が進んでいます。コンピュータにMP4などの動画形式のデータを保存している方であれば、ブルーレイディスクに書き込むことで大画面のテレビでもビデオを楽しむことができます。Windowsパソコンで動画をディスクに書き込むためには、無料または有料のオーサリングソフトが必要です。

ブルーレイディスクの書き込み方法と必要なソフトとは

WindowsパソコンでAV機器で再生ができるブルーレイディスクを作成する場合は、フリーソフトまたは有料ソフトを利用することができます。フリーソフトでも動画ファイルをAV機器で読み込みが可能なオーサリング処理を施すことができますが、大半のソフトには光学ドライブでディスクに書き込む機能を備えていません。そのためTS/M2TS形式かISOファイルの形でデータを保存し、別のライティングソフトでディスクに焼く必要があります。

この作業を行うためには、コンピュータについての専門的な知識を必要とします。作業時に大きなサイズのファイルを保存しなければならないので、パソコンのドライブに十分な空き容量を確保しなければなりません。 有料のソフトであればオーサリング処理と光学メディアへの書き込みの両方の機能を備えているので、簡単な操作でディスクを作成することができます。

DVD Memory(旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)の紹介

Windows版「DVD Memory」はDVDビデオの他にも、ブルーレイディスクの作成機能も備えています。光学メディアへの書き込み機能も付いているので、大きなファイルをハードディスクに保存する必要もありません。操作方法はシンプルで、元の動画ファイルをインポートしてから再生する順番やメニュー画面を追加してからディスクへの書き込みを行うだけです。

「DVD Memory」は対応する動画のフォーマットの種類が非常に多いという特徴があるので、事前に動画変換の作業を行う必要はありません。保存形式を一切気にすることなくビデオを選択することができるので、コンピュータについての専門的な知識を持たない方でもすぐに作業を開始することができます。初心者の方でも簡単にディスクを作成して、AV機器で動画を再生することが可能です。

Windowsパソコンでブルーレイディスクに書き込むソフトDVD Memory
  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能付き
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • 保存形式は自由に選択可能。BDディスク、BDMVフォルダ、または写真スライドショー動画作成、音楽CDの書き込み、無劣化でのデータディスク作成も可能。

このソフトは25GBのBDの他にDL(50GB)とXL(100GB)にも対応しています。活用すればパソコンに保存されている動画ファイルだけでなく、DVDビデオのvobファイルを取り出してブルーレイディスクを作成することも可能です。

「DVD Memory」でブルーレイディスクに書き込む方法

Step 1ソフトを起動して元のビデオのインポートをする

ソフトを起動して「Blu-rayディスクを作成」を選びます。次の画面が表示されたら点線の枠内に元の動画ファイルをドロップすればインポートすることができます。複数の動画を書き込む場合には画面左のサムネイルの順に再生されるので、矢印ボタンで順番を指定します。

Windowsパソコンでブルーレイディスクに書き込む方法-動画をインポートする

矢印ボタンで順番を指定

Step 2必要であれば編集作業を行う

サムネイルの編集アイコンをクリックすると編集ボックスが表示されます。この画面を操作すれば、ビデオの回転・トリム、画面のカット、字幕・ウォータマーク追加などの動画編集作業ができます。

Windowsパソコンでブルーレイディスクに書き込む方法-ビデオの編集作業

Step 3メニュー画面を作成する

「メニュー」タブをクリックすると、メニューの編集画面に切り替わります。必要であればタイトルや項目を入力してメニューを作成することができます。お好きなメニュースタイルを選択した上でフレーム、ボタンなどのカスタマイズも可能です。

Windowsパソコンでブルーレイディスクに書き込む方法-メニューを作成する

Step 4ディスクに書き込みを行う

「作成」タブを選択すると、ディスクの書き込み画面が開くので、ディスクラベルを入力します。他の項目はデフォルトでも大丈夫です。パソコンのドライブに書き込み可能なブルーレイディスクをセットして「作成」ボタンをクリックすると書き込み作業が開始します。必要であれば、プレビュー機能を利用して内容を確認することができます。

ディスクに書き込みを行う

Windows版「DVD Memory」を利用すれば、簡単な操作でパソコンに保存されている動画ファイルからブルーレイディスクを作成してAV機器で視聴することができます。フリーソフトを利用すると操作手順が複雑で専門的な知識を必要としますが、「DVD Memory」なら初心者の方でも簡単なマウス操作だけですぐにブルーレイディスクを作成することが可能です。


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Jan 24,2019 11:10 am / 編集者: naruhodo カテゴリー: ブルーレイ書き込み方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
卒業記念DVDメニューテンプレート fotophire myslide

> DVD作成の基本とコツ > ブルーレイ書き込み方法 > Windowsパソコンでブルーレイディスクに書き込む方法とは