Windows10:ISOイメージファイルを作成できる方法

撮影した写真やダウンロードした動画などのISOを作成するためには、変換ソフトがあれば可能です。単純にISOへ変換するだけのソフトから、動画を編集してISOイメージを作成するソフトなど様々な種類のソフトがあります。 今回その中でも、初めて使う人でも簡単に動画の編集からISOイメージの作成までできるソフトとしてDVD Memoryソフトがあります。


このソフトで、写真や動画を読み込んでからISOイメージ作成までの手順を見てみましょう。シンプルな画面で初めて使う人でもわかりやすい操作で、ISOイメージを作成できるようになっています。 動画編集が良く分からない人でも、単純に動画をISOイメージへ変換するだけの機能もあります。

DVD Memory

ISOイメージを作成するにはDVD Memoryがあれば簡単!

Step 1動画ファイルの読み込み

DVD Memoryを起動するとメニューが表示されるので、「DVDディスクを作成」をクリックして動画の編集を行ってISOの作成を行います。 まずは、編集画面が表示されるので、編集する動画をマウスのドラッグ&ドロップで編集画面へ挿入します。挿入した動画が表示されるので、画面左側にサムネイル一覧に表示されて、右側に画像が表示されます。

ファイルの読み込み

Step 2ファイルを編集する(オプション)

編集するには左側の一覧のサムネイルの右下に鉛筆のアイコンが表示されているので、クリックして編集画面を表示します。 編集画面では、「エフェクト」「トランジション」「テキスト」「音楽」の編集ができます。

isoファイルの編集作業

エフェクトでは、明度・コントラスト・彩度のバーを左右へ移動するだけで編集できます。 エフェクトの基本パターンを何種類のリストボックスから選択できます。 トランジションは10種類のリストボックスの中から選択出来て、全体の再生時間とトランジションの再生時間を設定できます。

テキスト編集では、簡単なテキスト入力ができます。 テキスト入力欄では、フォント・サイズ・色の設定ができます。 簡単なタイトルなどを入れることができます。 音楽編集では、用意したBGMを挿入することもできます。 BGMを挿入する位置をスライドバーで設定できるようにもなっています。

Step 3メニューを設定する

動画の編集まで終わると、メニューを設定することができます。 上部タブの「メニュー」をクリックするとメニューの設定画面が表示されます。 デフォルトでメニュー画像が用意されているので、動画に合わせたメニュー画像を右側の一覧から選んでダウブルクリックするとプレビュー画面に挿入されます。

選んだメニュー画像のテキストを自由に変更することができます。 メニュー画像の選択と編集が終わると、フレームの選択画面が表示されます。 メニュー画像の背景となるフレームを選択します。

メニューを設定する

Step 4編集動画を確認後ISOを作成

編集を完了したら、「プレビュー」タブをクリックして編集後の動画を確認します。 確認できたら、「作成」タブをクリックして出力編集画面を表示します。 表示された編集画面では、「DVD作成」・「ISOイメージとして保存」・「DVDフォルダーとして保存」が選べるので、「ISOイメージとして保存」にチェックを入れます。

他の設定情報は基本的にデフォルト設定のまま作成しても問題ありません。 保存先には自分が指定する保存先に変更することもできます。 設定が完了したら株の「作成」ボタンをクリックしてISOファイルの作成を開始します。 作成が開始されると作成中画面が表示されるので、作成が完了するまで待ちます。

ISOファイル作成

まとめ

画像や動画のISOの作成をするときにDVD Memoryソフトを使用して編集から作成まで紹介をしてきました。操作は表示されている編集画面のマウス操作をして行けば、読み込みー>編集―>作成まで簡単い作業できます。初めてDVD Memoryソフトを使う人でも、感覚で操作を行っていくだけでISO作成までできるようになっています。


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Dec 27,2018 17:18 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
DVDメニューテンプレート fotophire myslide

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > windows10:ISOイメージファイルを作成できる方法