Windows10でムービーメーカー DVD 焼き方がありますか? 

1年間の無償アップグレード期間ということもあって、Windows7や、Windows8/8.1だった方もWindows10に順次更新しているのではないでしょうか。

機能が格段に新しくそして使い勝手もよさそうに思いますが、従来のOSにあったものが削除されるという一面も。削除されるものとしては「Windows Media Center」や「DVD再生のためのプログラム(コーデック)」のほか昔ながらのゲームの削除、アップデートの自動化、OneDrive の動作などいくつかありますね

DVDの再生のためのプログラムがなくなってしまうので、当然のごとくDVD作成ソフトもWindows10には入っていないことになります。OSのグレードがアップするのであれば、いっそのことDVDの再生はもとよりDVD作成ソフトもしっかりとWindows10に対応した、使い勝手の良いソフトを揃えたいところですね。そこでおすすめするのがDVD Memory(Windows版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)です。


Part1:Windows 10用DVD作成ソフト: DVD Memoryの特徴

Windows10もしっかり対応しており、DVD作成ソフトとしても十分すぎる機能搭載したソフトなんです。まず、特徴的なところを上げると、大きく4つあります。

特徴1. ほとんどのファイルフォーマットに対応しています。

インターネット上からダウンロードできるデータのフォーマットは、たいてい汎用性のあるMP4だったりWMV、AVIなどのフォーマットですが、手持ちのデジタルカメラや、デジタルビデオカメラなど、メーカーによっても、その機種の性能によっても扱っているデータのフォーマットはまちまち。
例えばAVCHDやH.264、字幕付きMKV等、普段あまり見慣れないフォーマットの動画データフォーマットでも何も考えずにすんなりこのソフトで取り扱えます。

特徴2. テンプレートが豊富です。

DVDをプレイヤーに入れた時に初めに出てくるメニュー画面のテンプレートも、5つのテーマ(家族生活、イベント、思い出、自然、共通)に分かれていて、作成するDVDに沿ったものが選びやすいです。

メニューテンプレートを選ぶ

特徴3. 動画も編集できます。

画面の縦横を入れ替えたり、画面の中の必要なところだけを切り抜くことや、拡大表示などといった一般的に動画編集で行うであろうことが、このDVD作成ソフトでも簡単に行えます。

特徴4. DVD作成が簡単です。

DVDを作成するにあたって、MTSやM2TSといったフォーマットでも簡単にDVDに書き込むことができて、しかも画像フォーマットにも対応しているのでスライドショーもDVDに書き込めます。

書込みについてはもう少し詳しく書くと、DVDディスク(DVD-5またはDVD-9)、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルへの書き込みに対応していて、保存形式は自由に選択することができます。また、ISOファイルの書き込みや、無劣化でデータディスク作成、スライドショー動画作成などのうれしい機能もたっぷりです!

つまり、この「DVD Memory」があれば、誰でも簡単にDVDを焼くことができるんです。

windows10 DVD作成ソフト

Part2:Wondershare DVD MemoryでDVD焼き方

手順はDVD Memory(旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)を立ち上げると画面上に「ソース」「メニュー」「プレビュー」「作成」のボタンが並んでいるので、そのままの順番に作業を進めていけばよいのです。

Step 1素材となるデータを「ソース」します。

「ソース」で真ん中の「+」をクリックして、素材データ(動画、画像)を取り込みます。

「+」をクリック

Step 2 ペンボタンをクリックして動画(ビデオ)を編集します。

クロップ、トリム、エフェクト、字幕等、必要な編集をします。画像データも、同様に編集がっできます。

動画(ビデオ)を編集

Step 3 メニューを作成します。

「メニュー」からメニュー画面のテンプレートを選択し(もちろんオリジナルで作成もできます)、背景となる 画像を挿入したり、BGMを追加したりしていきます。ここでチャプターも、自動/手動で作成することができますよ。

メニューを作成

Step 4 DVDに書き込んでいきます。

ステップ3までに作成したデータをプレビューして問題なければ、いよいよDVDに書き込むことになります。

DVDに「データ」として保存することもできれば、DVDプレイヤーに挿入したら再生が始まりメニュー画面が立ち上がって、そこから選択した動画が再生されるようになるような書き込みを選択できます。

つまり、DVD作成、ISOイメージとして保存、DVDフォルダとして保存、のいずれかとなりますが、いずれにしても「作成」ボタンをクリックして立ち上がった画面で、自分が行いたい方法にチェックを入れ、下の「作成」ボタンをクリックしたら書き込みが始まるので、とても簡単にできます。

windows10 DVD作成ソフトの手順

DVD作成が初めてでも、動画編集をしながら簡単に、しかも使い勝手が良く作業を進められます。この際インストールしてみてはいかがでしょうか。


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Oct 10,2018 20:24 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > Windows10でムービーメーカー DVD 焼き方がありますか?