iPadで撮った動画をDVDに焼いて再生する方法

動画をDVDへ書き込むソフトは無料・有料ともにたくさん提供されています。 その中でも、ipadやiphoneなどで撮影した動画を簡単に書き込むソフトもあり、便利な動画編集ソフトを紹介します。 素人でも簡単にipad動画をDVDに書き込むことができるソフトとして一押しは、DVD Memory(Mac版旧名:DVD Creator)です。 Iphoneやipad動画をDVDへ書き込みできるソフトは、今回紹介するDVD Memoryが機能性と操作性の両面で考えて一番おすすめの動画書き込みソフトです。 書き込みだけではなく、編集もできるようになっているので便利です。


DVD Memoryの機能と特徴紹介

Ipadで撮影した動画をDVDへ書き込みたい場合、DVD 書き込みソフトが必要になります。 DVD Memoryソフトの機能としては、DVDへの書き込みとDVDへのワンクリックの書き込み処理があります。空のDVD媒体を用意して、ソフトを起動すると最初に読み込む画面が表示されます。

DVD Memoryインタフェイス

新しいプロジェクトを作成をクリックし、編集書き込みしたい動画を選んで読み込んだから作業を行います。 メニューにはソース・メニュー・プレビュー・作成があり、ソースから順番に動画を読み込んでタイトルの追加、動画の編集と行っていきます。 メニューの順番通りに作業を行えば最終的にDVDへ書き込みができます。

Step 1+ボタンで動画ファイルを読み込みます。

複数動画ファイルの読み込みも可能で、「Shift + クリック」 や 「 Ctrl + クリック」で簡単に複数動画ファイルを読み込めます。

ファイル追加

Step 2動画の編集作業も行えます。

そのままDVDへ書き込みを行っても良いし、編集後にDVDへ書き込みを行うこともできます。 動画のカット編集を行ってから書き込む場合は、ここで書き込みたい動画だけを残して不必要な動画はカットします。

アスペクト比は4:3や16:9のサイズを選択します。

動画編集

より自分なりのDVDを作成するため、メニューをつけてもいいです。

DVDメニュー追加

Step 3動画をDVDへ書き込み

書き込み用の動画編集が完了したら、次はDVDへの書き込み処理です。

DVD書き込み処理にはDVDの作成、ISOイメージの保存、DVDフォルダとして保存することができます。 読み込んだ動画をそのままDVDへ書き込むこともできます。書き込むDVD媒体のシュルをDVD-5(片面一層式)かDVD-9(片面二層式)のどちらかを選択します。 出力媒体の設定が終われば、 DVDドライブに空のDVD媒体を入れてから「作成」をクリックすると動画をDVDへ書き込んでくれます。

DVD書き込み

ここまで完了したら後は、DVDへの書き込み操作になります。 「作成」ボタンをクリックすると、動画をDVDへ書き込みを開始します。

  • ワンクリック書き込みでメニューの「ワンクリックDVD作成」を選択するとファイルの読み込み画面が表示されるのでDVDの作成をしたい動画を読み込むだけでDVD出力のデフォルト画面が表示されます。 出力先はDVDだけではなく、DVDフォルダー、ISOイメージとして保存ができます。「DVD作成」を選択することで直接DVDへ書き込みができます。

 

これで、ipadで撮影した動画をパソコンへ取り込んでDVDへの書き込みをするまでの流れを紹介してきました。 初心者でも簡単に操作できるようになっているので、使ってみる価値はあります。

Aug 02,2018 12:03 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > 余裕にできる!iPadで撮った動画をdvdに焼いて再生する方法