Windows DVD メーカーでMOVデータをDVDに

インターネット上に配信されている動画でよく見るフォーマットの一つに、MOVフォーマットがありますよね。 このフォーマットを再生するにあたり、対応ソフトウェアが多く、かつ無償で配布されているものが多いので、 自分のPCにダウンロードする人も多いのではないでしょうか。

さて、MOVフォーマットのデータですが、インターネット上からダウンロードするだけでなく、自分が所有している デバイスで撮影した動画など、それこそファイル数で言ったらかなりのものになると思いますが、それらを管理して、 有効活用というか、関係する動画ファイルどおしを繋げたり1つの作品に仕上げたり、それらをDVDに焼いて保存していく というのは自然の流れかと思います。

その時に動画編集ソフトの出番ですが、Windowsマシンをお使いの方にとっては、現行でサポートされているWindowsの OSである、WindowsVista(ただしプレミアムエディション以上)とWindows7で見ていくと、標準インストールされている Windows DVD メーカーを使おうと思いますよね。ところがこのWindows DVD メーカーは、MOVフォーマットをDVDの素材として対応しておらず、しかも出力はMPEG-2フォーマットなので、まったくお話になりません。

WindowsのOSを最新のものを前提としても、標準で動画編集のためのソフトはインストールされておらず、例えば Windows Live ムービーメーカーは、別途ダウンロード・インストールする必要があります。 しかも、出力はWMV/MP4形式の動画ファイルもしくはDVDへの書き出しのみとなるので、役には立ちません。 もっとほかのソフトでこれら作業ができるものを見ていきましょう。 その場合に、おすすめしたいのが「DVD Memory(Windows版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)」です。

素材として、ウェブ動画だけでなく、各種デジタルカメラで撮影したデータや高画質HDビデオの入力にも対応していて、 素材のフォーマットを気にせずにDVDに焼いていくことができます。 簡単に・誰にでもわかりやすい操作で、取り込んだ素材データに各種編集を加えることもできたうえでDVDに焼いて いけます。

編集については、メニューを追加したりそのメニュー自体も編集でき、クロップやトリミング、テキストを重ねたり 回転させてスマホなどで撮影した縦型動画を横向きに、なんてこともできます。

実際にMOVデータをDVDに焼く手順は次の通りです。

Step 1 MOV動画を追加します

「インポート」をクリックし、ハードドライブからMOVムービーを読み込んでください。ビデオをプレビューしてビデオの音量を調整することが許可されています。

QuickTimeのMOV動画を追加

ビデオ編集もできます。画像にテキストを付けたり、トランジションを応用したり、画像スライドショーにBGMを挿入することができます。

VOBをDVDに作成

Step 2 DVDメニューを作成します

DVDを作成する前に、あらかじめ完成状態をプレビューしすることができます。問題がなければ、「保存」をクリックしてください。DVDを作成する際の設定を選択できるので、「DVDディスク」を選択して、DVDの名前を記入してから「保存」をクリックしてください。

DVDメニューを作成する

Step 3 プレビューしてMOV動画をDVDに変換します

ビデオを改善したい場合は「プレビュー」をクリックし、ビデオをプレビューしてください。最後に「作成」ボタンをクリックすると、MOV をDVDに変換始めます。

QuickTimeのMOV動画をDVDに変換

Sep 07,2018 16:57 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: Windows DVD メーカー
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > Windows DVD メーカー > Windows DVD メーカーでMOVデータをDVDに