Jul 24,2019 / カテゴリー: Windows ムービー メーカー /

Windows ムービーメーカーをダウンロードする方法

Windows OSであれば誰でも無料インストールして利用できるソフトと言えばWindows ムービーメーカーがあります。 Windowsの今までのバージョンであれば、どのOSにもインストールできます。 Movie Makerと言えば動画を編集するソフトで、無料で使える高性能動画編集ソフトです。何よりも無料で使えるので多くの人が利用しています。

ムービーメーカーはWindows 8までしかサポートしていないという公式ページでは言われていますが、Windows 10でもインストールして使用しても問題なく使えます。 公式ページからダウンロードサイトは消えていますが、Windows 10でもダウンロードできるところがありますので、そちらでダウンロードしてからインストールしてみましょう。

ムービーメーカーをダウンロードする方法

Step 1非公式のサイトよりムービーメーカーをインストールできる

まずは公式サイトからのmovie makerのダウンロードはできなくなっているので、使えないのではと思っている人は待ってください。 こちらのサイトよりダウンロードしてWindows 10でも問題なく動作します。

そもそもダウンロードできなくなったのは、サポートが終了したからで自己責任で使うのであれば、上記サイトよりダウンロードできます。 自己責任で使っても良いと思っている人は、上記サイトよりダウンロードして利用してみてはどうでしょうか。 こちらは英語版のmovie makerなのでインストール後に日本語化してから使うと問題なく利用できます。

Step 2ムービーメーカーのダウンロード

英語版のmovie makerをダウンロードします。

サイトを表示すると左上の「DOWNLOAD NOW」をクリックして、「softpedia secure dwnroad(us)」という表示があるので、それをクリックするとwlsetup-akll.exeファイルがダウンロードされます。

Windows ムービーメーカーをダウンロードする

Step 3ムービーメーカーインストール

ダウンロードしたwlsetup-akll.exeファイルをクリックして起動します。 Windows ムービーメーカーをインストール

インストール画面が表示されてWhat do you want to installというメッセージが表示されるので、Choose the programs you want to installをクリックしてインストールを開始します。

Windows ムービーメーカーをインストール

するとインストールするソフト一覧が出てきて、Photo Gallery and Movie Makerという表示が出てくるので、こちらを選択して「install」ボタンをクリックします。 インストール実行中画面が表示されてインストールされるのを待ちます。

Windows ムービーメーカーをインストール

インストールが正常に終了するとDone!の画面が表示されます。 これでインストールが完了となります。

Step 4インストール途中で失敗した時の対処法

うまくインストールできないときがあります。 インストールに失敗すると「couldn’t install programs」表示がされた場合はインストール途中で失敗しています。

Windows ムービーメーカーをインストール

失敗する理由としては2つあり、.NET Frameworkが最新になっていない場合か、インストールするときにインターネットにつなげたままにしているというどちらかが原因でインストールできないことがありますが。

NET Frameworkの最新版をインストールしてみましょう。 これで正常にインストールできればインストール完了です。 これでもインストールできなければインターネットに接続されているので、接続を遮断してからインストールしてみてください。

Windows ムービーメーカーをインストール

ヒント

普通の場合はインターネットをつなげたままでインストールするのが主な原因です。簡単な方法としてパソコンに繋がっているLANケーブルを遮断してからインストールするとうまくいきます。

Step 5日本語化

インストールまでうまくいった場合、そのまま起動すると表示がすべて英語表示となります。 そこで、日本語化が必要となります。キーボードの1番下の左から3番目にあるだろうWindowsのロゴ(Windowsキー)とアルファベットのRを同時押すと「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されます。

LangSelectorを入力して「OK」ボタンをクリックします。 すると言語選択画面が表示されるので、そこで、日本語を選択して「OK」ボタンをおクリックします。これで日本語化が完了です。

Windows ムービーメーカーを日本語化する

Windows ムービーメーカー画面

movie makerのダウンロード~インストールまでの詳しく説明をしてきました。

公式サイトではダウンロードできなくなっていますが、別のサイトから英語版をダウンロードして日本語化すれば、インストールできて利用できるようになります。サポートはありませんので自己責任で利用することになります。

DVD焼く・DVD書き込みソフト

Windows ムービーメーカーで作った動画をDVDに焼くソフト:DVD Memory

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能や、スライドショー動画作成機能付き
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • 保存形式は自由に選択可能。DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルへの書き込みに対応

DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

鈴木

編集

0 コメント
DVD作成の基本とコツ
スーパーメディア変換 fotophire myslide

> DVD作成の基本とコツ > Windows ムービー メーカー > Windows ムービーメーカーをダウンロードする方法