ブルーレイ書き込みソフトの比較

最近いろいろなブルーレイ書き込みソフトが各メーカーからリリースされています。使い勝手の良いものやスピードに優れたものなど、さまざまな種類を選択することが可能です。製品にはそれぞれメリットやデメリットがありますが、人気のあるブルーレイ書き込みソフトを比較してみましょう。自分の好みに合った製品を見つけることができます。

ブルーレイ書き込みソフトをそれぞれ比較してみよう

いろいろなブルーレイ書き込みソフトがありますが、中でも人気のある第1位は「Wondershare DVD Memory(Win版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)」です。ブルーレイやDVDなどを簡単な操作で作成することができ、スライドショーを作成したり基本動画編集といった機能が満載されています。どんな動画からでもブルーレイを作成することができ、AVIなど150種類の形式をブルーレイに書き込むことが可能です。ワンクリックで作成することができるので、初心者でも素早く作成することができるでしょう。

異なる形式にある複数の動画を直接まとめて書き込むことができたり、いつでも素早く編集を再開することができるファイルも作成することが可能です。トリミングで動画の不要な部分をアレンジすることができたり、クロップ機能が搭載されていて、動画を画面に合うようにサイズをクロップしたり黒帯や余白などを削除することができ、幅広い世代の人が利用しています。

Wondershare DVD Memory
02/05

Active@ISOBurner

ブルーレイ書き込みの人気ソフト第2位は「Active@ISOBurner」で、緊急時のディスク作成などのISOファイルを焼く必要がある際に便利です。

Active@ISOBurner
03/05

BurnAware Free

第3位は「BurnAware Free」で、ISOイメージファイルを作成したり、ディスク内のデータを消去することができます。

BurnAwareFree
04/05

ImgBurn

第4位は「ImgBurn」で、書き込み機能に特化していて、読み込みやスピードなどに関して詳細な設置を行うことが可能です。

ImgBurn
05/05

AiseesoftDVD作成

第5位は「AiseesoftDVD作成」で、音ズレが発生しないようになっていて、家庭用デッキなどで再生することができます。

AiseesoftDVD作成


これらのソフトは無料でダウンロードすることができるので便利です。書き込みが終了後、元ファイルと差異がないか検証したりディスクを排出することができるものもあります。但し、中には家庭用デッキで見ることができなかったり、書き込みスピードが遅いものがあるので特徴を確認してから購入することをおすすめします。

ブルーレイ書き込みソフトはいろいろありますが、おすすめは「Wondershare DVD Memory」です。操作は簡単で、まずソフトを起動し「Blu-rayディスクを作成」を選びましょう。動画や画像をドラッグ&ドロップすると追加することが可能です。クロップや回転、トリムや透かしの挿入などの編集を行いながら、プレビューできます。

動画を編集するなら編集したいファイルを指定し、エディションをクリックしビデオ編集画面に入ることが可能です。クロップの範囲を指定すると必要な部分を切り出すことができたり、不要なシーンを取ることができます。スライダーを移動させたり再生したい部分を切り取り、エフェクトをつけて高度なシーン作成することが可能です。プレビューをクリックしブルーレイをチェックすることができ、問題がなければディスクタイプやビデオ画質などを選択してから作成をクリックすると完成します。

DVD Memory

いろいろなブルーレイ書き込みソフトがありますが、中でも「Wondershare DVD Memory」はおすすめで初心者も気軽に作成することができます。分かりやすい操作画面になっていて、エフェクトをつけたりいろいろな編集を行うことが可能です。自分好みの映像に作成することができ、ブルーレイに保存することができるでしょう。

Aug 16,2018 19:57 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: 人気ランキング
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > 人気ランキング > ブルーレイ書き込みソフトの比較