ワンだシェアー15周年X

windows10:写真をスライドショーで再生したい

Windows 10 が搭載されたパソコンの「フォト」アプリを利用して、パソコンに保存している写真をスライドショーで見る方は少なくないと思います。しかし、万が一パソコンが壊れたら、その大事な思い出の写真もなくなり、パソコンで楽しく振り返ることができなくなります。

こういうときはやっぱり、写真をビデオのスライドショーに作成できるアプリがあれば安心です。SNSにもシェアできるし、ある意味でデータのバックアップとも言えるでしょう。windows 10 ユーザーでも使える写真スライドショーアプリはないかしら?もちろんあります。それは「DVD Memory」です!


DVD Memory(Windows版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)はその名前通り、DVDの作成はもちろん、画像をスライドショーにする機能までも搭載されています。少しの時間をかけて写真や音楽、テキストなどを組み合わせることで、オリジナルビデオのスライドショーがすぐに作成できます。さらに、スライドショーにアニメーションを追加することもできます。

Windows10用DVD焼く・DVD書き込みソフト

DVD Memoryの機能紹介

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応、高性能なビデオ編集機能付き
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載、チャプター作成可能
  • スライドショー作成、動画編集可能
  • ISOファイル書き込み、無劣化でデータディスク作成
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • 保存形式は自由に選択可能。DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルへの書き込みに対応

DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。


それでは早速DVD Memoryを使ってスライドショーの作り方を見てみます!

Windows 10:スライドショーの作り方

Step 1画像を追加する

まずはソフトを起動し、その他のDVDツールをクリックして、写真スライドショーを選択します。

写真スライドショー

すると、写真スライドショーの画面が立ち上がります。ここに事前にまとめお気に入りの写真を追加します。

写真の読み込み

追加した写真は右側にサムネールで表示されますので、再生順番を調整する場合、右下の[↑][↓]ボタンを使えば調整できます。またはマウスで直接ドラッグアンドドロップすることで画像を移動させます。

スライドショー写真一覧

Step 2写真を加工する

「エフェクト」機能を使って写真の色の補正や調整の変更ができますし、好みの加工を選択します。

エフェクトをつける

「トランジション」機能を使って次のスライドへ切り替わるときの画面切り替え効果や、ピクチャーの再生時間も設定できます。 このような効果を加えることで、インパクトのあるスライドショーを作成することができます。

切り替え効果の挿入

「テキスト」機能を使って、文字入れや、フォントや表示位置などの加工を行います。

テキストの追加

「音楽機能」を使って、曲をスライドショーに追加して、スライドショーを再生しながらBGM音楽を楽しめます。DVD Memoryには無料で利用できる音楽ファイルが三つ用意しますが、自分の好きな音楽もつけられます。

BGMの挿入

Step 3スライドショーを保存する

編集作業が完了したら、自作のスライドショーを再生して確認し、問題がなければ右下の「mp4として保存」をクリックします。

スライドショー保存

これで簡単にオリジナルビデオの写真スライドショーが出来上がります!バックアップとして、SNSにシェアしたり、DVD MemoryのDVD作成機能を利用して、スライドショーをDVDに作成することもできます。

これで安心して旅行などの思い出を楽しく振り返ることができますよね。


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Oct 19,2018 15:12 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: 写真スライドショーの作り方
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > 写真スライドショーの作り方 > windows10:写真をスライドショーで再生したい