ワンだシェアー15周年X

高性能のDVDオーサリングソフト4選 !(無料もあり)

DVDは最新のブルーレイが当たり前になってもまだその人気を落とす事無く沢山の人に愛されています。 そのため、動画をDVD形式に変換して保管する人が沢山いるのです。 その効果もあってか、DVDオーサリングソフトも人気を出しています。

オーサリングとは?

DVDオーサリングソフトをご紹介する前に、なぜ動画をDVD形式に変換しなければならないでしょうか?オーサリングソフトはなんでしょうか?などの疑問を持つ人は少なくないと思います。

実は、家庭用再生機器で再生可能なDVDは「DVD-VIDEO」という形式になっています。単に映像ファイルをディスクに入れただけではDVDプレイヤーで再生できませんので、DVDプレイヤーで見てもらうためには、必ず映像ファイルをDVD-VIDEO形式のファイルに変換する必要があります。これはオーサリング作業と呼びます。

このオーサリングを行うために、オーサリングツール、つまりオーサリングソフトをPCにインストールする必要がありです。オーサリングソフトはフリーから有料のものまでさまざまな種類がありますので、どれが良いか迷ってしまいますよね。それでは、厳選の高性能のDVDオーサリングソフトを四つご紹介します!

Part 1: 最適なDVDオーサリングソフトおススメ!

イベントや旅行などで撮った写真やmp4動画をDVDビデオ化にしたい方にはオーサリングソフト『DVD Memory』がオススメです!難しい操作や設定をすることなく、簡単にDVDの作成ができます。対応ファイル形式は多く、作業も簡単で初心者でも直ぐに作業する事が出来ます。さらに多くの動画を結合のために読み込んでも動きが遅くなる事なく対応する事ができます。Windows版とMac版もあります。


ポイント:DVD Memoryは最新のWindows 10に対応済み!

DVDオーサリングソフトおススメ

DVD Memoryの製品概要

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能付き
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応、無劣化でデータディスク作成
  • 保存形式は自由に選択可能。DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルへの書き込みに対応

DVD Memoryの一番ステキなところは無料利用できるメニューテンプレートがたくさんあり、自作DVDにチャプターをつけることも可能というところです。なぜかというと、特にイベントや、旅行で撮った写真や映像はたくさんあり、テーマ分けて再生できたらいいなと思っているからです。

このDVD Memoryを利用して販売されているDVDのように、DVDを再生するとメニュー画面があり、ボタンを押すとその場面に飛ぶ、といったDVDのメニュー画面がカスタマイズできます。

DVDオーサリングソフトDVD MemoryでDVDメニューをカスタマイズする

そして、DVDメニューテンプレートはシーン別で用意されていて、好みのデザインを選択できるようになっています。これはDVDメニューを効率的に作成したい人にはとても便利ですね。もしオリジナルのデザインを使いたい場合は、自分の写真を読み込んでメニュー画面の背景として使うことも可能です。もちろん、メニューなしでDVD作成したい人はワンクリックDVD作成の機能を使ってもいいです。

DVDメニュー

DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。


Part 2: DVDオーサリングソフトランキング

01/03

DVDオーサリングソフトランキング1:DVD Flick

DVDオーサリングソフトランキング1-DVD Flick

「DVD Flick」は、各種動画ファイルをDVD データに変換してくれる海外製ソフトです。 ほとんどの動画ファイルを素材として使えるところが最大の特徴です。こちらも同じく無料になるのですが、機能重視ではなく使いやすさ重視で作成してあるソフトになります。そのため短時間でDVDオーサリング出来るソフトとして大人気を出しています。

ただ、DVD Flickをダウンロードした後、英語が苦手な方は日本語化する必要がありますし、画像の読み込みはできません。それに、チャプター作成はプレビューしながら作成できず、ちょっと不便だと感じられます。

関連記事:DVD Flickのダウンロードと使い方について

02/03

DVDオーサリングソフトランキング2:DVDStyler

DVDオーサリングソフトランキング2-DVDStyler

「DVDStyler」は動画をメニュー画面付きのDVD に変換してくれるソフトです。 そこそこ自由度の高いメニュー画面を作れるところが最大の特徴で、メニュー画面を複数個作成したり、 メニュー画面の背景に動画を使用したり、メニュー画面内のジャンプボタン(リンクボタン)に好きな画像を使用したりすることができます。このソフトは多くの形式の動画や音楽のファイル形式に対応しています。つまり、多くの動画形式のファイルをDVDにする事が出来ます。

ただ、これも日本語化する必要なソフトで、文字化けになる場合もあります。

関連記事:DVDStylerのダウンロードと使い方について

03/03

DVDオーサリングソフトランキング3:Windows DVD メーカー

DVDオーサリングソフトランキング3-Windows DVD メーカー

「Windows DVD メーカー」は、簡単に操作できるDVD オーサリングソフトです。様々の動画ファイルや画像ファイルを元に、家電のDVD プレイヤーでも再生できるDVD を作成することができます。 ルートメニュー / シーン選択メニュー / メッセージ画面 を作成する機能や、完成したデータをディスクに ライティングする機能、自動チャプター設定機能なども付いています。こちらのソフトは見覚えがある人が多いのではないかと思います。多くの動画ファイル形式に対応しており、DVD変換も簡単に出来るようになっています。

関連記事:DVD メーカーのダウンロードする方法について
関連記事:DVD メーカーの使い方


高性能のDVDオーサリングソフト4選まとめ

高性能のDVDオーサリングソフトを簡単にご紹介いたしました。自分のニーズに合わせて選びましょう。お使いのオーサリングソフトによって設定が異なるので、DVDオーサリング作業が完了したら、実際にDVDプレイヤーで再生できるかどうか確認しましょう。


Nov 19,2018 14:55 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: 人気ランキング
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > 人気ランキング > DVDオーサリングソフト おすすめ4選!(無料もあり)