DVDStylerの使い方

DVDStylerはDVD-Video規格の作成が可能なフリーのDVDオーサリングソフトです。フリーソフトとして高機能ですが、設定項目が多くて、操作を理解するには大変だと思う方は少なくありません。今回は、DVDStylerの安全ダウンロード、インストールから使い方まで詳しく説明したいと思います。

Part 1. DVDStylerの安全ダウンロードとインストール

Step 1DVDStylerのインストール

DVDStyler動画編集ソフトをインストールするには、お持ちのOSの種類によって変わってきます。Windows OSであればダウンロードしてインストールできます。 OSが32ビット版か64ビット版かでインストールするDVDStyler動画編集ソフトが変わってきます。

Windows10の場合は64ビット版となるので、こちらのダウンロードサイトよりDVDstyler_2.9.3_win64.exeをダウンロードします。

パソコン内へダウンロードできたら、インストールファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。

インストール開始したらユーザーアカウント制御ウインドウが表示されるので、「はい」をクリックしてインストールを開始します。

すると言語選択画面が表示されるので、日本語を選択して「ok」ボタンをクリックします。 DVDStylerセットアップウィンドウの開始ウインドウが表示されて「次へ」をクリックしてインストールを開始します。

DVDStylerの使い方 - 日本語を選ぶ

次にライセンス承認ウインドウー>インストール先の指定ウインドウと表示されるので「次へ」をクリックして進めていきます。

最後に追加タスクの選択ウインドウが表示されるので、デフォルトのまま「次へ」をクリックします。

DVDStylerの使い方 - インストール

インストールボタンが表示されたら「インストール」をクリックしてインストールを開始します。 後は完了するのを待つだけです。

Step 2DVDStylerの日本語化

DVDStyler動画編集ソフトの日本語化はインストールするときに日本語版の選択ウインドウが表示されるので、そこで日本語を選択するだけで日本語バージョンがインストールされます。

万が一他の言語バージョンをインストールしてしまう場合は、ソフトを起動して表示言語を日本語に変更することもできます。

DVDStylerの使い方 - インストール

Part 2. DVDStylerの使い方

DVDStylerを起動すると初期設定画面が表示されて、ディスクラベル・ディスク容量・映像のビットレート・音声のビットレート・映像形式・構成比・音声形式などが項目として表示されます。

基本はデフォルト設定で大丈夫です。 映像形式だけは、必ずNTSCにしなければうまく画像が編集できません。 設定が完了したら「ok」ボタンをクリックして完了します。

DVDStylerの使い方 - 初期設定

そして、DVDメニューテンプレートを選びます。もちろん、メニューテンプレートなしも可能です。

DVDStylerの使い方 - メニューテンプレートを選ぶ

DVDStylerの基本操作を見ていきましょう。 初期表示では文字化けしているので、画面中央の□□□をダブルクリックしてプロパテイウインドウを表示します。

表示されたフォントウインドウに「フォント設定」があるのでクリックしてフォント設定ウインドウを表示して、フォントを設定すると文字化け部分がきれいに表示されるようになります。

DVDStylerの使い方 - フォントを選ぶ

そして動画ファイルをドラッグ・ドロップすることで読み込みます。メニュー背景、ボタンは変更されます。

DVDStylerの使い方 - ファイルの読み込み

背景画像は、デフォルトの画像に変更するか、自分の画像に変更することも可能です。メニューを右クリックして、プロパティーを選択します。更に、背景音楽を挿入することも可能です。

DVDStylerの使い方 - メニュー編集

音楽を挿入した場合は、右下に音楽ファイル形式が表示されます。

DVDStylerの使い方 - メニュー編集

スライドショーや、動画ファイルを編集する場合は、タイトルを右クリックしてプロパティーを選択します。ここはスライドショーを例とします。画像の追加・削除や、トランジション、BGMをつけることができます。ただし、画像ファイルの順番が変換できないようです。

DVDStylerの使い方 - スライドショー編集

最後では、まずプレビューして内容を確認します。isoイメージファイルを作成してみます。ウインドウ上部にあるDVDアイコンをクリックしてDVD書き込み用プロパテイウインドウを表示します。ここで、プレビューにチェックを入れて、 「開始」ボタンをクリックするとisoイメージファイルの作成を開始するので、終了するまで待ちます。

DVDStylerの使い方 - ISOファイルを焼く

作成完了次第、Windows Media Playerを使って確認します。また何か変更する必要のある場所がありましたら、再度編集します。問題がなければ、DVDに書き込みます。

Part 3. DVDStylerの代わり-DVD Memory

DVDStylerを使うと無料でDVDまで簡単に作成できますが、 動画、写真スライドショーを編集しながら内容をプレビューするからDVDの作成までの一連の流れを1つのソフトでできないのが欠点です。

その点、DVD Memoryを使うと動画の編集からDVDへの書き込みまでを流れに沿って行うことができます。 初心者でも操作がしやすくなっているのがDVD Memoryで、起動すると上部に左から順番に設定していけばDVDへの書き込みまでできるような流れになっています。

それだけではなく、DVD Memoryの方は直感的なインタフェイスで、無料で使える高品質なテンプレートは100種類以上もあり、使い勝手はDVDStylerとは比べ物にならないくらい便利です。

DVDStylerの代わりソフトDVD Memory

DVDStylerの代わりソフトDVD Memory


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Dec 18,2018 15:53 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD Styler
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
DVDメニューテンプレート fotophire myslide 動画編集ソフトfilmora

> DVD作成の基本とコツ > DVD Styler > DVDStylerの使い方