紹介!写真スライドショーとDVDが同時に作れるソフト

先日初めて参加したフジロックがとても印象に残ってて、写真を存分に撮ったのでスライドショーにしようと思って、いっそうそのスライドショーDVDに焼いて、その感動を仲間にシェアしたい!何か写真スライドショーとDVDが同時に作成できるソフトないかって質問されて、こういうときの選択肢はやっぱりDVD Memoryでしょう!

DVD MemoryはDVDが作成することがもちろん、写真スライドショーの機能までも搭載されます。まさにその名前通り、メモリーをDVDにするんですね。とてもシンプルな画面で、充実した機能でだれでもカンタンにスライドショーが作れるだろう。それでは、早速使ってみましょう!


※DVD Memoryは最新版のwindows10にも対応!

  • Part 1.DVD Memoryで写真スライドショーを作ってみる
  • Part 2.編集した写真スライドショーを一発でDVDに作成

Part 1.DVD Memoryで写真スライドショーを作ってみる

Step 1写真ファイルの追加

早速上記のボタンでDVD Memoryをダウンロードして起動すると、立ち上がった画面の「そのほかのDVDツール」をクリックして、写真スライドショーをクリックします。 そして、撮った写真を一気にインポートします。

DVD Memory写真スライドショー

写真の読み込み

Step 2写真を編集

インポートした写真の順番を調整するなら、矢印アイコンを利用するだけではなく、直接写真をドラッグアンドドロップできます。

写真順番の調整

もし、写真の雰囲気がちょっとでも調整したかったら、エフェクトをつけたり、明度やコントラストなどで調整できます。

写真にエフェクトをつける

いいスライドショーは、単なる流すだけではなく、トランジションの機能もぜひ利用してください!写真の再生時間も設定できます。

入れ替え効果をつける

写真ごとに自分の感想などを文字でつけます。フォントスタイルもカスタムできます。

タイトルやテキストの入力

最後は写真スライドショーの大事の部分とも言える音楽をつけます。スライドショーに音楽をつけると、スライドショーの雰囲気をよりいっそうアップさせます。DVD Memoryは無料で使える音楽も用意してくれます。また、自分でBGMを追加することもできます。

bgmの挿入

Step 3スライドショーは完成!

いろいろの編集作業が終わったら、再生して確認してみましょう。問題なければ、MP4として保存します。これで、いよいよできあがったスライドショーはパソコンにも保存できるし、ユーチューブなどのSNSにもシェアできますね。

スライドショーの保存

Part 2.編集した写真スライドショーを一発でDVDに作成

上記はスライドショーの作り方を紹介しましたが、それをDVDに作成するには難しくありません。ここで役に立ってくれる機能はDVD Memoryの1クリックDVD作成です。

1クリックDVD作成

Step 1編集した写真スライドショーを読み込みます。

ソフトを起動したら、1クリックDVD作成をクリックして、先ほどのスライドショーを読み込みます。

スライドショーの読み込み

Step 1写真スライドショーをDVDに作成

そして、設定を行います。問題がなければ、作成をクリックします。後はパソコンに任せて待つだけです。

スライドショーをDVDに作成

わずか2ステップで簡単にスライドショーをDVDに作成します。

もし複数のスライドショーをテーマに分けて一つのDVDにまとめたい場合、DVDディスク作成の機能を使ってみましょう。メニューテンプレートもつけるし、チャプターまでもできます。再生するとき非常に便利な機能だと思います。


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Oct 11,2018 11:08 am / 編集者: naruhodo カテゴリー: 写真スライドショーの作り方
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > 写真スライドショーの作り方 > 紹介!写真スライドショーとDVDが同時に作れるソフト