「DVD Memory」の使い方

Macでも多彩な機能でDVD作成が出来るソフトの使い方を紹介したいと思います。 まず、Macでも多彩な機能でDVD作成できるソフトですが、それはWondershare「DVD Memory(Mac版旧名:DVD Creator)」になります。

このソフトは一本でここまで出来るのといいたくなるくらい多彩な機能を秘めています。 そんな魅力的なソフトの使い方を紹介したいと思います。 ソフトの目的はどんな動画ファイル形式の物でもDVDにしていまい、オリジナルのDVDを作れるという魅力があります。

「DVD Memory」の使用方法

Step 1 まず、DVDにしたい動画を用意します。 その動画をDVD形式でありISO形式に変換するわけですが、そのままDVDにしてしまうとオリジナル性にかけてしまいます。

DVDにしたい動画を用意

Step 2 そこで、まずはその動画の編集を行います。 トリムやクロップやエフェクトや透かしなど、動画を面白く編集します。 そして次にDVDの顔ともなるメニュータイトルの編集になります。 メニュータイトルの編集ですが、実はデフォルトとして登録してあるメニュータイトルが多いので、悩む事無く自分が望むメニューを作成する事が出来ます。 また、メニュータイトルが多いので、さらにオリジナル性を出したDVDを作成する事が出来ます。

動画の編集

Step 3 最後にDVDをISO形式に変換する作業になります。 ここでDVDの作成が完了となるのですが、とにかく編集するまでステップが少なく、また操作も優秀なインターフェイスのおかげで、簡単に操作する事が出来ます。 

DVDの作成が完了

これだけでも素晴らしいのですが、これだけの機能がありながら、なんと起動するソフトは一本で良いのです。 効率よくDVD作成ができるので、作業の効率化やストレスのない作業に繋げる事が出来ます。 以上がソフトの使い方になるのですが、DVD作成にかかる時間が全く要らないのです。 いつの間にかDVD編集が完了しているという状態なので、楽しみながらDVD作成が出来るというのも本ソフトの魅力です。 初心者から熟練者まで幅広くお勧めしたいソフトになります。

「DVD Memory」をダウンロードして無料体験しましょう!


Jul 30,2018 14:01 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > 「DVD Memory」の使い方