DVDメニューテンプレートX

MPEG2動画を高画質でDVDに焼いて楽しもう!

MPEG2をDVDに焼くことができるソフト!Mac版もWindows版もご用意

ファイルサイズを小さくすることができ、最新大型テレビでもサポートしているMPEG2です。 DVDビデオでは良く使われているファイル形式で、ほとんどの再生ソフトやプレイヤーで再生できるのが利点です。
DVDビデオを作ったり、ファイルサイズを抑えたいという場合に使っている人が多い動画拡張子の一つです。

しかし、いくら高画質でファイルサイズを小さく抑えることができても、Macなどの中に大量に入っていてはHDDの容量は圧迫されてしまいます。せっかく、DVDに最適化された拡張子なので、『DVD Memory(Mac版旧名:DVD Creator)』を使って、MacでMPEG2 からDVDに作成してみましょう。

Windows版も用意しておりますので、Windows OSの場合は、Windows版をダウンロードしてください。


『DVD Memory』なら簡単にMacでMPEG2ファイルからDVDに書き込みできる!

『DVD Memory』の使い方は非常に簡単です。

mpeg2 dvd 書き込み

Step 1 ファイルの追加

まず、『DVD Memory』を立ち上げて、「新しいプロジェクトを作成」を選択し、画面真ん中にある「+」ボタンをクリックしてDVDに焼きたい動画を選択します。もちろん、ドラッグ・アンド・ドロップで直感的に動画を選ぶことも可能です。DVDに焼きたい動画を全て選択します。1本の動画に結合することも、それぞれ個別に分割することもドラッグで移動させるだけでできます。

mpeg2 dvd 再生

Step 2 ファイル編集、DVDメニューテンプレート、 背景画像と音楽の追加

『DVD Memory』には基本的な編集機能が備えられています。不要なシーンをカットしたり、エフェクトを加えたりなどが操作感で簡単にできます。

mpeg2dvd焼く

mpeg2 dvd 作成

Step 3 出力フォーマットとしてDVDを選択し、書き込みを開始

ファイルの編集が終わったら、あとは空のDVDディスクに保存するだけです。簡単に、Macの中に保存していたMPEG2の写真や動画をDVDに書き込みことができます。

mpeg2 dvd 作成

『DVD Memory』でビデオをDVDでみよう!

 最近では、ビデオカメラがコンパクトになり気軽にビデオ撮影ができるようになりました。その為、MacのHDDの多くの部分をビデオが占めているという人もたくさんいると思います。そこで『DVD Memory』を使って、Macで溜まったビデオやMPEG2をDVDに保存し、テレビの大画面で観て楽しむのはいかがでしょうか。

撮影したビデオ溜まっているのなら、ぜひDVDにして、もう一度楽しみましょう!

Aug 03,2018 18:28 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > MPEG2動画を高画質でDVDに焼いて楽しもう!