DVD Memory

  • 高画質のDVDを作成
  • スライドショー編集機能付き
  • 保存形式は自由に選択可能
  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載

Sep 27,2020 13:49 pm / カテゴリー: DVDプレーヤー /

【完全解説】パソコンでDVDを見る!

パソコンでは、DVDを作成、編集するだけでなく見ることもできます。家族で見たいDVDが異なるが、レコーダーが1台しかない場合は、便利です。しかし、パソコンでDVDを見る手順が分からず、悩んでいる人もいるでしょう。そこで今回は、パソコンでDVDを見るのに必要なものや、再生の手順を紹介しましょう。この記事を読めば、パソコンで自由にDVDを見ることができるようになるでしょう。

パソコンでDVDを見るには

パソコンでDVDを見るには、DVDドライブとDVD再生ソフトが必要です。DVDドライブというのは、DVDをセットする場所のことで、パソコンに内蔵されていることもあります。また、外付けのものも数千円で販売されているので、USBケーブルで繋いで使ってもいいでしょう。ブルーレイが再生できるドライブと再生不可のドライブがありますので、よく確認してください。

DVD再生ソフトとは、文字どおりDVDを再生するためのツールです。DVDドライブがあっても再生ソフトがないと再生ができないので注意しましょう。DVDソフトがあらかじめ組み込まれているパソコンもあれば、ダウンロードが必要なケースもあります。なお、Windowsを作っているマイクロソフト社は、Windows 8.1までは無料のDVDソフトを組み込んでいましたが、Windows10からは、有料での販売のみとなりました。Windowsを使っており、純正のDVD再生ソフトを使いたい場合は、マイクロソフト社のホームページからダウンロードしてください。値段は1,750円です。「できるだけ安くDVDを見たい」という方は、無料の再生ソフトもダウンロードできます。ただし、エラーが起きやすかったりテレビで録画した番組を焼いたDVDが見られなかったりと不具合が出ることもあるので、注意してください。

パソコンでDVDを見るには、まずDVD再生ソフトがパソコン内に入っているか確かめましょう。分からない場合は、お使いのパソコンのメーカーのホームページを確認するなどします。パソコン内に再生ソフトが入っていない場合はインストールしてください。ソフトが無事にインストールできたら、立ち上げてみましょう。動作に問題ないのなら、DVDドライブに見たいDVDをセットして再生します。問題なければ、このままDVD鑑賞を楽しみましょう。市販されているDVDならば、ほぼ問題なく再生できるはずです。ただし、前述したように、テレビから録画した番組をDVDに焼いたものや、コピーしたDVDなどは、再生ソフトによって認識できないこともあります。この場合はソフトの制作元に問い合わせるか、再生ソフトを変えてもう一度再生をしてみましょう。

DVDの作成はDVD Memoryがおすすめ

パソコンでは、単にDVDを見るだけでなく、DVDの編集や作成も可能です。今はほとんどのスマホで動画撮影が可能ですが、「たくさん動画を撮ったので、容量が一杯になってしまった」と悩む人も多くなっています。そんなときは、動画をパソコン内に移し、専用ソフトで編集をしてDVDを作成してみましょう。

一押しでおすすめなのは、DVD Memoryです。無料でダウンロードできるうえ、トリミング・クロップ・拡張・透かしを入れる(ウォーターマーク)、字幕などの機能を使うことができます。結婚式をはじめとした大切な思い出の動画を自分の手でかっこよく編集し、世界で1枚しかないDVDを作ることが可能です。もちろん、作成したDVDのコピーも簡単なので、記念品としてDVDを作成する場合も使えます。

CD・DVD書き込みソフト

CD・DVD書き込みするソフト
DVD Memory(無料体験版)

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 保存形式は自由に選択可能
  • 細部までこだわれるデザイン
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • スライドショー、音楽CD、無劣化でデータDVD作成、ISOファイルをDVDに書き込み可能

DVDドライブと再生ソフトがあればパソコンでDVDを見ることはできる

パソコンでDVDを見るには、DVDドライブと再生ソフトがあれば可能です。どちらも外付けやインストールが可能ですから、「ドライブも再生ソフトもない」というパソコンでも、数千円でDVDを再生する環境を整えることができるでしょう。また、再生ソフトと一緒に作成ソフトもダウンロードしておくと、何かと役に立つので、容量に余裕がある場合は、ぜひ両方ダウンロードしてみましょう。

鈴木

編集

0 コメント
DVD作成の基本とコツ
UniConverter

> DVD作成の基本とコツ > DVDプレーヤー > 【完全解説】パソコンでDVDを見る!