DVD MemoryレビューキャンペーンX

iDVDが標準で付属されない今、Mac用アプリ「Burn」でDVD作成!

Macのアプリケーション‐iMovieで簡単に動画を編集する事ができ、写真のスライドショーなんかも作る事ができますね。いつも大切な思い出の動画やビデオを編集し、残しておきたいですよね。今までの思い出を編集して友達にプレゼントしたい!そんな時、DVDに焼けたら便利ですよね。

しかし、iDVDが標準で付属されない今、Macで編集した動画を無料でDVDに焼くことを悩んでいますか?この記事はiDVDの代わり、Mac用DVD書き込みソフト「Burn」をご紹介します。海外ソフトですが、日本語表示もサポートされるので、英語が苦手な方も使えます。

Part 1: Burnをダウンロード・インストールする方法

Burnのダウンロードページへアクセスします。そして右下の緑のダウンロードボタンを押します。そして、ダウンロードされたファイルをダブルクリックしてインストールします。

Burnをダウンロード・インストールする

Part 2: 「Burn」でDVDの焼き方

「Burn」の使い方は非常にシンプルなのですが、PCではなくDVDプレーヤーでも見れるようにするとなるとちょっと設定を変える必要があります。さっそく使い方に入っていきますが、大きな流れはどのソフトも同じですが、この3つです。

1.起動して、素材データを取り込む 2.メニューを付ける(省略可) 3.DVDに書き出す

Burnの起動画面

もう少し詳しく見ていきましょう。DVDプレイヤーでの再生を考えて、MP4からのDVD作成を前提条件に話を進めます。「Burn」を使えば、初めの設定が肝心です。起動して素材データを取り込む前に一通り次の設定をチェックします。

Step 1 地域の設定

ここでは「PAL」と「NTSC」を選べます。デフォルトでは「PAL」になっているはずですが、ここを日本仕様の「NTSC」に変えます。

Burn-初めの設定

Step 2「MPEG2エンコードを強制する」を選択

画面どおり、その前にチェックを入れます。

Burn-MPEG2エンコードを強制する

Step 3「DVDテーマを使用」を選択

ここは複数の映像ファイルを入れるのであれば、チェックを入れた方が良いです。テーマはデフォルトとコンソールの二つのみが用意されています。

Burn DVD 焼き方

下のフォーマットは画面比率の意味で、ワイド(16:9)かノーマル(4:3)を選択し、一応プレビューできます。

Burn-DVDテーマの設定

Step 4素材を入力し、「ディスク作成」をクリック

ここまで設定できたら、いよいよ素材データを取り込んでいきます。画像通りで、「ビデオ」ボタンをクリックして、「ビデオ」タブを押し、右上にあるコンボボックスから「DVD-Video」を選んでおきます。

Burn-素材を入力

素材データは、ほとんどの動画ファイルの形式がサポートされますので(画像の読み込みはサポートされていない)、ソフト上にドラッグアンドドロップで入れていきます。すると、mpgに変換するかを聞いてくるダイアログが出るので「変換」を迷わずクリックします。あとは空ディスクをPCにセットし「ディスク作成」をクリックして作業終了。

Burn DVD焼く mac

なお、複数の動画データを使って、メニュー付きのDVDを作ったところ、チャプタータイトルや、メニュー全体のタイトルが、実際の動作する個所からずれて表示されるなんて言う、ありがたくない事象が発生したケースもある模様です。

個人で、家族内で楽しむ分にはこれでよいでしょうけど、もう少し凝って、少し多くの人の目に触れるものを作ろうとなった場合には、少々質が低い作品になってしまうかもしれません。それはフリーソフトだから、ということで片づけてしまえばそこまでですが、やはり有償のソフトを引き合いに出して比べたいところです。

Part 3: Burnの代わりにDVD Memoryでもう少し凝ったDVDを焼いてみた

DVD Memory(Mac版旧名:DVD Creator)は、まずはDVDに書き出しまでの流れについては、ほぼ「Burn」でDVDに書き出しと同じ流れをたどりますが、大きな違いとして、ほとんどの画像と動画の読み込みは可能ですし、読み込んだ動画、スライドショーを編集することができることと無料で使えるステキなメニューテンプレートがたっぷりあるという点です。その他、DVD作成以外、カンタンな動画編集やスライドショー作成機能も搭載されています。

dvd memory


それでは、DVD Memoryを利用してDVDの作成方法をご紹介します。

DVD Memory(Mac版)

Step 1 素材をインポートする

素材となる画像や、動画を「DVD Memory」上にドラッグアンドドロップして取り込みます。

素材をインポートする

Step 2 素材データを加工(オプション)

・動画の分割、他の各種エフェクト、スライドショーにテキスト説明の追加やBGM付けなどの編集作業が可能です。

dvd作成

Step 3 メニューを適用

メニュー内にテンプレートがあり、より見栄えのするものを作ることができます。更に背景を自分の画像に変換したり、テキスト・音楽をつけることができます。しかもメニューのテンプレートはさらに別途ダウンロードすることができ、より自由度の高い個性的なDVDを作ることができます。

mac dvd 焼き方

Step 4 プレビューやDVD作成

「プレビュー」タブをクリックして、自作のDVDを確認することができます。問題がなければ、「作成」タブをクリックして、出力形式とディレクトリーを選択します。「作成」をクリックすると、DVDの作成が開始します。

dvd作成ソフト mac

当然、出来上がったDVDデータをプレビューした時と実際にDVDに書き出した時の映像は、有償以上の価値があるソフトだといえます。「Burn」でDVDを焼く方法よりもっと簡単ではありませんか?


DVD MemoryでDVDディスクを作成する動画ガイドがご覧になれます。

May 15,2019 19:54 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: Burn
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
DVDメニューテンプレート fotophire myslide 動画編集ソフトfilmora

> DVD作成の基本とコツ > Burn > iDVDが標準で付属されない今、Mac用アプリケーション「Burn」でDVD作成!!