Windows 10でisoイメージファイルをDVDに書き込む方法とは

isoファイルという言葉を聞いたこがあるのではないでしょうか。isoファイルと言ってもどんなファイルのことをいうのか、詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。 isoイメージファイルは一般的にCDやDVDに格納されているデータフォーマットのことになります。拡張子.isoというファイルがisoイメージファイルです。

実際にisoイメージファイルは、1枚のCDやDVDの中身を1つにまとめたアーカイブファイルのことです。isoイメージファイルがあれば、CD・DVDなどに動画や音楽などを簡単に書き込むことができます。 データを移動して他のデバイスでも視聴できる形にできるのがisoイメージファイルとなります。

DVD Memory設定画面には、3つの選択ができるようになっていて、動画をisoイメージへ変換することができます。設定画面上でマウスの操作だけでできるようになっています。


windows10でisoファイルをDVDに書き込む手順

win10でisoファイルをDVDに書き込む方法

DVD Memoryを起動して「その他のDVDツール」を選択し、「ISOファイルをDVDに書き込む」を選択します。

そしてisoファイルを読み込んで作成をクリックするだけでDVDに書き込めます。

ISOファイルをDVDに書き込む

DVD Memoryでisoファイルの作成には2種類ある

DVD Memoryを起動するとメニュー画面が表示されて、「ワンクリックでディスクを作成」を選択すると初めて使う人でも作成できる編集画面が表示されます。 動画の編集を行ってから、isoイメージファイルを作成したい人には、「DVDディスクを作成」をクリックして動画の編集+isoイメージファイルの作成ができます。 他にもwindows版であればBDへの変換もできるようになっています。

DVD Memoryを起動する

初めて使う人でもできる動画ファイルをisoイメージファイルへ変換する方法

初めて動画を使ってisoイメージファイルへ変換する人は、メニュー画面より「ワンクリックでディスクを作成」を選択して、isoイメージファイル作成画面を表示します。 表示された作成画面には画像やビデオの追加アイコンが中央に表示されるので、マウスでクリックします。 フォルダーを検索して変換したい動画を読み込みます。

読み込みが完了したら、左上のリストにファイルが表示されて、中央には、変換用の設定画面が表示されます。 isoイメージファイルへ変換したい場合は、上部の「isoイメージとして保存」にチェックを入れます。 保存先などデフォルト表示されるので、そのままの設定で作成することもできますし、保存先を好きな場所に変更してからisoイメージファイルを作成することもできます。

ISOファイルを作成する

最後に画面下部の「作成」ボタンをクリックするとisoイメージファイルへ変換が開始されます。 後は、変換途中の画面が表示されるので、完了するまで待つだけです。 これだと初めて使う人でも間違えないで、isoイメージファイルへ変換ができます。

動画編集を行ってからisoイメージファイルへ変換する方法

動画ファイルを直接isoイメージファイルに変換するのではなく、動画を読み込んで一旦編集してからisoイメージの作成をすることもできます。 その場合は、初期表示のメニュー画面で「DVDディスクを作成」クリックして動画編集画面を表示します。 表示された動画編集画面で、動画を読み込んでから編集作業を行います。

ISOファイルを作る

出来上がった動画データは、メニュー画面を付加する機能もアリます。

ISOファイルを作る

まとめ

isoイメージファイルが何なのかを紹介してきました。 isoイメージファイルを作成するときに使うと使いやすい、DVD Memory変換ソフトを使ったisoイメージファイルへの変換方法を詳しく紹介してきました。 初めて動画編集ソフトを使う人でも、簡単に使うことができる動画編集ソフトです。


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Oct 10,2018 20:34 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
DVDメニューテンプレート fotophire myslide 動画編集ソフトfilmora

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > windows10でisoイメージファイルをDVDに書き込む方法とは