ありがとうキャンペーンX

ムービーメーカーには豊富なテンプレートがあり、結婚式の映像作成に最適です

結婚式や誕生日などのお祝い事にはあたたかいメッセージを送りたいものです。日頃の感謝の気持ちや、普段いえないことをDVD Memoryにまとめて編集しましょう。ムービーメーカーと組み合わせることで、複数の動画や写真を組み込むことが出来て、幅広い編集が可能になります。少し手の込んだ作品を作りたい人向けです。

ムービーメーカーで余興用ムービーを編集する

ムービーメーカーは余興用ムービーを編集するときに活躍します。テレビ番組などを見ていると分かると思いますが、途切れなく面白い映像を作るにはたくさんの素材を用意して、必要のないところは切り取っていく作業が必要になります。準備するものはパソコンだけでOKです。ムービーメーカーを自分のパソコンにインストールして指定された手順で設定を行えば準備完了です。後は編集したい映像を取り込み、素材を集めたらそこから必要な部分だけをつなぎ合わせていきます。字幕やプロフィールなども差し込むことが出来ます。

便利なテンプレートを使う

テンプレートは必要な情報を入力すればすぐに一つの作品になる便利な機能です。ゼロから全てを作るのは時間が掛かりますし、初心者には難しい技術になります。決められた納期がある場合はテンプレートを使うことをおすすめします。テンプレートの種類は豊富で、シチュエーションに合うものを選んで完成度を高めます。特にプロフィールなどは入力を簡単にするためにテンプレートを採用した方が良いです。見ている人にわかりやすい映像、写真に仕上げるためにも役に立つ技術なので、是非覚えておきましょう。

結婚式のオープニング映像の作り方

結婚式のオープニング映像というのは一番注目が集まる場面です。みなさん食事に手をつける前に見ている時間でもあるので、絶対に失敗は許されないです。ここで上手く注目を集めることが出来れば、間違いなく良い結婚式になります。オープニングでは二人の生い立ちや出会いなどを説明することが多く、写真や友人のメッセージなどを差し込むことで、その人のキャラクターが引き立ちます。ムービーメーカーを使って映像に効果音を付け足したり、説明文などをのせることで見ているほうはどんどん引き込まれていきます。

最後のエンドロールで感謝を伝える

最後のエンドロールでは感謝を伝えるのが良いでしょう。結婚式は新郎新婦だけでは成立しないです。両親や家族、親戚や友人などの協力で結婚式は盛り上がりを見せます。その方々に感謝の気持ちを伝えるのはエンドロールのタイミングが最適です。参列してくれた全ての人の名前をエンドロールに加えましょう。映画のように下から上に流れていく映像も良いですが、写真と共に感謝のメッセージが切り替わっていくスタイルも流行です。どちらも結婚式でよく使われる手法なので、好きなほうを選んでください。

ムービーメーカーで編集した映像をDVDに焼く

ムービーメーカーで編集した映像をDVDに焼くには、ムービーメーカーで動画を出力してオーサリングソフトでオーサリングする作業が必要になります。最後にライティングソフトを使ってDVDに書き込みます。基本的にフリーソフトを使用するので、お金を使わなくてもDVDに焼くことが出来ます。DVDは引き出物と一緒に参列者に配布するのが一般的です。DVDならばかさばらずに持ち運びすることが出来るので非常に便利です。画質にこだわるのであればパソコン側の設定で高解像度ディスプレイ用にしましょう。

DVD Memoryは無料で使えるテンプレートがたくさんあり、スライドショー作成も簡単なので、結婚式の映像作成には頻繁に使われるソフトです。スマートフォンで撮影した写真や動画も簡単に取り込むことができて、操作性も抜群なので初心者にも最適です。DVD MemoryはDVD書き込みにも対応していて、難しい設定なのは必要ありません。


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Apr 02,2019 11:57 am / 編集者: naruhodo カテゴリー: Windows ムービー メーカー
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ

> DVD作成の基本とコツ > Windows ムービー メーカー > ムービーメーカーには豊富なテンプレートがあり、結婚式の映像作成に最適です