DVD Memory

  • 高画質のDVDを作成
  • スライドショー編集機能付き
  • 保存形式は自由に選択可能
  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載

Nov 27,2020 15:15 pm / カテゴリー: DVD焼く方法 /

MOVファイルをDVDに焼く【Windows10】

Windows 10でMOVファイルをDVDに焼きたいときには色々なソフトを使えますが、DVD Memoryはメリットの多い候補の一つです。数あるソフトの中でも使い勝手が良くてわかりやすく、汎用性があるのがDVD Memoryの特徴として知られています。この記事ではDVD Memoryを使って実際にMOVファイルをDVDに焼く方法を紹介しながら、DVD Memoryを使用する魅力を解説します。

CD・DVD書き込みソフト

CD・DVD書き込みするソフト
DVD Memory(無料体験版)

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 保存形式は自由に選択可能
  • 細部までこだわれるデザイン
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • スライドショー、音楽CD、無劣化でデータDVD作成、ISOファイルをDVDに書き込み可能

多様な形式に対応しているからMOVファイルも問題なし

Windows10対応のDVDライティングソフトの中でもDVD Memoryは多様な形式に対応しているのが特徴です。MP4やMKV、WMVやAVIなどの主要なファイル形式に対応していて、HD動画もかなりの範囲をカバーしています。MOVファイルも対応形式になっているので、問題なく読み込んでDVDに焼くことが可能です。出力形式についてもDVDディスクへの書き込みは全般的に可能で、DVD-9、DVD-5、DVD-R/RW、DVD+R/RWなどほとんどのDVDに対してライティングができます。

DVD Memoryを使って実際にDVDに焼くためのファイルの読み込みまでの手順を確認しておきましょう。DVD Memoryを起動するとメニューが表示されます。この中で「DVDディスクを作成」または「ワンクリックでDVDの作成」からDVDディスクに書き込めます。ここではDVD Memoryの機能を生かせる「DVDディスクを作成」を使った手順の例を見てみましょう。「DVDディスクを作成」をクリックすると左上に「ソース」と書かれたウィンドウが表示されます。この中央に「画像やビデオを追加」と表示されているので、ドラッグアンドドロップでMOVファイルを追加しましょう。あるいは「+」をクリックしてMOVファイルを読み込んでも構いません。

編集してから焼けるのが取り柄

DVD Memoryが優れているのはただMOVファイルをDVDに直接焼くだけでなく、編集してから焼ける点です。ファイルを読み込むと左側にサムネイルが表示されていますが、そのファイルの右下に編集ボタンがあります。ボタンを押すと動画編集画面に切り替わり、DVDに焼くファイルを一つずつ自由に編集してから焼くことができるのです。

DVD Memoryが対応している編集機能はクロップ、トリム、エフェクト、透かし、字幕です。編集画面では下部にタブで表示されているので、実行したい編集のタブをクリックして内容を指定します。クロップやトリムなどは上部に表示されている動画の画面を見ながらマウス操作で編集することが可能です。エフェクトや透かし、字幕についてはは上部でオリジナルと編集後の画面を左右で比較できるので、仕上がりを実際に見ながら微妙な調整を行えます。このようにユーザーフレンドリーなインターフェースになっているので、誰でも気軽に動画を編集することができるでしょう。

テンプレートを選んで簡単に作れる

DVD Memoryではオリジナルのメニューテンプレートが入っているので簡単にDVDメニューを作成できるのも魅力です。上部の「メニュー」タブをクリックするとDVDメニューの編集画面に移ります。ここで右側にリスト表示されるテンプレートから好きなものを選ぶだけでメニューの作成は完了です。また、上部にあるツールバーから背景、音楽、テキスト、サムネール、チャプターについても自由に編集できます。オリジナルのものを読み込んで背景や音楽にすることも可能です。

ここまで編集できたら上部のタブで「プレビュー」を選んで内容を確認し、問題なければ「作成」に進みます。「DVD作成」を選択して、ディスクラベルやTV企画、再生速度や保存先などを入力すれば設定は完了です。最後に下部の「作成」を押せばDVDを焼くことができます。

簡単で便利なDVD MemoryでMOVファイルをDVDに焼こう

DVD MemoryはMOVファイルやその他の多様な動画形式に対応していて、簡単に操作できる便利なDVDライティングソフトです。DVDにただ焼くだけでなく編集する機能も充実しているため、納得できるDVDを作成することができるでしょう。操作も編集後の画面を見ながら行えるので簡単です。テンプレートも付属していて気軽に作れるのも魅力なので、動画ファイルをDVDに焼くならDVD Memoryを使ってみましょう。

鈴木

編集

0 コメント
DVD作成の基本とコツ
UniConverter

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > MOVファイルをDVDに焼く