iMovie(Mac版)で音楽・動画の音声を編集する方法

動画を編集するソフトのiMovieを使うと、音楽の編集も簡単にできるようになります。iMovieはApple社によって無料で提供されています。iMovieを使うと、音声の追加や音量調整はもちろん、フェードアウトなどで凝った音響効果をもたらすことも可能になります。初心者でも簡単に、直感的に操作ができる便利なソフトです。

iMovie(Mac版)で音楽・動画の音声を編集する方法

動画音声をiMovieで編集

iMovieはApple社が提供している無料ソフトで、映像の編集はもちろん、音声の編集も簡単におこなえるため、非常に便利です。初心者でも簡単に、動画の音声を操作することができます。iMovieで音楽を編集する方法を、以下にご説明します。

  1. 動画に挿入する音楽を、まずマイメディアに追加しましょう。追加するには、「マイメディア」の「マイムービー」の「メディアを読み込む」を選択します。
  2. iMovie(Mac版)で音楽・動画の音声を編集する方法

  3. 使用する音楽を「マイメディア」からドラッグしてきてタイムラインに追加します。

iMovie(Mac版)で音楽・動画の音声を編集する方法

1. 音楽を使いたい箇所だけにカットする

タイムラインにはBGMの緑色のバーが表示されますが、その音楽全部を使うのではなく一部だけを取り込みたい場合は、使いたい箇所だけを切り取りできます。切り取り作業は、音楽を分割することから始まります。その方法は次の通りです。

  1. 音楽をカットしたい箇所にカーソルを合わせ、右クリックします。
  2. 右クリックで表示されたメニューから、「クリップを分割」を選択します。
  3. iMovie(Mac版)で音楽・動画の音声を編集する方法

  4. 分割した後、不要なほうを削除しましょう。
  5. iMovie(Mac版)で音楽・動画の音声を編集する方法

この作業を続けることで、必要な部分だけを抜き出すことができます。

2. BGMの音量を調節する

iMovieではBGMの音量調節も簡単におこなえます。

  1. 画面上部に並ぶアイコンの中から、真ん中にあるスピーカーのマークを選択します。
  2. アイコンの列のすぐ下に、スライダーが表示されます。それを左に移動させると音が小さくなり、右に動かすと音量が上がります。最初は音量100%となっています。

BGM以外の、動画そのものの本来の音声を調整することも可能です。その場合は、音量を調整したい動画を選択し、ひとつずつ音量を調整して好みの大きさに変更していくことになります。

iMovie(Mac版)で音楽・動画の音声を編集する方法

3. 音楽をフェードアウトさせる

iMovieには、BGMをフェードアウトさせる機能も備わっています。フェードアウト機能を使わずにいると、音楽が途切れるときの動作音のような音が聞こえることになるので、必ずフェードアウト機能を使うのがおすすめです。その方法は以下のようになります。

  1. マウスを音楽ファイルにあわせると、左右に小さな丸いマークが現れます。その丸いマークを左クリックしたまま、左右に動かします。
  2. 2.ストップした場所以降の部分の音楽は、フェードアウトされます。BGMを聞いて確認し、最適な場所に調整します。

iMovie(Mac版)で音楽・動画の音声を編集する方法

4. 用意された効果音を使ってみる

iMovieには、子供の歓声や車の音などのさまざまな種類の効果音、即ちサウンドエフェクトが用意されています。それらを使う方法を説明しましょう。

  1. 「ライブラリ」の下に並ぶメニューから、「サウンドエフェクト」を選択します。
  2. 表示されたサウンドエフェクトの中から希望のものを選択し、画面下の緑色のバーのタイムラインに挿入します。
  3. iMovie(Mac版)で音楽・動画の音声を編集する方法

  4. 効果音がタイムリーに流れるようになっているか確認し、位置を調整して終了です。 サウンドエフェクトを利用すると、自分で音を用意する必要がないので、たいへん便利です。

iMovie(Mac版)で音楽・動画の音声を編集する方法まとめ

iMovieはApple社が提供している動画編集のためのフリーソフトで、映像の編集のみならず、音声の編集も簡単にできる仕様となっています。初心者でも容易に動画の音声を操作でき、BGMや効果音の挿入はもとより、フェードアウトや音量の調整なども自由自在におこなえます。使い方を覚えれば、魅力あるオリジナル動画に仕上げることができます。

動画編集ソフトfilmora

著作権フリーのBGM、効果音を豊富に搭載!
動画編集ソフトFilmora

  • 多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジションで動画をかっこよく
  • 3000以上オシャレな無料エフェクトで個性的な動画作成
  • 動画逆再生や色調補正、手振れ補正、クロマキーなどの高度編集機能
  • トリミング、クロップ、BGM追加など多様な動画編集機能
  • PCへの保存、効率的にYouTubeへの共有やDVDへの出力
imovieの書き出した動画をDVD焼く・DVD書き込みソフト

iMovieの書き出した動画をDVD焼く・DVD書き込みソフトDVD Memory

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 直感的な画面、DVD作成作業をより効率的に
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能付き
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • 保存形式は自由に選択可能。音楽CD、DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルへの書き込みに対応

DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

May 13,2019 15:59 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: iMovie
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
DVDメニューテンプレート fotophire myslide 動画編集ソフトfilmora

> DVD作成の基本とコツ > iMovie > iMovie(Mac版)で音楽・動画の音声を編集する方法