DVD Memory

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 必要な写真を追加、削除、回転、配置、順序変更
  • お気に入りの写真と動画を1枚のDVDに書き込み
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載

Apr 25,2021 16:44 pm / カテゴリー: DVD焼く方法 /

スマホやカメラで撮影したビデオをDVDに変換する方法

これまで重たいビデオカメラを担いで撮影していた動画ですが、現在は急激にそのスタイルが変わり、スマホやタブレットを使って簡単に撮影・記録できるようになりました。ですが、大きな画面で鑑賞するにはビデオをDVDに焼く必要があります。今回はビデオカメラなどのデバイスからDVDディスクを作成する方法をご紹介します。

「何でもDVDに焼けばいい?」

これまでに撮影した動画を「DVDに焼こう」とした時、単純に移すだけでは再生できません。家庭用の再生機器で映像を見る場合は「DVD-VIDEO」という形式でなければなりません。

『Wondershare DVD Memory(DVD メモリー)』なら撮影した動画をすぐにビデオをDVDにする事が可能です。無料版からお試しいただけるPC用ソフトなので、操作パネルや機能数など気になる方は、お試しインストールをしてみて下さい。

さて、無料にダウンロードして、試用してみましょう!

Windows DVDメーカーの代わり:DVD Memory

DVD Memoryの特徴

  • 初めての方でも使いやすい洗練された操作画面
  • デザインテンプレートで「お店クオリティー」
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 他のアプリやソフトを使わずOK!ソフト内で動画編集
  • スライドショー作成、音楽CD、無劣化でデータディスク作成
  • DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルの書き込みに対応

ビデオカメラで撮影したビデオをDVDに焼く方法

パソコンで簡単に、スマホやカメラで撮影してきた動画をDVDに書き込む方法をご紹介します。※Windows版でご説明します

ビデオ追加


Step 1 ビデオカメラからビデオを転送

ビデオカメラの動画を転送する方法は、型やモデルによって違います。ビデオカメラのマニュアルを参照するか、下記の手順に従って、PCにビデオを転送します。

Hard Driveビデオカメラ:ンピュータのハードドライブにAVCHDの動画を転送するにはUSBケーブルが必要です。また、高性能なハードドライブ場合FireWireまたはHDMIケーブルも利用できる場合があります。

フラッシュドライブカメラ:カードリーダーで 外部SDカードやメモリースティックカードに転送します。そしてUSBケーブルでフラッシュメモリビデオカメラに転送します。

DVDビデオカメラ:DVD変換で一部のAVCHDビデオカメラは家庭用DVDプレーヤーで再生、記録することができます。

DVD Memory(DVDメモリー)にビデオカメラのファイルを直接インポートできます。メニューバーのトップにある「ファイル」をクリックし「モバイルデバイスからファイルを追加」をクリックします。

Step 2 DVDへ入れたいビデオを追加し編集する

ビデオを追加するには「+」をクリックします。あるいは、直接真ん中の枠に、ビデオカメラをドラッグ&ドロップによって、ファイルを導入することもできます。

動画をインポートする

DVDに焼きたい動画を選択したら動画編集もしてみましょう。カメラやスマホで動画を撮影する時、どうしても不要なシーンが出てきます。長いなと感じる部分や、動画のサイズを調整したい時に編集できるとかなり助かりますよね。不要なシーンのカットはもちろん、エフェクトを加えたり、回転させたり基本的な動画編集がDVD Memory(DVDメモリー)で簡単にできます。

動画編集

Step 3 DVDメニューを選択します

DVD Memory(DVDメモリー)には100組以上のDVDメニューテンプレートが用意されています。「メニュー」を選択し、好きなようにDVDメニューのサムネイル、背景画像、ボタンなどを編集することができます。デザインを選択していくだけで、オリジナリティの溢れるDVDビデオを作成することが出来ます。様々なシーンにあった静止画・動画テンプレート以外に、フレーム、ボタンの仕様、までも自由自在に活用できます。

DVD Memory(DVDメモリー)内に入っているデザインテンプレートを使えばお家で簡単に、お店のようなDVDに仕上げることができます。お気に入りの曲をBGMにすれば、お子様の成長記録や、行事などの思い出をさらに鮮やかに残すことができます。

「メニュー」を選択

Step 4 動画をプレビューで確認しDVDへ書き込む

DVDへ焼きたい動画の編集や調整が終わったら「プレビュー」で最終確認をしましょう。DVDへ書き出す前に、確認ができるので量産が必要な時などにもぴったりです。確認が終わったら「作成」ボタンをクリック。作成したDVDは1層・2層どちらのDVDでもテレビ、ハイビジョンテレビ、Mac(マック)、Windowsパソコンなど、プレイヤー問わず再生可能です。書き出し時間は動画のサイズによって違いますが、高速で、高品質な動画をDVDに焼くことができます。家族や友人と一緒にテレビで動画を楽しみましょう。

「作成」ボタンをクリック

POINT

ディスク容量は下部のスペースバーに示されている、「DVD-R4.5G」から「DVD-R9.0G」までのサイズが選択できます。出力品質も「標準ビデオ品質」または「高画質」「ディスクに合わせる」から選択可能です。 DVD Memory(DVDメモリー)があればDVDへの書き込みだけでなく動画編集も簡単にできます。ビデオカメラはソニーMHSPM1やソニーブロギータッチポケットビデオカメラのようなMP4ビデオカメラであれば、MacやWindowsなどのPCでMP4形式の動画を多く保存しているはずです。撮影してきた動画だけでなく、保存したMP4の動画をDVDへ焼く場合は「MP4をDVDに」をご参照下さい。



ビデオカメラのビデオをDVDに変換する動画ガイドがご覧になれます。


鈴木

編集

0 コメント
DVD作成の基本とコツ
UniConverter

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > ビデオカメラからDVDを作成する方法