卒業記念DVDテンプレートX

iMovie(Mac版)で簡単に行う文字入れ設定の方法

動画の編集についての知識がなくても、簡単に行うことが出来るのがiMovieです。ただし、簡単に行う事が出来るとは言え、初めて利用するという人の中には編集や設定の方法が分からないという人もいるでしょう。特に文字入れについては、壁にぶつかる人も多いようです。文字の大きさや場所を自由にレイアウトする方法を紹介します。

iMovieで自由に文字を入れる方法

Step 1画像を別途作成しよう

iMovieで文字入れをするという場合の方法はいくつかあります。iMovieのみで文字入れをするという方法もありますが、より簡単な方法は挿入したい文字をテキストファイルとして別途作ってしまうということです。

Macの標準機能でテキストファイルを作るポイント

  • ネットで白の画像を探してダウンロードします。
  • 白の画像を開き、「マークアップツールバー」の文字機能を利用してテキストをつけることができます。

この時のポイントはテキストファイルの縦横サイズを動画のサイズと同じにするということです。面倒であれば揃える必要はありませんが、事前に揃えておいたほうが挿入した時の位置を簡単にイメージすることが出来ます。大きさや色などもイメージ通りに設定しておきましょう。

Step 2背景を透過しておこう

テキストファイルを作る時に、背景が白い状態だと動画に挿入した時にその部分の動画を見ることが出来なくなってしまいます。そのため、画像の背景は必ず透過しておくようにしましょう。テキスト部分以外のところを透過することが出来るものであれば、アプリやソフトの種類はどのようなものでも構いません。普段使用しているものなど、使いやすいものを選んで使用しましょう。 Macに標準機能は画像編集機能も持ち合わせていますので、別途ソフトやアプリを購入しなくても透過型の画像を作ることが出来ます。

iMovieで簡単に行う文字入れ設定の方法

Step 3Macのプレビューで背景を透過する方法

背景を透過させるためには、テキスト以外の部分を選択し、その部分を除去するということになります。まずは作ったテキスト画像をダブルクリックします。そして、「マークアップツールバー」を利用して、画像の背景を透過させます。マークアップツールバーは表示されない場合は、「表示」>「マークアップツールバーを表示」をクリックします。

iMovieで簡単に行う文字入れ設定の方法

テキストを作ったら、透過したい部分をクリックしたままドラッグし、範囲を選択します。選択したら、「Returnキー」を押します。すると、「切り取り」という表示が表れますので、そこを押すことによって、背景を透過させることが出来ます。思い通りにできない・間違えてしまったとしても一つ前の操作に戻す事が出来るので安心です。

iMovieで簡単に行う文字入れ設定の方法

透過型画像を作る時には、PNGという形式で作成する必要があります。

iMovieで簡単に行う文字入れ設定の方法

そして、背景を透過させました。

iMovieで簡単に行う文字入れ設定の方法

Step 4テキスト画像を挿入しよう

背景を透過したテキスト画像が出来上がったら、いよいよ動画に挿入していきましょう。テキスト画像を動画内に挿入する方法はiMovieでデータを読み込み、タイプライン上の文字入れをしたい部分の動画クリップのところにドラッグアンドドロップするだけです。

ただしこれだけでは画像がズームしてしまったり、動いてしまうため、調整をするようにしましょう。トリミングのアイコンの中にある「スタイル」をフィットに変更することによって、画像のズームや動きを制御することが出来ます。

iMovieで簡単に行う文字入れ設定の方法

Step 5文字が出ている時間を設定しよう

動画内に文字が常に出ている状態にするのか、動画のタイミングによって異なる文字を出したいのか、動画だけを出したいのかによって、文字が出るタイミングや消すタイミングを設定する必要があります。

iMovieのアイコンの中の最も左にあるアイコンを選択し、「カットアウェイ」のフェードを何秒にするのかを必要に応じて設定するようにします。 縦書きのテキストやテロップの位置などを自由に変えることにより、他の人とは違った印象的な動画を作成することが出来ます。まずは、色々挑戦して見ると良いでしょう。

iMovieで簡単に行う文字入れ設定の方法

いかがでしたでしょうか。iMovieを使って動画編集をしたいけれど、難しいのではないかと躊躇している人であっても実際に行ってみると思っていた以上に簡単に編集をすることが出来るはずです。最初は時間がかかってしまうかもしれませんが、何度も行うことで操作になれてくれば編集時間を短縮することが出来るはずです。

iMovieで作った動画をDVDに

iMovieで作った動画をDVDに書き込める
ソフトDVD Memory(無料体験版)

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能付き、スライドショー動画作成可能
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • 保存形式は自由に選択可能。DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルへの書き込みに対応
Dec 26,2018 17:50 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: iMovie
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
卒業記念DVDメニューテンプレート fotophire myslide

> DVD作成の基本とコツ > iMovie > iMovieで簡単に行う文字入れ設定の方法