ムービーメーカー DVD:作成した動画をDVDに焼く方法

Windows ムービーメーカーで撮り溜めたデータをDVDプレーヤーで見るためには、実際にWindowsのムービーメーカーはパソコンで利用するためには非常に便利なものです。しかし、実際に家庭のDVDで見る場合にWindows のムービーメーカーが相応しいものかと言えば決してそうではありません。

ここは、家庭のDVDで見られるために変更が必要なのです。Windowsムービーメーカーでは解像度と言ったものの出力形式を自由に変更できないのです。『DVD Memory(Windows版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!) 』があれば、私達の画像、動画の不快感など一切解消出来てしまうのです。意識は全部DVD化という感じです。非常に判りやすい世界がここに誕生しました。


Windows10用DVD焼く・DVD書き込みソフト

Wondershare DVD Memory

  • DVD Memoryも非常に使い勝手のいいアイテムです。DVD Memoryはあらゆる形式の動画・写真に対応しています。一気にDVDを作成出来るソフトなのです。
  • デジカメ、ホームビデオで撮影した動画だって全然問題なくDVD Memoryを使ってDVD化出来ます。注目機能は更に、YouTubeなどWeb動画にも対応可能。
  • いろいろなDVDメニューテンプレートを搭載しています。分割・チャプター化して見たいものをすぐに見ることの出来るDVD化が可能なのです。

 

Windowsムービーメーカーで作成した動画をDVDに焼く方法


Step 1 動画ファイルを追加する

「+」ボタンをクリックすると、ファイルを選択する画面が表示されます。 DVDに入れたいWindowsムービーメーカーで作成した動画ファイルを選んで「開く」をクリックすると、追加したものがリストに表示されます。

リストに表示した動画を右クリックして、「下へ」「上へ」をクリックして、動画の順位を変更できます。 「削除」ボタンで動画を削除できます。「編集」ボタンをクリックして、簡単にクロップやトリムしたり、透かしや字幕を追加できます。

動画追加

Step 2 DVDメニュー画面の編集、BGM追加

このソフトは多彩なDVDメニューが搭載しています。テーマごとに5種類のテンプレート(家族生活、フェスティバルやイベント、思い出、自然、共通テンプレート)を用意しています。必要に応じて、選んでください!BGMも追加できます。

DVDメニュー

Step 3 DVD作成

最後は、空のディスクをPCのドライブに挿入して、「作成」ボタンをクリックし、Windowsムービーメーカーで作成した動画をDVDに焼けます。

DVD作成

ちなみに、DVDメディアを購入する際には、お使いのVAIOや、DVDプレーヤーがどのDVDメディアに対応しているのかをチェックしておく必要があります。DVD-R、DVD+Rは、1回だけ書き込みすることができます。書き換えることはできません。DVD-RW、DVD+RWは、一度書き込んだデータを削除して繰り返し書き込むことが可能です。

みなさんも今、DVDカメラ、デジカメなどによって旅行などで写真、動画を撮り溜めしているのではないでしょうか。 DVD化することによって他の人たちにも見てもらう機会を得るということはすばらしいでしょう!下記ボタンからDVD作成ソフトをダウンロードして、試用してください。

Jul 30,2018 10:38 am / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > Windowsムービーメーカーで作成した動画をDVDに作成