AVCHD DVD作成ソフトと方法!高画質HDビデオの入力に対応!

Part1:AVCHDをDVDに焼くソフト

AVCHDとは?

2006年5月にパナソニックとソニーの2社によって提唱された物で国際規格でも何でもありません。僅かの期間で業界の実質規格と認知されるようになり、それに対応するものにはロゴマークをつけることになっています。AVCHD(Advanced Video Codec High Definition, エーブイシーエイチディー)とはハイビジョン映像をビデオカメラで記録するための規格の一つです。

AVCHD動画をDVDに作成できますか?高画質HDビデオ(AVCHD等)の入力に対応するDVD作成ソフト『DVD Memory』が絶好調発売中です。

では下記は『DVD Memory(Win版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)』を使用して、AVCHD動画をDVDに焼く方法について説明します。まず、『DVD Memory』をダウンロードしてインストールして、体験してみましょう。

※Windows OSの場合は、Windows版を、Mac OSの場合は、Mac版をダウンロードしてください。

注:DVD Memoryは最新システムWindows 10に対応できます。


Part2:AVCHD動画をDVDに書き込む方法

ステップ 1 AVCHD動画ファイルを追加

ソフトを起動して、画面の真ん中の「+」をクリックし、AVCHD動画を選択します。直接ファイルを真ん中の枠にドラッグ&ドロップすることもできます。複数のビデオファイルを一緒に追加することもできます。

「+」をクリック

ステップ 2 DVDメニューテンプレート、背景画像と音楽を追加する

AVCHDファイルに対して、色々と編集することができます。編集したいビデオをクリックして、「編集」をクリックします。ビデオをクロップ、トリム、エフェクトの設定、ウォーターマーク(透し)の追加などを自由に設定することができます。字幕など基礎設定以外に、必要に応じて、文字の追加、音量、明るさ、効果、ビデオをトリムなど詳しい設定もできます。

「編集」をクリック

「メニュー」をクリックし、DVDメニューをカスタマイズします。様々なスタイルのテンプレートを応用したり、テキストを追加したり、背景、BGM、サムネールをカスタマイズできます。

ブラウズ アウトスライドをクリック

ステップ 3 AVCHD動画をDVDに書き込む

AVCHD動画をDVD作成するか、ISOイメージとして保存するか、DVDフォルダとして保存か三つの選択肢があります。「作成」をクリックすると、AVCHD動画をDVDに焼く作業が開始します。

「作成」をクリック

これでAVCHD動画のDVD作成が無事に完了できました。AVCHD動画がDVDになればどこでも再生ができて、便利ですよね。みんなも体験して、DVDプレーヤーやテレビの大画面で観賞してみましょう。

Aug 03,2018 18:29 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > AVCHD DVD作成ソフトと方法!高画質HDビデオの入力に対応!