難しい操作や設定抜きで簡単にMKVをDVDに変換するソフトと方法

どうして拡張子mkvをDVDに焼きますか?

MKVの映像ファイルは現在多いですが、DVDと比べて、MKVはなかなかやっかいで特定プレーヤーがないと、見るには困ることがあります。あと、PCでは見る時間がなかなかないなら、MKVをDVDに変換し、DVDプレイヤーで再生した方がいいです。

MKVをDVDに変換して焼くまでには、通常のソフトならかなり時間と労力が必要ですが、『DVD Memory(Win版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)』を利用すると、難しい操作や設定抜きで、簡単にMKVのDVD作成が可能になります。 下記はこのソフトを使用して、MKVをDVDに焼く方法について説明します。

まず、ワンダーシェアの『DVD Memory(Windows版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)』をダウンロードしてインストールします。

ポイント:DVD Memoryは最新のWindows 10に対応済み!


※Windows OSの場合は、Windows版を、Mac OSの場合は、Mac用をダウンロードしてください。

Step1 MKVファイル(拡張子 mkv.)の追加

「+」をクリックして、DVD作成に使用予定のMKVファイルを『DVD Memory』にインポートします。

「+」をクリック

Step 2 DVDメニューテンプレート、背景画像と音楽の追加

MKVファイルに対して、色々と編集することができます。MKVファイルからDVDへ焼く前編集操作もらくらく!

「メニュー」ボタンをクリック

Step 3 MKVをDVDに書き込み

MKV をDVD作成するか、ISOイメージとして保存するか、DVDフォルダとして保存か三つの選択肢があります。下の「作成」をクリックすると、MKVをDVDに焼く作業が開始します。

「作成」をクリック

これでMKV のDVD変換が無事に完了できました。MKV がDVDになればどこでも再生ができて、便利ですよね。

Jul 30,2018 10:13 am / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > 簡単にMKVをDVDに焼くソフトと方法