dvdmeoryプレゼントキャンペーンX

撮りためたビデオをDVDに保存しよう

最近はスマートフォンやタブレット端末でも手軽にビデオを撮影することが出来るようになりました。思い出に残したいビデオが数多くなると同時に、モバイル機器のストレージは容量が限られていますし、フラッシュメモリはデータの長期保存に不向きです。

家族旅行や子供の成長など動画で撮ってもまとめることができないという方は多くいますが、DVDに移すことで簡単に見られるようになります。将来、見返した時にどこに行ったのかとか、どのような場面なのかよく分かる仕上がりにすることも可能ですし、デジタルカメラに保存しておくだけでは見にくいのでDVDに保存することによって綺麗な画面で見ることができます。

Wondershare DVD Memoryの紹介

DVD Memory(Windows版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)は動画データを編集して光学メディアに記録したり、ISOファイルを作成するためのソフトウェアです。このソフトの最大の特徴は、対応するフォーマットの種類が非常に多いことです。

フリーソフトやパソコンにプリインストールされているCD・DVD書き込みソフトでもMP4やWMVなどの一般的な形式のビデオを編集したり光学メディアに記録する機能が利用できます。それでもこれらのソフトは、対応するファイル形式が限られています。DVD MemoryはMP4などの他にFLVや3GP・MKV・DVR-MSなどのように他の多くの動画編集ソフトが対応していない形式でも扱えるというメリットがあります。

また、オリジナルディスクを作成したい場合は、メニューをつけたり、チャプターを作成することも必要になります。DVD Memoryには、無料で利用できる高品質なメニューテンプレートが100点以上用意されて、シーン合わせてお気に入りのメニューを選ぶことができます。

DVDメニューテンプレートを選ぶ

それでは早速、パソコンに保存されたビデオを光学メディアに記録する方法をご紹介します。

DVDに焼く手順について

DVDにビデオを保存する時は三つのステップを踏む必要があります。 初心者の方は不安に思われる方も多くいますが、誰でもできるような簡単な作業がほとんどなので心配いりません。

Step 1記録するメディアの種類とファイル選択する

最初にソフトを起動すると、操作メニューが表示されます。標準的な方法であれば、一番左の「DVDディスクを作成」を選択しましょう。このボタンをクリックして進むと、記録したいデータを読み込むためのウインドウに切り替わります。

ソフトを起動

Step 2ビデオカメラから動画・写真素材をDVD作成ソフトに読み込みます。

記録したい動画ファイルをウインドウ内の点線の枠の中にドロップするか、中心の+マークをクリックしてから個別にファイルを選択してソースデータを開きましょう。ビデオや画像の読み込みに成功したら、プレビュー画面に映像が表示されます。画面の下側を見れば、光学メディア上のサイズと残り容量の確認ができます。

ファイルの追加

複数の動画を1枚の光学メディアに記録したい場合には、再生する順番を指定することが出来ます。デフォルトではファイルを開いた順番になっていますが、入れ替えることが可能です。プレビューの画面左上にファイルごとにビデオのサムネイルが表示されるので、左下の上下方向の矢印のマークのボタンをクリックして順番を入れ変えます。

画面左側に表示されているサムネイルの順番で、ビデオや静止画がメディアに記録されます。サムネイルを選択してプレビュー画面下の再生ボタンをクリックすると再生することができるので、内容を確認しながら順番を変えることができます。

ファイル順番の入れ替わり

Step 3必要に応じて編集作業を行う

全ての写真やビデオを編集していくことで面白みのあるものに仕上げることができます。回転や動画のカット、特殊効果などを加えていきます。いらないと思った動画や写真をカットできるので、見ていて面白いDVDを作成することが可能になります。

ファイル編集

画面左側に表示されるサムネイルにマウスカーソルに移動すると、小さな編集ボタンが表示されます。編集ボタンをクリックすると編集画面が表示され、自動的に再生が開始します。この画面ではクロップ・トリム・エフェクト・透かし・字幕の追加などの編集作業ができます。オリジナル(左側)と出力プレビュー(右側)の画面を見比べながら編集作業を進めます。

DVDに焼きたいファイルを編集

チャプターやメニューを作成することで数多い動画から見たいのをすぐに見つかることができるようになります。

メニューを選択

Step 4DVDメディアに記録する

「プレビュー」で再生してビデオの内容を確認したら、データをDVDに記録します。ウインドウ上部の「作成」ボタンをクリックすれば、ディスクラベル・使用するドライブ・規格を選択する画面が表示されます。

ラベルや書き込み条件を選択したら、ドライブに書き込み可能なメディアを挿入してから下側に表示される「作成」ボタンをクリックしましょう。書き込み作業中はパソコンの操作をしないようにして、作業が終了するのを待ちます。メディアへの書き込み作業が完了したらディスクを取り出して、ソフトを終了させましょう。

ビデオを焼く時はたくさんのアレンジを加えることで、世界にひとつだけのDVDを作成することができます。友達にプレゼントする場合は、数を数えてその分だけ同じ方法で焼くことができます。保存しておけば何枚でも焼けるのでとても便利です。

DVD焼く

DVD Memoryは単にビデオをDVDに保存するだけでなく、画面の切り取りやトリミング・文字や画像の挿入などの編集機能も利用できるという特徴があります。ビデオを再生して編集作業後の画像を確認しながら作業を進めることができます。操作方法が非常に簡単なので、書いてある手順通りに進めていけば、綺麗に焼けます。アレンジを加える時も、機械でできるので簡単に操作することができます。行ってみると意外に簡単な作業ばかりなので、DVDの作成をしたことがない初心者の方でも簡単に操作ができます。


※編集する際、ただ撮った動画をストリーミングで流すだけでは面白くありませんので、自分の好みに編集を行いましょう。。様々な機能が備わっていますので、できる限り付いている機能を使用することができます。個性あるストリーミングにするためにそのような機能を最大限に用います。
Aug 10,2018 15:45 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd memoryプレゼントキャンペーン dvdメニュー

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > 撮りためたビデオをDVDに保存しよう