DVDメニューテンプレートX

もう悩まない!Macで効果的にDVD焼く方法を紹介!

WindowsからMacのパソコンを買い換え、動画編集にチャレンジしています。編集後の動画を文化祭で流すことになりますので、DVDに焼くためのソフトを探しています。apple storeで検索してもたくさんあってそして説明が少なく、何がいいかわかりません。

そんな方に!紹介するのはMacでDVDに焼くソフト「DVD Memory(Mac版旧名:DVD Creator)」です。楽しさと便利な機能がいっぱいで、このソフトを活用することで、魅力的なDVD作品になることができてしまうので、ぜひ活用して欲しいと思っています。これからMacでDVD焼こうとしている方に参考になれば幸いです。


Part 1. MacでDVD焼くのに不可欠なもの

まずはDVD作成する用の写真や、ビデオをまとめてみましょう。
iMovieで作った動画や、MP4、WMVなどの一般的な動画ファイルは対応します。

そして、空きの書き込み用DVDディスクも不可欠です。自分で編集した写真や、ビデオをを後で上書きしたい場合は、DVD-RWがおススメです。書き込み中失敗しても安心にやり直せます。

最後はDVD作成するソフトです。今回使用するのはwondershareのDVDに焼くソフトDVD Memory(Mac版)です。無料体験版もありますので、まずは無料版から実物を試してみて損になりません。

 

Part 2. MacでDVD焼く方法

Step 1ファイルの追加

ソフト起動後、「新しいプロジェクトを作成」、「1クリックDVD作成」と「既存のプロジェクトを開く」の三つの選択があります。「1クリックDVD作成」はメニューなしでファイルをインポートするだけでDVDを焼きます。

ここは「新しいプロジェクトを作成」を選択します。また、作成中のプロジェクトがある場合は、「既存のプロジェクトを開く」をクリックしてください。 すると、画面が立ち上がり、用意していた動画、写真のファイルを直接ドラッグして、もしくは「+」ボタンを押して追加できます。

DVDに焼きたいファイルを追加

Step 2画像・動画を編集

追加した画像・動画を編集する場合は、編集したいビデオを選択して、「編集」をクリックすると、編集画面が立ち上がります。
画像編集の場合、トランジションの変更、テキストの追加、BGMの設定等の編集を行うことができます。動画編集の場合、クロップ、回転、トリミング、透かしの挿入、エフェクトの設定等の編集を行うことができます。
必要に応じて、トランジションやフィルタ効果の動作設定を細かく調節できます。

DVDに焼きたいファイルを編集

編集が完了したら、DVDを再生した時に出る「DVDメニュー」のデザインを設定し始めます。メニュー背景や、テキストの動画や、サムネール、BGMの変更ができます。静止画のDVDメニューテンプレートが無料で提供されます。

DVD Memory(Mac版)の仕様で、動画ごとに自動的に一つのタイトルになりますので、テキストを入れたりすることができますので、それぞれの内容が一目瞭然になります。再生したい動画をすぐ見つかります。

DVDに焼きたいファイルにメニューをつける

Step 3プレビューとDVD書き出し

全ての編集作業が終了したら、プレビューボタンをクリックしたら、DVDを作成する前に、あらかじめ完成状態をプレビューして確認することができます。
問題なければ、作成ボタンをクリックすると、DVD作成画面に入ります。必要に応じて保存形式を選びましょう。

DVDに焼く

DVDは永久に再生できるわけではありませんので、バックアップとしてDVDをMacに保存する場合、「ISOとして保存」を選択します。

以上は、Macで効果的にDVD焼く方法となります。意外と簡単ではありませんか?これで問題なく文化祭で再生されるでしょう。こらからどんどん活用していってくださいね。

Aug 02,2018 13:39 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > もう悩まない!Macで効果的にDVD焼く方法を紹介!