iTunes動画をdvdに焼く方法

撮影した動画を再生するには、DVDへ変換後視聴することになります。 itunes動画は簡単にはDVDへ書き込みができません。 動画書き込みソフトを利用して、itunes動画をサポートしているソフトでなければいけません。

iTunes動画をDVDへ変換できるソフトにはいくつかありますが、その中でも「DVD Memory」動画書き込みソフトを使うとitunes動画でも簡単にdvdへ書き込みできます。 一旦書き込んだ動画は、再生装置で再生するか、再生用の動画再生ソフトを使って簡単に再生できます。

「DVD Memory」の紹介

色々な動画再生ソフトの中でもおすすめは、「DVD Memory」動画編集書き込みソフトです。 Windowsでもmacのどちらでも使えるソフトで、非常に便利なソフトです。 itunes動画データをDVDへ書き込んで、テレビなどの外部デバイスを使って再生できます。 「DVD Memory」動画書き込みソフトが使いやすくて便利なソフトです。

itunesファイルをDVDに焼く手順

Step 1 「DVD Memory」でtsファイルを読み込む

「DVD Memory」にitunesのファイルを読み込むには、「DVD Memory」を起動してDVDへの「ディスクの書き込み」を選択しDVD書き込み用の編集画面を表示します。 ウインドウ中央に動画ファイルの表示エリアが表示されて、ウインドウ上部にソース・メニュー・レビュー・作成のメニューが表示されます。

表示エリアの「画像やビデオを追加」を選択するとフォルダウィンドウが表示されるので、DVDへ書き込みしたいts動画ファイルを選択して読み込みます。

tsファイルを読み込む

Step 2 itunes動画の編集

itunes動画を編集する場合、起動したウインドウの左側のタイトル一覧の編集アイコンをクリックして編集画面を表示します。 表示した編集画面には、エフェクト・トランジション・テキスト・音楽のメニューなどが表示されます。

エフェクト機能では、彩度・明度・コントラストの編集ができるので、スライドバーを移動させて調整できます。 エフェクトの種類をリストボックスから選びます。トランジション機能では、写真の再生時間とトランジションの再生時間を設定できます。 メニュー右側にあるリストボックスからトランジションの種類を選びます。

itunes動画ファイルにタイトルを挿入するには、ウインドウ上のメニューのタイトルを選択すると動画内へ挿入するタイトルを入力できます。 タイトルを入力して、フォントサイズなどを変更します。

音楽を挿入する場合は、デフォルトで用意されている音楽一覧から選ぶか、追加で音楽を挿入できます。 音楽の編集もできて、フェードイン・フェードアウト・リピートなどの設定変更をします。

次は編集結果の確認をするためにプレビュー確認を行います。

itunes動画の編集

Step 3 編集した動画のプレビュー

ウインドウ上部メニューでプレビューを選択して編集後の動画を再生します。 再生して問題がなければDVDの作成を行います。 再生後修正点があれば、編集ウインドウを再表示して再編集します。

編集した動画のプレビュー

Step 4 iTunesの動画をDVDへの書き込み

編集後のiTunesの動画をDVDに書き込むには、DVDドライブに空のディスクを挿入してメニューの「作成」をクリックします。 するとDVDを自動検知して作成を開始します。

DVDを入れ忘れた場合は、作成用ウインドウ上でDVDをデバイスに挿入してウインドウ下の「作成」ボタンをクリックすれば書き込みを開始します。 DVDへ書き込むときは、表示されているデフォルト表示で基本問題ありません。

DVDへの書き込み

まとめ

ここまでiTunesの動画の読み込みから再生とDVDへの書き込みについて紹介してきました。

DVD Memory」では、動画編集からDVDへの書き込みまでを一連の流れで作業できます。 編集しないで、そのままDVDへ書き込むこともできます。


Aug 02,2018 13:36 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > iTunes動画をdvdに焼く方法