dvdmeoryプレゼントキャンペーンX

wmv動画をdvdに書き込んで再生する方法

wmvファイルをDVDへ焼く場合、まずはwmvファイルがどんなファイルなのか見てみます。 wmvファイルとは、マイクロソフトがかいはつしたファイルフォーマットで拡張子がwmvとなります。

wmvとはWindows Media Videoの略でマイクロソフトの製品ということがすぐにわかります。 WMVファイルフォーマットは圧縮率が高いので、インターネット上で配布して視聴するのには向いている動画ファイルフォーマットとなります。

ファイルサイズの低さは、MPEG-4の役半分のサイズなので、非常に効率的にでーった保存ができて歩い動画ファイルです。 wmvファイルフォーマット形式の動画ファイルをDVDへ書き込んでから再生するためにはDVD書き込みができるソフトが必要となります。 DVD書き込みソフトは無料、有料とたくさんのソフトがあります。

その中でも「DVD Memory」はお勧めのDVD書き込みソフトの1つです。 操作性が良く視覚的な操作が有効で、初めてソフトを使う人でも、短時間で使い方を覚えることができます。 「DVD Memory」はDVDへの書き込みだけではなく色々なフォーマットへの変換や、ブルーレイディスクへの書き込みもできます。

wmvをDVDに焼く手順

Step 1DVD Memory」の起動

「DVD Memory」をインストールして起動すると、メイン画面が表示されて、「DVDディスクを作成」をクリックしてDVD作成画面を表示します。

これでDVD作成用のメニュー画面が表示されます。 最初にDVDの書き込みをしたいwmv動画ファイルを読み込むためにウィンドウ中心部の「画像やビデオを追加」をマウスでクリックします。

フォルダーウィンドウが表示されるので、読み込みたいwmv動画ファイルを選択して読み込みます。

タブを選択

Step 2 wmv動画の編集

編集画面には、エフェクト・トランジション・テキスト・音楽のメニューが表示されます。

その中のエフェクト機能では、彩度・明度・コントラストの編集ができるのでスライドバーを移動させて調整できます。 エフェクトの種類をリストボックスから選びます。

トランジションでは、写真の再生時間とトランジションの再生時間を設定できます。 メニュー右側にあるリストボックスからトランジションの種類を選びます。

タイトルを選択すると動画内へ挿入するタイトルを入力できます。 タイトルを入力して、フォントサイズなどを変更します。

音楽を挿入する場合はデフォルトで用意されている音楽一覧から選ぶか、追加で音楽を挿入できます。 音楽の編集もできて、フェードイン・フェードアウト・リピートなどの設定変更をします。

次は編集結果の確認をするためにプレビュー確認を行います。

タブを選択

Step 3 編集した動画のプレビュー

編集した動画を再生することもできます。 ウィンドウ上部メニューでプレビューを選択して編集後の動画を再生します。 再生して問題がなければDVDの作成を行います。 再生後修正点があれば、編集ウィンドウを再表示して再編集します。

タブを選択

Step 4 wmv動画のDVDへの書き込み

編集後のwmv動画をDVDに書き込むには、DVDドライブに空のディスクを挿入してメニューの「作成」をクリックします。 するとDVDを自動検知して作成を開始します。

タブを選択

ここまでwmvファイルの特徴やwmvファイルをDVDへ書き込む方法について紹介してきました。 DVDへの書き込みにはソフトが必要で、その中でも一押しの「DVD Memory」を使ったDVDへの書き込み操作を一通り説明してきましたが、非常ンシンプルな操作で初めて使う人でも簡単に操作できます。

今からwmvファイルをDVDへ書き込みたいと思っている人には「DVD Memory」ソフトはおすすめのソフトです。 一度使ってみるとその良さが100%わかるのではないでしょうか。


Jul 27,2018 16:19 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd memoryプレゼントキャンペーン dvdメニュー

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > wmv動画をdvdに書き込んで再生する方法