なぜMacはDVDが再生できなくなったのか?

DVDを再生するときには、再生ソフトを使えば簡単に再生できます。 Windows osの場合はほとんどの場合、再生できないということはありません。 それがmac osで再生をしようとしたときに、再生できないという経験をしたことはありませんか。

Mac osはwindows osと若干違っていて、再生ソフトをインストールしてもDVDが再生できないことがあります。 その原因はいくつか考えられて、原因を見つけなければ、mac osでDVDを再生できません。 Mac osでDVDを再生できないのにはどんなことが影響しているのか見ていきます。 きちんとDVD再生ソフトがインストールされていて再生できないのは、ドライブ、ディスク、ソフト、osの設定など様々な原因が考えられます。 Windows osとは若干違っていて、mac os独自の設定などを確認していきましょう。

macでdvdを再生できなくなった原因

1. DVDプレイヤーがマウントされていない

Window osの場合、ドライブの認識は自動でできるようになっていますが、mac osの場合は手動で設定しなければいけません。

Mac os上でドライブの認識がされているか、「ストレージ」を選択して表示されるか確認が必要です。 ストレージにドライブが表示されていなければ、認識されていないことになります。

この場合は、ドライブが壊れている可能性が高く交換が必要となります。 ドライブ自体は正常に認識されていても、マウントが行われていないことがあります。 ドライブにDVDをセットすると、通常はデスクトップ上にDVDが表示されます。 この表示がされない場合は、os上でマウントされていないため認識できない状態です。

解決するには、DVDドライブのマウントをするだけでDVD動画の再生ができます。 ファインダーウインドウを開いて、「一般」タブの「デスクトップに表示する項目」で「CD、DVD、およびiPod」にチェックを入れるだけでDVDの再生ができます。

2. DVDプレイヤーの環境を確認

Mac os専用の動画再生ソフトの設定がうまくできていないことで、動画を再生できないときがあります。 Mac os専用の動画再生ソフトは、DVDプレーヤーがあり、こちらを起動すると動画を再生できるのですが、この設定がうまくできていないときに動画が再生されません。

Step 1 DVDプレーヤーを起動してメニューの「DVDプレーヤー」メニューから「環境設定」をクリックします。

Step 2 すると環境設定ウインドウが表示されます。 表示された環境設定ウインドウの「プレーヤー」タブの「ディスクがセットされたとき」を選択して、「ディスクの再生を開始」にチェックを入れるとDVDの再生ができるようになります。

3. ディスクの再生が制限されている

Mac osにはペアレンタルコントール機能というものが備わっていて、この機能でDVDプレーヤーアプリケーションの起動、あるいはディスクの再生が制限されていることがあります。 この場合は、DVD動画の再生はできません。

macでdvdを再生するには

Mac osでDVDを再生する場合、DVDプレーヤーが標準についているので環境設定などを変更して再生できれば一番ですが、いくら変更しても再生できない場合は別の動画再生ソフトを利用することもできます。

VLCメディアプレイヤーや5kplayerであれば、無料で使えてDVD動画を再生できます。 どちらのソフトもmac osにインストールできるソフトで、インストール後見たいDVD動画を再生できます。 VLCメディアプレイヤーは、複数のファイルフォーマットに対応していて、DVDプレーヤーで再生できないフォーマットにも対応しています。

5kplayer動画再生ソフトも使い勝手が良いソフトで、国内外の動画を再生できるようにリージョンコード機能もあります。 DVD再生だけではなく、ストリーミング再生もできます。

Aug 01,2018 16:22 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVDプレーヤー
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVDプレーヤー > なぜMacはDVDが再生できなくなったのか?