ありがとうキャンペーンX

Windows Media Playerを入手して、CDの書き込み方法の紹介

Windows Media PlayerはWindows向けの無料ソフトで、音楽や動画の再生をするためのツールです。Windowsパソコンであれば最初から標準で搭載されていますが、一部のバージョンやMacであればマイクロソフトのサイトからダウンロードして入手する必要があります。このソフトは再生以外にも、光学ディスクに書き込みをする便利な機能を備えています。

Windows Media Playerの入手方法

Windowsパソコンであれば最初からWindows Media Playerが付属していますが、一部のWindowsには搭載されていません。マイクロソフト社のサイトにアクセスすれば、Windows Media Playerは無料で入手して利用することが可能です。

Step 1マイクロソフトのダウンロードページに接続する

最初にマイクロソフトのサイトに接続して、「Windows Media Playerの入手」に進みます。

Step 2OSを選択する

OSごとに入手方法を説明した表が表示されるので、自分が使用しているOSの項目にあるリンクをクリックしてプログラムをダウンロードします。Macは一番下の項目にある「今すぐ入手」を選択しましょう。

Step 3ファイルを保存する

入手したプログラムをPCに保存しておきます。

Windows Media Playerで音楽CDを作成する手順

Media Playerを入手して起動すれば、音声データからオリジナルCDを作成することができます。

Step 1音楽ファイルの準備

最初にMedia Playerに対応した音声データ(MP3など)ファイルを、パソコンに保存しておきます。

Step 2Media Playerを起動する

Media Playerを起動して、書き込みをする元の音声データをウインドウ内にドロップして開きましょう。画面右下に表示されるリストには、楽曲のタイトル・アーティストと再生時間が表示されます。

Windows Media PlayerでCDの書き込み方法

Step 3楽曲の確認と順番を指定する

楽曲のファイルを開いたら、マウス操作で再生する順番にリストを入れ替えます。必要であれば、再生してデータの中身を確認しましょう。

Windows Media PlayerでCDの書き込み方法

書き込みモードへの切り替えと音楽CD作成手順

Step 1書き込みモードへの切り替え

Media Playerを起動して音声データを開くと、再生モードの状態です。CDに書き込みをする場合には、リストの上にあるタブを「再生」から「書き込み」に切り替えます。

Windows Media PlayerでCDの書き込み方法

Step 2光学メディアのセット

書き込みが可能な空のディスク(CD-Rなど)をパソコンのドライブにセットしておきましょう。

Step 3書き込みオプションの設定

画面右上の「同期」のすぐ下にある「書き込みオプション」のアイコンをクリックして、「オーディオCD」を選択しておきます。

Windows Media PlayerでCDの書き込み方法

その他の書き込みオプションをクリックして、書き込み速度や、音量などの設定も可能です。

Windows Media PlayerでCDの書き込みオプション

Step 4作業を開始する

準備ができたら、リストの上の方にある「書き込みの開始」ボタンをクリックしてディスクの作成を開始します。作業が完了したらオリジナルCDが完成です。

Windows Media Playerを利用する際の注意点

Windows Media Playerはデータディスクの作成機能を搭載しているので、作業を開始する前に「書き込みオプション」で「オーディオCD」に設定されていることを忘れずに確認しておきましょう。

Media Playerを利用して音楽CDを作成する場合は、元の音声データをソフトが対応する形式のファイルで保存をしておく必要があります。MP3やMPEGなどのように一般的に使用されるデータ形式であれば問題ありませんが、中には対応していないファイル形式も存在します。

rmなどのようにWindows Media Playerに対応していない形式で保存されている音楽データからCDを作成する場合には、あらかじめ変換作業をしておくか別のソフトを使用するようにしましょう。

Windows Media Playerはポピュラーな再生ソフトですが、CDやDVDに書き込みをする機能も搭載しています。パソコン以外で音楽を聴きたい場合には、Windows Media Playerを活用して音楽CDを作成しておくと便利です。作成手順はシンプルですが、設定を間違えるとデータ用のディスクが作成されるので注意しましょう。

DVD Memory特徴

DVD・CD書き込みソフト:DVD Memoryの特徴

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能付き
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • 保存形式は自由に選択可能。DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルへの書き込みに対応し、音楽CD作成、ISOファイルをDVDに書き込み可能
May 27,2019 20:16 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: Windows Media Player
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
ありがとうキャンペーン スーパーメディア変換 fotophire myslide

> DVD作成の基本とコツ > Windows Media Player > Windows Media Playerを入手して、CDの書き込み方法の紹介