DVD MemoryレビューキャンペーンX

Windows7・8でCD-Rに音楽データを書き込み方法の紹介

光学ドライブを備えたWindows7・Windows8パソコンがあれば、音楽や動画を簡単にCD-Rに書き込んで保存をすることができます。CDはデータ用とミュージック用の2種類があるので、目的に応じて使い分けをすることが大切です。ミュージック用のディスクを作成すれば、CDプレーヤーで音楽や外国語会話の再生ができるので便利です。

光学メディアにデータを保存するメリットとは

CDは昔から広く使われてきた光学メディアで、最大で1枚あたり700MBのデータの書き込みが可能です。CDはデータ密度が低いのですがDVDよりも保存可能な期間が長いので、大切なデータを長期保存するのに向いています。

パソコンであればデータ用とミュージック用の両方のディスクにアクセスができるので、用途に応じてどちらかを選べます。パソコン以外で音楽を聴きたい場合には、ミュージックCDを作成する必要があります。データ用のCDであればOSの基本機能で書き込みができますが、ミュージックCDは専用のソフトが必要です。

Windows7・Windows8のCD-R書き込み方法

Windows7・Windows8の標準機能で光学メディアにデータを記録する方法をご紹介します。

Step 1空のCDをセットして書き込み画面を開く

ドライブに書き込み可能な空のディスクをセットして、「マイコンピュータ」の画面を開きます。光学ドライブをダブルクリックするか、自動再生画面の「ファイルをディスクに書き込む」を選択しましょう。

Step 2ファイルを指定する

ウィンドウ画面が表示されるので、書き込みをしたいファイルをドロップしてリストを作成します。

Step 3書き込みを開始する

画面左上の「ディスクに書き込む」をクリックすると、記録作業が開始します。作業が完了するまでは、パソコンの操作をしないでそのまま待ちましょう。 この方法で作成したディスクは、パソコンやMP3対応プレーヤーでの読み込みが可能です。

DVDMemoryでミュージックCDを作成する方法

DVD Memoryを利用すると、プレーヤーで再生が可能なミュージック・音楽CDの作成ができます。ここで作成する「音楽CD」とは、市販されている音楽CDとほぼ同様の音楽CDであり、ほとんどのパソコンや家庭用CDプレーヤー、車載CDプレーヤーで再生できます。

データCD焼く・音楽CD書き込みするソフト

CD焼く・DVD書き込みするソフト:DVD Memory

  • 多様な・動画・画像形式の入力に対応、PC初心者でも簡単に扱える
  • 100以上の多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能付き
  • スライドショー作成、音楽CD、無劣化でデータディスク作成
  • 保存形式は自由に選択可能。DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルの書き込みに対応

Step 1空のCDをセットしてソフトを起動する

ドライブに書き込み可能なディスクを挿入してからソフトを起動し、上段右の「CDに書き込み」をクリックします。

DVD Memoryで音楽CDを作成する

Step 2音楽ファイルの選択

「音楽を追加」の画面が開いたら、MP3やWMA・MPEGなどの音声形式のデータをウィンドウ内にドロップしましょう。リストが表示されたら、再生したい順番に入れ替えることができます。曲名をクリックすると音楽が再生されるので、内容を確認できます。

DVD Memoryで音楽CDを作成する

Step 3書き込みの開始

リストの順番を入れ替えたら、画面右下の「作成」ボタンをクリックして書き込みを開始します。作業が終了するまでは、パソコンの操作をしないように注意しましょう。

DVD Memoryで音楽CDを作成する

作成したディスクの再生ができないトラブルについて

Windows 7・Windows 8には、標準機能でCDにデータを書き込む機能が付いています。この方法で作成したディスクはデータ用なのでパソコンでは再生できますが、一般のCDプレーヤーでは再生をすることができないので注意が必要です。

パソコンの画面で操作をする際に「CD/DVDプレーヤーで使用する」を選択しますが、実際はMP3対応プレーヤーでなければ再生ができません。この方法で作成したディスクを普通のCDプレーヤーで再生をすると、大きな音が出て聴力を失う危険があります。プレーヤーで再生ができるディスクを作成するためには、専用のソフトを使用する必要があります。

MP3プレーヤーでも再生ができないトラブルについて

Windowsの標準機能を利用して作成したCDは、MP3対応プレーヤーであれば再生が可能です。ただし対応しているのはMP3のデータのみで、元のファイルがWMAやMPEGなどの形式であれば再生をすることができません。MP3対応のプレーヤーを使用する場合には、あらかじめMP3に変換をしてからディスクに書き込む必要があります。

DVD Memoryはmp3以外のフォーマットにも対応しているので、WMAやAACなどの形式で保存されている音楽データでもプレーヤーで再生をすることができるミュージックCDの作成が可能です。MP3やその他のフォーマットで保存された音楽・音声をプレーヤーで再生したい場合には、Windows 7・Windows 8の標準機能ではなくてDVD Memoryを利用してCD-Rに書き込みをするようにしましょう。

パソコン用のプレーヤーソフトであれば、多くのデータ形式に対応しています。パソコンに保存した音楽をプレーヤーで聴きたい場合には、ミュージックCDを作成する必要があります。DVD MemoryはMP3や他の多くの形式のデータに対応していて、光学ドライブを搭載したパソコンと空のCD-Rがあれば簡単にミュージック用のCDを作成することができます。

May 28,2019 14:01 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: 音楽CDを作成
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
DVDメニューテンプレート fotophire myslide 動画編集ソフトfilmora

> DVD作成の基本とコツ > 音楽CDを作成 > Windows7・8でCD-Rに音楽データを書き込み方法の紹介