ワンだシェアー15周年X

自宅で簡単にDVDビデオを焼き増やす方法とは

大切な子供の成長記録や結婚披露宴用に作成した写真スライドショーなどのDVDビデオを親戚や知人に配布したり、万一の場合に備えてバックアップを取っておきたいと思う場合があるかもしれません。光学ドライブを備えたパソコンがあれば、自宅で同じ内容のディスクを焼き増やすことができます。ディスクの書き込みを行う場合には、有料または無料のツールを利用します。

DVDを焼き増やす一般的な方法の紹介

光学ドライブを備えたパソコンがあれば、ディスクの内容を読み取らせてハードドライブなどに保存することが可能です。ライティングソフトを利用して読み取ったデータを空の光学メディアに書き込みをすることで、簡単にDVDを焼き増やすことができます。パソコンがあれば専門のお店に依頼しなくても自分で作業をすることが可能なので、費用を節約できます。

デッキで再生が可能なDVDビデオはデータ用のディスクとは異なり、メディアに記録する際に特別な処理を施す必要があります。そのため、ビデオ用のディスクを焼き増やす場合には専用のツールを利用しなければなりません。

無料で入手可能なツールは最初にディスクの内容を全部読み取ってISO形式のファイルでパソコンに保存しておき、これを利用して空のディスクに書き込みを行います。ISOファイルのサイズはDVD1枚分(4.3GBかそれ以上)もあるので、作業前にパソコンのハードディスクにある程度の空き容量を確保しておく必要があります。

「DVD Memory」の紹介と特徴

同じ内容のディスクを何枚も作成したい場合には、「DVD Memory」を活用する方法があります。

このソフトはビデオの編集や写真スライドなどのを制作して光学メディアに書き込むための動画編集・変換ツールですが、ライティングソフトとしてディスクに書き込む方法でも活用することができます。 焼き増やす方法ですが、最初にプロジェクトファイルを作成してパソコンに保存しておきます。書き込みをする動画は別のディスクから読み込んだvobファイルや、パソコンに保存されていた動画ファイルをそのまま利用することができます。

ちなみにビデオCDに使用されるmpg形式のデータにも対応しています。 プロジェクトファイルを読み込んでディスクに書き込みをする方法で、同じ内容のDVDを作成することができます。ISOイメージを保存する必要がなく、パソコンのハードディスクは動画ファイルを保存する程度の空き容量があれば十分です。

DVDを焼き増やす方法の紹介

Step 1ソフトを起動して元の動画をインポートする

ソフトを起動して「DVDディスクを作成」を選びます。インポート画面が表示されたら、元の動画を再生する順番に点線の枠内にドロップして取り込みます。

動画をインポートする

Step 2メニュー・タイトルを追加する

必要であれば「メニュー」タブに切り替えて、メニューを作成しましょう。必要が無ければ省略することができます。

メニュー・タイトルを追加します

Step 3設定を選択してプロジェクトの保存

画面を「作成」タブに切り替えて、ラベルを入力したりディスクに書き込みをする際の設定を選択します。設定画面の入力が済んだら「ファイル」「名前を付けて保存」を選択し、ファイル名を付けてプロジェクトを保存しましょう。

設定を選択してプロジェクトの保存をします

Step 4メディアへの書き込みを行う

ドライブにディスクをセットして設定画面の下の方にある「作成」ボタンをクリックすれば、書き込み作業が開始します。保存しておいたプロジェクトファイルを開けば、別の日でも書き込み作業をすぐに再開することができます。

同じディスクを焼き増しをしたい場合に「DVD Memory」を利用すれば、DVDディスク1枚分の大きなファイルを読み込んでパソコンに保存しておく必要はありません。書き込み作業は光学ドライブに空のメディアをセットして「作成」ボタンをクリックするだけで良いので、自宅のパソコンでも簡単にディスクを焼き増やすことが出来ます。

DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Sep 30,2018 10:57 am / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > 自宅で簡単にDVDビデオを焼き増やす方法とは