大切なパソコンのデータを無劣化でDVDに焼いて保存する方法

旅行や家族動画を撮影して残しておきたいと思ったときには、撮影した動画、写真などのデータをバックアップとしてパソコンへ転送し、画質そのままでDVDへ焼いてから保存したいですが、DVD画質が非常に気になってしまいます。 その時に、どのような方法で高画質な状態で映像ファイルがDVDに書き込まれるのか、それは専用の書き込みソフトが必要になります。

書き込みソフトには無料・有料のソフトがあり、使うソフトによっては、操作が難しくて書き込みができない、うまく書き込みができないということがあります。 どの書き込みソフトを選ぶかでDVDへの書き込みができない可能性がありますので、使う書き込みソフトは重要です。

初めて使う人でも使いこなせて、簡単に動画データを画質そのままでDVDに焼けるオーサリングソフトに、DVD Memoryというソフトがあります。 DVD Memoryを使ってパソコンに保存している動画を、DVDへ書き込む方法を詳しく見ていきます。


パソコンのデータを劣化することなくDVDに焼く方法

DVD Memoryには起動するとメニュー画面が表示されます。DVDへの書き込みだけをするのであれば、普通は2つのメニューから書き込みできます。 「DVDディスクを作成」・「ワンクリックでDVDを作成」です。

どちらでもDVDへの書き込みができますが、違いは「DVDディスクを作成」は動画や、写真ファイルを編集して、DVDメニューもつけてからDVDに書き込みたい方にふさわしいです。その一方、「ワンクリックでディスクを作成」は動画の編集をしないで、直接ファイルだけをドロップするだけで効率的にDVDを作成したい方や、難しい操作せずにDVD作成したい初心者にふさわしいです。

しかし、今回紹介したいのは「データディスク」機能です。この機能に注目すべきなところは無劣化でファイルそのままディスクに書き込めるんです。

パソコンのデータを無劣化でDVDに焼いて保存する方法

Step 1DVD Memoryで書き込みたいパソコンデータを読み込む

「データディスク」をクリックして編集画面を表示します。 表示されたら「ソース」タブが表示されていて、中央に「画像や動画、音楽を追加」と表示されているので、マウスでクリックするとフォルダウィンドウが表示されます。 表示されたウィンドウでDVDへ書き込みたい動画を選んで読み込みます。

それに、カメラや携帯などから直接ファイルの読み込みも可能なので、データをパソコンに転送する手間を省いてくれて、とても便利だと思います。

パソコンのデータを無劣化でDVDに焼いて保存する方法

Step 2DVDへパソコンデータを書き込む

読み込んだファイルは、ウィンドウにサムネイルとして表示されます。

DVDへ書き込みをするので、パソコンへ空のDVDディスクを入れておきます。 準備が完了したら「作成」ボタンをクリックして書き込みを開始します。 あとは書き込みが完了するのを待つだけです。

パソコンのデータを無劣化でDVDに焼いて保存する方法

データを無劣化でDVD作成してバックアップする方法まとめ

ファイルを劣化することなくDVDへ書き込みをする方法について紹介してきました。 DVDへの書き込みには動画書き込みソフトが必要になり、その中でDVD Memoryソフトを使うと初めて使う人でも簡単操作で作成ができるようになっています。 その他の音楽CD作成や、スライドショー作成、動画編集機能も付いていて使う人に合わせてDVDへの書き込みができるようになっています。


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Dec 29,2018 10:45 am / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
fotophire myslide dvdメニュー

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > 大切なパソコンのデータを無劣化でDVDに焼いて保存する方法