WMVをDVDへコンバータを利用し、WMVからDVDに簡単変換する

最近、よくWMVという形式のビデオ動画ファイルと出会います。Web上からのダウンロードなどで、お持ちのコンピューター上でビデオ動画を再生し、見ることはできますが、そのWMVファイルをDVDプレーヤー、あるいはテレビでビデオ動画として楽しむことはできません。PC以外のDVDプレーヤなどで再生するためには、WMVをDVDに変換する必要があります。

WMV動画をどのようにDVDに作成できるか、その悩に答えるために、Wondershareの「DVD Memory(Windows版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)」をご紹介し、お勧めです。この専用の人気DVD作成ツールで、わずか三つのステップで、WMVをプロの効果あるDVDに書き込むことができます。ご家族とお友達と一緒にDVDプレーヤーやテレビで観賞することも楽しいです。

Wondershare DVD Memory(Windows版)以外に、mac版のもご用意しております。さて、無料で体験してみましょう。


Step 1WMVビデオ動画を追加し、編集する

WMVビデオ編集ツールは、WMVをDVDに変換する「 DVD Memory」内の含まれているオプション機能です。

● 製品画面の真ん中の「+」ボタンをクリックして、WMV動画を追加します。

wmv動画の追加

● WMVビデオを編集する
WMVファイルが追加された後、「クロップ」、「効果」、「トリム」、「透かし」など、いろいろな必要に応じて、簡単に編集できます。

wmv動画編集

Step 2DVDメニューを設定する

複数のWMVビデオを一枚のDVDディスクに書き込みたい場合、DVDメニュー作成は不可欠です。DVD Memory画面の一番上の「メニュー」タブでは、自分が好きなスタイルを設定して、多様なテンプレートも用意します。それ以外、背景画像をカスタマイズすることもできますよ。

DVDテンプレート以外に、もっと便利で個性的なのは、テキストと背景音楽(BGM)を追加機能です。

テンプレートの編集

● チャプターを加える
チャプターも作成したい場合は、「チャプター作成」ボタンをクリックして、チャプターの追加もできます。

チャプター作成

お得な情報

さらに、お客様ならではのDVDビデオデータに保存したい場合には、画面内の「メニュー」ボタンよりメニューのカスタマイズ設定を行ってください。メニューのカスタマイズでは、「背景」、「BGM」、「サムネール」など設定がお選びのテンプレートに合わせて指定可能です。

Step 3DVDプレビューし、WMVをDVDに作成開始

WMV動画の挿入、編集まで終わりましたら、最後に、WMVをDVDに書き込み前に、「プレビュー」によって、設定したエフェクトなどが満足できる効果があるかどうか確認もできます。全部問題なければ、画面の「DVD作成」ボタンで、わずか数分を利用して、高速的、高品質にWMVをDVDに焼く、再生することができます。

wmv dvd 焼く

注意: WMV動画をMac OS環境でDVDに変換する場合には、Mac版のをご利用ください。

そして、インストール後には、上記と同じ3ステップの手順で、WMV動画をDVDへ保存し、焼くことができます。

WMVからDVD 焼き方は以上ですので、お休み時間でご家族とお友達と一緒に映像を楽しめましょう。


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Oct 12,2018 16:44 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > WMVをDVDへコンバータを利用し、WMVからDVDに簡単変換する