DVDをチャプター別に保存

最近では一人で多くの電子機器を持っていたりするものだから、きっと様々な形で動画も残っていることと思います。しかし、これは便利であると同時にとても不便なことで、残っている動画を1つの機器で観ることができないという事態に遭遇します。それは、それぞれが異なっている形式で作られているからです。

こうした時に活躍するのがDVDです。どうしてDVDなのか?というところですが、様々な形式で撮影されたり、残っていたりする動画を1つのDVDに焼いて、1つのメディアで通して観ることができるからです。この時に、DVDを作ってくれるのがDVD作成ソフトなどと呼ばれているソフトです。様々な形式の動画を取り込んで、それらを編集して、DVDに焼き付けることができるのです。

こうしたソフトの1つが、WondershareのDVD Memory(Win版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)です。


これは結構、DVDを作成する人が使っているソフトです。安価で、使いやすいと評判が高いソフトです。また、上記は有料のソフトですが、フリーソフトでもDVD作成のソフトが出回っているので興味がある方は探してみましょう。

さて、しかしながら、どうしても様々な形式の、場所も時間も感覚も異なっている時に撮影したり、残したりした動画であるから、チャプターが必須でよね。

DVDチャプター

チャプターというのは、小説の章や1空白のようなものであって、場面やストーリーが展開する時に設けられるようなもののことを言います。 つまり、動画の変わり目になるところ、シーンの変わり目に、区切りを入れることができるのです。これによって、その区切りの部分から再生ができたり、整理できたりするのです。

このチャプターは編集の作業であって、区切りの始まりと終わりの部分を決めることで、動画の1つの区切りを設定することができます。とても、便利な機能であって、雑多に集めた動画を整理して、ストーリーを与えることができるところでしょう。このチャプターは、多くのDVD作成ソフトに付いていますし、結構使える機能なのでチェックするといいでしょうね。 

DVDチャプター

DVD Memoryには、チャプター機能が付けられるのです。mac版はタイトルくらいしか付けられないようです。チャプターには自動設定したり、適宜付けられたりするものがありますので、こうした機能を重要視する人、活用したい人にはDVD Memoryはおススメですよね。

Jul 12,2018 20:30 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > DVDをチャプター別に保存