Window ムービーメーカーでDVDに焼く方法 – WMV形式でDVDに焼く

Window ムービーメーカー(Window Movie Maker)は、Microsoft Windows Me、XPとVista用のビデオ作成/編集用のアプリケーションです。

プロジェクトが完成したら、wmvまたは.aviを拡張子としてムービーを発行します。多くの方がWindow Movie Maker ビデオをバックアップ用や共有用としてDVDに焼いておきたいと考えますが、 Window Movie MakerからDVDへコンバートする方法が分からないという声も多く聞かれます。

こちらは、Window Movie MakerをDVDに焼く方法です。

DVDを焼くにはWindows DVDメーカーを使うことができます、しかし、Windows DVDメーカーは短いビデオでもしばしばクラッシュします。こういうことでは、DVDを焼くための一番いいアプリケーションが Window Movie Makerとはいい難いですね。

以下はDVD Memory(Windows版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)を使って、DVDに焼く手順です。まず、DVD Memoryをダウンロードしてください。

Window ムービーメーカービデオをDVDに焼く手順

Step 1 ビデオを追加します。

WMV を DVDに作成するために、「インポート」ボタンをクリックし、ビデオを追加します。そして、ストーリーボード にロードされたビデオ・ファイルをドラッグ&ドロップします。

dvd作成

Step 2 DVDメニューのカスタマイズ(オプション)

DVD Memoryは無料で100種類のDVDメニュー用のテンプレートを提供しています。フレーム、ボタン、テキスト、背景画像、音楽などを変更することで、DVDメニューをカスタマイズすることができます。

windows movie makerビデオをDVDに焼く

Step 3 Windows Movie MakerビデオをDVDに焼く

プレビューで「作成」タブに行き、「作成」ボタンをクリックすると Window Movie Maker ビデオをDVDに焼けます。

windows movie makerビデオをDVDに焼く

高速かつハイクオリティでDVDに焼くことができます。

Sep 10,2018 11:11 am / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > Window ムービーメーカーでDVDに焼く方法– WMV形式でDVDに焼く