dvdmeoryプレゼントキャンペーンX

WMVファイルをブルーレイに書き込む方法

WMVブルーレイ書き込みについて

ブルーレイディスクへの書き込みをしたいときに、動画を書き込むためのソフトが必要になります。DVDへの動画を書き込むためのソフトは多数ありますが、ブルーレイディスクに書き込むためのソフトは探してもそこまでありません。ブルーレイディスクへの無料書き込みソフトはありますが、書き込むことが出来るファイルフォーマットに限りがあり、いろいろなファイルフォーマットの動画をブルーレイに書き込むことが出来るわけではありません。

書き込みが出来るのは、限られたフォーマットしか出来ないケースがほとんどなので、いろいろな動画ファイルをブルーレイへ書き込むことが出来るソフトと言えば、「DVD Memory(Windows版旧名:ブルーレイ・DVD簡単作成!)」を使えば、どんな動画ファイル形式でもブルーレイディスクへ書き込みが出来ます。


Wondershare「DVD Memory」を使い簡単に WMVファイルをブルーレイに書き込む手順

実際に、WMV動画ファイルをブルーレイへ書き込むこときにDVD Memoryソフトを使えば、ブルーレイへ書き込む前に、テンプレートを使ってから編集をすることも出来ます。

DVDか作成したいタイプを選びます

1 表題にするためのテンプレートが用意されていて、自由に選択して挿入することが出来ます。

動画の簡単な編集をすることができるのは、DVD Memoryソフトならではの特徴でもあります。

スライドショーで表示したい画像を選択します

2 WMV動画を読み込んでからブルーレイへ書き込むだけではなく、動画編集機能も付いています。

書き込む前にDVD Memoryの編集機能として、クロップ・トリム・透かし・字幕などを編集することが出来ます。ブルーレイ・DVD簡単作成でこれらの編集が出来るので、クロップの編集を行ってからブルーレイデイスクへ書き込むことが出来ます。

動画編集機能

3 編集後結果の最終的な動画は、メニューバーの「作成」をクリックして作成画面を表示します。

表示されたブルーレイ作成画面では、ディスののラベル、TV規格の設定、ディスクの再生モードなどを設定変更することが出来ます。書き込みが出来るのはブルーレイだけではなくDVDへの書き込みも出来ます。

ブルーレイ作成

ブルーレイディスクへ動画の書き込みを行うときに、「ディスク作成可能なドライブが見つかりません」と表示される場合は、うまくブルー例自身が認識されていません。そのために、ドライバーを再度インストールする必要があります。

この場合は、プログラムの再起動をすることで認識される可能性もありますので、まずは、「DVD Memory」ソフトを再起動してから確認をします。再起動することでブルーレイディスクを認識することが出来ます。

ブルーレイディスクを使用する場合は、ドライバーがパソコンにインストールされていなければ意味がありません。そこで、ブルーデイディスクには、今後も動画ファイルをコピーしてから家庭で使うことも出来ますし、規制自体を感じにくい場所もあります。

あとはDVDディスクに書き込みが出来ない場合や、目が不自由で、一度DVD Memoryソフトをつかってから、動画編集をしたファイルを自動的に間違っても相手に共有するが重要です。編集してブルーレイディスクにはたくさんの種類の動画や音楽を挿入することが出来ます。


DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Oct 12,2018 16:15 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: ブルーレイ書き込み方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd memoryプレゼントキャンペーン dvdメニュー

> DVD作成の基本とコツ > ブルーレイ書き込み方法 > WMVファイルをブルーレイに書き込む方法