Jan 13,2022 10:17 am / カテゴリー: ブルーレイ書き込み方法 /

ビデオカメラで撮影した動画をブルーレイに焼く方法

こちらの記事では、ビデオカメラで撮影した動画をブルーレイDVDに焼く方法をご紹介します。


Part1. ビデオカメラで撮影した動画をブルーレイに焼くメリット

★いつでも視聴できる

ビデオカメラで撮影した動画は、ビデオカメラ内にデータを蓄積する場合や、パソコンの中で保存しておく場合があります。しかし、動画を見たいと思った時に、いちいちビデオカメラを開くのは手間ではないでしょうか。

そこで便利なのは、映像をDVDへ焼くことです。これによりいつでも動画を視聴できます。

★容量を気にしなくていい

パソコンなどに保存すると、つい容量を気にしてしまう人は多いのではないでしょうか。しかし、撮影した映像をブルーレイに焼いておけば、保管の際のデータを気にする必要がありません。

容量を気にせず、好きなだけ保管することが可能です。

★年数が経過しても視聴できる

ブルーレイに焼いておくことで、何年たっても動画を視聴することが可能です。データだと、消えてしまう可能性がありますが、ブルーレイに焼いておくことで、長く楽しむことができます。これはブルーレイならではの強みと言えるでしょう。

Part2. ビデオカメラで撮影した動画をブルーレイに焼くソフト

①好評が多い-DVD Memory

ブルーレイに焼くソフトとして、最も好評なのはDVD Memoryです。誰でも使いやすい仕様になっており、気軽に利用することができます。

Windows10用ブルーレイ・BD書き込みするソフト

撮影した動画をブルーレイ・BDに書き込みする
ソフト:DVD Memory

  • 手軽にデジカメで撮影した動画をブルーレイに書き込む
  • 多様な動画・画像形式の入力に対応、自作動画を高画質で楽しむ
  • メニュー追加機能を利用して、市販ブルーレイのように視聴できる
  • 貴重な動画、音楽、写真を無劣化でデータディスクに保存・バックアップ
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H.264/MPEG-4 AVC,字幕付MKV等)の入力もサポート
  • 懐かしい思い出をスライドショー作成機能で一枚一枚振り返る
  • 保存形式は自由に選択可能

<ブルーレイへの焼き方>

Step 1DVD Memoryを開くと、以下のような画面が表示されます。この画面の中から、「ブルーレイディスクを作成」を選択しましょう。

Dビデオカメラで撮影した動画をブルーレイに焼く

Step 2すると、以下のような画面へ遷移します。この画面が表示されたら、撮影した動画を選択します。

ビデオカメラで撮影した動画をブルーレイに焼く

Step 3メニューを編集します。ここでは、背景、bgm、テキストが自由に編集できます。

ビデオカメラで撮影した動画をブルーレイに焼く

Step 4プレビューを確認した後、動画をブルーレイに書き込みしましょう。

ビデオカメラで撮影した動画をブルーレイに焼く

②人気がある-BurnAware Free

最も人気があるのは、世界各国で利用されているBurnAware Freeです。英語版が主流ということもあり、世界各国で積極的に利用されています。

 <ブルーレイへの焼き方>

1.BurnAware Freeをダウンロードする

まず、BurnAware Freeをご自身のパソコンへダウンロードします。BurnAware Freeは英語が初期表示となっているため、言語選択ウィンドゥで必ず日本語を選択しましょう。ただし、すぐに表記変更ができないため、日本語工房のダウンロードページから「日本語化ファイル」をダウンロードし、解凍したフォルダ内の「Japanese.lng」ファイルをコピーします。これによって、初めて日本語化します。

ビデオカメラで撮影した動画をブルーレイに焼く

2.マルチメディアを選択

ダウンロードが完了し、日本語画面が表示されたら、マルチメディア欄を選択します。今回は動画を書き込むので、動画ファイルに合わせて最適な形式を選択します。

ビデオカメラで撮影した動画をブルーレイに焼く

3.完成!

こうして、動画の流し込みが完了したら、ブルーレイDVDが完成します。

③対応形式が多い-PowerProducer 6

PowerProducer 6は、ディスクのオーサリングに特化したソフトです。ディスクに特化していることから、幅広い形式に対応できます。

https://dvdcreator.wondershare.jp/images/guide/burn-video-to-bluray-1.jpg

<ブルーレイへの焼き方>

1.ダウンロードする

まず、PowerProducer 6をご自身のパソコンへダウンロードします。流れに沿ってダウンロードすれば、特に難しい箇所はないでしょう。

2.書き込みを行う

PowerProducer 6をダウンロードしたら、ブルーレイへ書き込みたい動画をPowerProducer 6上に読み込みます。あとは必要なボタンを押すだけです。

3.完成!

ディスクオーサリングに特化しているからこそ、非常に簡単に完成します。

③初心者に向け-Aiseesoft DVD 作成

Aiseesoft DVD 作成は、ブルーレイへ焼く作業の際に、特に初心者の方へオススメしたいソフトです。あらゆるメディアファイルをDVDへ焼くことができるため、大きな手間なく作業できると言えます。

https://dvdcreator.wondershare.jp/images/guide/burn-video-to-bluray-1.jpg

<ブルーレイへの焼き方>

1.ダウンロードする

まず、Aiseesoft DVD 作成をダウンロードします。

手順に沿ってダウンロードすれば、特に難しいことはなくダウンロードできるでしょう。

2.DVDへ書き込む

Aiseesoft DVD 作成上に書き込みたい動画を読み込めば、すぐにブルーレイへ書き込むことが可能です。

3.完成!

このようなシンプルな作業で、ブルーレイが完成します。

Part3. ビデオカメラで撮影した動画をブルーレイに焼く際の注意点

ビデオカメラで撮影した動画は、ブルーレイへ焼くことができる形式になっていないかもしれません。ブルーレイへ焼く前に、上記のソフトなどを利用し、書き込むことができる形式に変更しましょう。もしくは書き込む際に、全ての形式に対応できるソフトを選択する必要があります。


いかがでしたか?思い出を大切にするために、ビデオカメラで撮影した動画はブルーレイへ焼いて、しっかり残しておきましょうね。

鈴木

編集

0 コメント
DVD作成の基本とコツ
newyear-campaign

> DVD作成の基本とコツ > ブルーレイ書き込み方法 > ビデオカメラで撮影した動画をブルーレイに焼く方法