Aug 06,2021 13:51 pm / カテゴリー: DVD焼く方法 /

【2021年最新】動画を無劣化でDVDに保存する方法3選

旅行や家族の動画を撮影して保存しておきたいと思った時には、撮影した動画や写真などのデータをバックアップとしてパソコンへ転送し、画質をきれいなままDVDへ焼いてから保存したいと思ったことがある方はたくさんおられると思いますが、無劣化を重視するとDVD画質が落ちてしまい、その点が非常に気になってしまうことがあるかと思います。

そこで今回は、画質を落とさずに、無劣化でDVDを作成できる方法とそのために必要なおすすめのソフトウェアを紹介したと思います。

現在、DVD作成にお困りの方や、これから動画をDVDに焼き、長期間的に保存したいたい方は参考になるかと思いますので、是非最後まで読んでみてください。


Part1. 動画を無劣化でDVDに保存する方法はありますか

動画を無劣化でDVDに保存するためには、まず専用の書き込みソフトが必要になります。また、書き込みソフトには無料と有料のソフトが存在し、使用するソフトウェアによっては、操作が非常に難しくて書き込みができなかったり、うまく書き込みができずにその後DVDを視聴することができないという状況に陥ってしまうこともありますので注意が必要です。 書き込みソフトを選ぶ際に選択を謝るとDVDへの書き込みがうまくできずにイライラしてしまうことになってしまうので、本記事での説明を参考に

自身にあった最適な書き込みソフトを選択してください。

初心者でもうまく使いこなせて、簡単に動画データの画質をそのまま、DVDに焼けるソフトウェアもありまのでご参考にいただけますと幸いです。


 Part2. 動画を無劣化で保存する方法3選

  1. DVD Memory 動画をDVDに書き込む方法

①DVD Memoryを開き、「DVDディスクを作成」を選択します。

録画をDVDに書き込む

②DVDに書き込みたい動画をDVD Memoryに追加し、ソフトウェアの下で、ディスクの容量、書き込み先のディスクの種類、ディスクの品質が設定します。

録画をDVDに書き込む

③動画の追加や編集を行い、「メニュー」を選択し、テンプレートからお好みのメニューを選択して、DVDメニューを作成、編集します。

録画をDVDに書き込む

④「作成」を選択し、動画をDVDに書き込んで完了です。
(※メニュー作成や動画編集ができませんが、①で「ワンクリックでディスクを作成」を選択するとさらに簡単に取り込むことが可能です。)

録画をDVDに書き込む


  1. DVDStylerソフトで動画をDVDに書き込む方法

DVDStylerは無料でDVDを作成することができますが、 動画、写真スライドショーを編集しながら内容をプレビューするからDVDの作成までの一連の流れを1つのソフトでできないのが欠点となります。更に、いろいろ細かい設定もありますので、初心者には扱いづらいソフトとなります。DVD作成方法は以下の通りです。

①DVDStylerを起動すると初期設定画面が表示されて、ディスクラベル・ディスク容量・映像のビットレート・音声のビットレート・映像形式・構成比・音声形式などが項目として表示されます。

基本敵にはデフォルト設定で問題ないかと思いますので、設定が完了したら「ok」ボタンをクリックします。

②必要に応じてDVDメニューテンプレートを選びます。もちろん、メニューテンプレートなしも可能です。

③次に動画ファイルをドラッグ・ドロップすることで読み込みます。背景画像は、デフォルトの画像に変更するか、自分の画像に変更することも可能です。メニューを右クリックして、プロパティーを選択します。更に、背景音楽を挿入することも可能です。

④スライドショーや動画ファイルを編集する場合は、タイトルを右クリックしてプロパティーを選択します。画像の追加・削除や、トランジション、BGMをつけることができます。

⑤最後にプレビューして完了です。


  1. Windowsの標準機能で動画をDVDに書き込む方法(Windows 7以降適用)

windows10には、エクスプローラに標準でライティング機能が備わっています。

そのため、そのまま動画ファイルをドラッグして書き込みするだけでDVDが作成できます。しかし、この方法はDVDに書き込みは可能ですが、パソコン視聴のみ可能となる方法です。家庭用レコーダー等で視聴することはできませんので注意が必要です。

①まずは、ドライブ機器に新品のDVDメディアを挿入して、パソコンに認識させます。

②パソコンにUSBメモリを挿入し、動画ファイルを選択し、ドキュメントフォルダにコピーをします。

③次に、新規にエクスプローラを起動して、ドライブ機器を表示します。

片方のエクスプローラで、動画ファイルを選択してドライブ機器にドラッグすると、ディスク書き込み】が表示され【CD/DVDプレイヤー】にチェックを入れて次へをクリックします。

④エクスプローラーの上の管理をクリックすると、「書き込みを完了する」が表示されるので、クリックします。

⑤タイトルに任意の名前を入力し、次へをクリックすると書き込みが開始されます。

⑥書き込みが完了するとDVDの作成が完了です。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、画質を落とさずに、無劣化でDVDを作成できる方法とそのために必要なおすすめの三つのソフトウェアを紹介いたしました。

三つだけでも様々な特徴があり、一つのソフトウェアで作業が完了しなかったり、家庭用のレコーダーで使用できなかったりしてしまうソフトウェアがありました。

その中でも私がソフトウェアを使用した感じは、一つ目に紹介しましたDVD Memoryが一番良いかと思います。初心者でも簡単に使用できる点や編集機能も豊富で、これ一本で作業が完結できる点がすごい魅力に感じました。

一度使用してみてはいかがでしょうか。

Windows10用ブルーレイ・BD書き込みするソフト

Windows10でブルーレイ・BD書き込みする
ソフト:DVD Memory

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応、自作動画を高画質で楽しむ
  • メニュー追加機能を利用して、市販ブルーレイのように視聴できる
  • 貴重な動画、音楽、写真を無劣化でデータディスクに保存・バックアップ
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H.264/MPEG-4 AVC,字幕付MKV等)の入力もサポート
  • お好きな音声を集めてCDに書き込み、カーナビで聴きながら運転の疲れを吹き飛ぶ
  • 懐かしい思い出をスライドショー作成機能で一枚一枚振り返る
  • 保存形式は自由に選択可能。DVD・ブルーレイディスク、DVD・BDMVフォルダ、またはISOイメージファイルへの書き込みに対応

鈴木

編集

0 コメント
DVD作成の基本とコツ
UniConverter

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > 【2021年最新】動画を無劣化でDVDに保存する方法3選