DVD MemoryレビューキャンペーンX

今さら聞きない!ブルーレイとDVDの違いについて

ブルーレイとDVDの違いについて

DVDをレンタルする時にブルーレイ(Blu-ray)を見かけることがよくありますが、同じ料金で借りられるのに何が違うのだろうかと思ったことがあるかもしれません。DVDとブルーレイにはそれぞれ違った特徴が存在します。どのような用途で使用するのかよく見極めて選ぶ必要があります。双方それぞれの点でメリットやデメリットがあるからです。


DVDとブルーレイを比較する

ブルーレイは簡単に言うと、DVDを少し進化させたものです。
まず、容量が大きいという特徴があります。
実際ブルーレイ一枚には、DVD10枚分の容量が入るのです。なぜ容量が大きいのかというと、青紫色レーザーを使っているからです。この青紫色レーザーの波長は短く、光をさらに絞り込んだものが使われています。

さらに画質の違いにも現れています。
画素数が二つとも違い、DVDは35万画素ですがブルーレイは207万画素です。ブルーレイの方がとても鮮明に見ることができるのは明らかです。これは、とても綺麗に見えると評判の地上デジタル放送よりも鮮明に見ることができます。

音質も全く違います。
映画館の圧倒的な音の力は評判することが難しかったですが、ブルーレイでは見事に迫力のある音を聞くことができるのです。このように2つは全く違います。ブルーレイの方が良いと思われる方もいますがDVDにもメリットがあります。

 

DVDにもメリットがある

ブルーレイには専用の機器がないと見ることができません。しかしDVDはそのような専用の機器がないのでどこででも見ることができます。車の中やパソコンなどでも簡単に見ることができます。

また、料金が安いです。レンタルする場合には違いが出ますが、購入する時には明らかにこちらの方が安いです。なので機器がない場合でも対応し、どこででも見ることが可能になります。少し画質や音質が落ちますがその分見たい映画やドラマを安く購入することができるのは大きなメリットと言えます。

何を重視して選ぶかは選択する際に大きく関わってきます。自分の家にある機器がブルーレイにも対応しているのかを確認しておくことはとても大切です。確認せずにレンタルや購入してしまっても視聴することはできません。

一方、DVDであれば間違うことはありません。必ず視聴することができるからです。迷った時にはこちらを選択すれば帰って見れなかったということはありません。

 

結局はどちらを選べば良いのか

2つにはそれぞれメリットやデメリットがあります。なので、何を重視して選択するかにかかっています。

綺麗な画面で見ることを重視しているのであればブルーレイを選ぶことができますし、安さを重視しているのであればブルーレイでは高いので自分に合っているとは言えません。どちらを選択するか迷う場合は自分が見たい映画やドラマを視聴する時何を一番求めているのか見極めなければなりません。

店頭やレンタルショップに行った時に2つの違いに迷った時には自分が何を重視して視聴したいかで決めることができます。それぞれにメリットやデメリットがあります。

ブルーレイには専用の機器がないと見ることができないので、確認してから選ぶことが大切です。画質や音質が良いからといって専用の機器以外で見ようとしても見ることはできません。

一方、DVDはなんでも視聴することができるのでその点優れていると言えます。

DVDオーサリングソフトおススメ

Wondershare DVD Memory

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能付き
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • 保存形式は自由に選択可能。DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルへの書き込みに対応
Oct 22,2018 16:05 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: 光学ディスク
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
DVDメニューテンプレート fotophire myslide 動画編集ソフトfilmora

> DVD作成の基本とコツ > 光学ディスク > 今さら聞けない!ブルーレイとDVDの違い