ありがとうキャンペーンX

Windows Media PlayerでDVDへの書き込みを行う方法

Windows Media PlayerはWindows 7以降のOSに搭載されているソフトで音楽や動画、CDやDVDなどの再生だけではなく、音楽CDやデータDVDの作成も可能です。 特にバージョン12からはMPEG4とAVCHDのコーデックを搭載しDivxやXvid、H264などが本体のみで再生できるようになったほか、Windows 10ではハイレゾ音声の超高音質再生にも対応しました。

Windows Media PlayerでDVDへの書き込み

Step 1モードを切り替えてディスクの種別を指定する

Windows Media Playerを使った書き込み方法は、まずは画面右上の「書き込み」を押してモードを切り替えます。 すると画面下のリストに以前に設定していたコンテンツが表示されることがあるので、問題なければ「リストの消去」を押します。

つづいて画面右側のオプションを表す下を向いた三角を押し、表示されたメニューの中から「データCDまたはDVD」にチェックを入れます。 つづいてブランクメディアを光学ドライブに挿入し、環境により自動再生のダイアログが表示された場合は画面右上の罰印を押して閉じます。

Step 2コンテンツをリストに登録する

画面左のライブラリからフォルダを選択すると、画面中央に保存されている音楽や動画のファイルがタイトルと共に表示されますが、ジャケットが登録されている場合には一緒にサムネイルが表示されます。 その中から登録したいコンテンツを画面右のリストの欄にドラッグアンドドロップして登録します。

そのすぐ上にはブランクディスクの種別と収録可能な時間のインジケータが表示されているので、登録できるコンテンツの目安になります。 また、書き込む順番を変更したい場合は、リストに表示されているタイトルをドラッグアンドドロップして入れ替えることも可能です。

Step 3リストの確認と書き込み

リストに登録したコンテンツの容量がオーバーした場合は、ディスク2と表示されることがあります。 ここで1枚のディスクに収めたい場合は、削除したいコンテンツを右クリックして「リストから削除」を押して容量を削減することも可能です。

全ての項目を確認し問題が無ければ、画面右上の「書き込みを開始」を押せばブランクディスクへの書き込みが開始されます。 もしも途中で止めたい場合には、「書き込みをキャンセル」を押して中止することも可能です。 プログレスバーで進行状況が確認でき、100%に達したら完了です。

DVD書き込みできない時の対処方法

処理が間に合わずに書き込みできない場合は、画面右のオプションを表す下を向いた三角を押し「その他の書き込みオプション」を選択し、書き込みタブに切り替えてから速度のプルダウンメニューで変更します。 デフォルトでは最速に設定されていますが、中速または低速に変更すれば解決できます。

一部のコンテンツにはDRMなどの著作権保護が設定されており、書き込みできない場合があります。 そんな時はアルバムやプレイリストを表示させ、画面上部のアルバムまたはプレイリストを右クリックして「列の選択」を押し、保護のチェックボックスを押してからOKを押し、再びリストに戻って保護の欄が「いいえ」になっていれば書き込みが可能になります。

もっと簡単にDVDへの書き込みを行う方法

Windows Media PlayerでもDVDへの書き込みは可能ですが、さまざまな制約があるだけではなくDVDビデオの作成が不可能なのも大きな課題です。 そんな中で登場したDVD Memoryは、もっと簡単な使い方でDVDビデオを作成することが可能です。

DVD焼く・DVD書き込みソフト

DVD焼く・DVD書き込みするソフト
DVD Memory(無料体験版)

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能付き
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • 保存形式は自由に選択可能。DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルへの書き込みに対応
  • スライドショー、音楽CD、無劣化でデータDVD作成、ISOファイルをDVDに書き込み可能

ツールを起動して登録したいファイルをドラッグアンドドロップし、本格的な編集やエフェクトの追加も行うことができるほか、再生させた時に表示されるメニューもテンプレートを読み込むだけで簡単に作ることができます。

DVD焼く・DVD書き込みソフトDVD Memory

最後に作成ボタンを押せば自動的にDVDビデオ形式に変換されてブランクディスクに書き込まれ、パソコン以外のプレイヤーでも再生できるDVDが完成します。

DVD焼く・DVD書き込みソフトDVD Memory

最後に

Windows Media PlayerはWindows 7以降のOSに標準搭載されていることから、誰もが気軽に利用できる一方でライティング機能は簡易的なものに留まっています。 DVD Memoryであれば、そんなWindows Media Playerの持っている機能を網羅しつつも、もっと簡単な操作でDVDビデオを作成できることから人気が高まっています。

Jun 03,2019 15:46 pm / 編集者: naruhodo カテゴリー: Windows Media Player
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
ありがとうキャンペーン スーパーメディア変換 fotophire myslide

> DVD作成の基本とコツ > Windows Media Player > Windows Media PlayerでDVDへの書き込みを行う方法