Nov 15,2021 16:44 pm / カテゴリー: DVDプレーヤー /

PS3でDVDを再生する方法とは?再生できないときの対策もしっかりお伝えします。

PS3は誰もが知る有名なゲーム機です。このゲームのソフトウェアはDVDのディスクで提供されます。DVDと同じ形状のディスクが入るのでDVD再生もできるのです。

でも、DVDがうまく再生できないことはありませんか?DVD再生ができない理由とは?その時の対処はどうすればよいのか?

DVDの再生ができなかった実体験に基づいて対策をお伝えします。

関連ソフトお勧め

データCD焼く・音楽CD書き込みするソフト

DVD・CD作成ソフト:DVD Memory

  • 多様な・動画・画像形式の入力に対応、PC初心者でも簡単に扱える
  • 100以上の多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能付き
  • スライドショー作成、音楽CD、無劣化でデータディスク作成
  • 保存形式は自由に選択可能。DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージファイルの書き込みに対応

Part1. PS3について

① PS3とは

PS3はPlayStation3の略称です。プレステ3とも言われます。日本の電機メーカー「ソニー・コンピューターエンターテインメント」が開発・発売している家庭用ゲーム機の一つです。PS2の後継機として発売されました。

PS3は据え置き型です。持ち運びができるタイプではありません。本体に接続されたコントローラーを動かして操作します。

PS3でDVDを再生する方法

② PS3で再生できるディスクの種類

では、PS3で実際に再生することができるディスクの種類は何か見ていきましょう。

・CD(CD-R、CD-RW、CD-ROM※PS3規格のものに限る)

・音楽用CD

・DVD(DVD-R、DVD-RW、DVD-ROM)

・Blue-ray(BD-R、BD-RW、BD-ROM※PS規格のものに限る)

PS3でDVDを再生するには専用のアプリケーションが必要です。CDとDVDはそれぞれ、PS3の前に発売されているPS2で採用されたアプリケーション。Blue-rayはPS3で初めて採用されたアプリケーションで対応しています。もちろん後からダウンロードしなければならないアプリケーションではありません。PS3出荷時点で搭載されています。

Part2. PS3でDVDを再生する方法

再生できるディスクの種類が確認できたところで、次は使用手順です。再生方法に特別なものは不要です。

再生したいメディアをディスクドライブに挿入するだけです。PS3がメディアを判断し、自動再生で開始されます。

手動で操作する場合はどうすればよいのでしょうか。一連の操作は付属のコントローラーで行います。

コントローラーの役割を見ていきましょう。

○:一時停止。再生中に動画を停止させます。

×:停止。再生中の動画を停止させ、メニュー画面に戻ります。

□:メニュー表示。チャプターや設定を行う画面を表示します。

左ボタン(L2):早戻り。

右ボタン(R2):早送り。

ボタンは押すごとに1.5(早送りのみ)、10、30、120倍速になります。一時停止の時は1コマずつのスロー再生です。

L1:初めから再生

チャプターの先頭を表示し、再生します。

チャプターを1つ前に戻す場合は2回押します。

R1:チャプター送り

1つ次のチャプターを最初から再生させます。

select:動画情報の表示

再生中、時間やチャプターなどの動画情報を表示します。

Part3. PS3でDVDを再生できない原因

多様なディスクに対応しているPS3ですが、再生できない場合もあります。ディスク側、PS3本体側それぞれに原因があるようです。

①ファイナライズ処理されていない(ディスク側)

ファイナライズ処理とは、DVDを作成した機器以外でも再生できるようにする処理のことです。DVDは様々なレコーダーで再生できるように処理がされています。ファイナライズ処理されていないDVDはレコーダーが変われば再生されません。

個人で作成したDVDなどにありがちな原因ですね。PS3でも再生できるようにDVDの動画を変換する必要がありそうです。

②リレーションコードが非対応のもの(ディスク側)

リレーションコードとは、利用が想定された地域を示したコードのことです。地域外のDVDは日本国内で再生できません。日本で再生可能なリレーションコードは「2」とALL「0」です。

③PS3本体に問題がある

PS3を動作させるOSが古いバージョンの場合は再生できないものがあります。また、読み込み用のレンズに傷や汚れがついている場合も再生に影響がでるでしょう。

Part4. PS3でDVDを再生できない時の対策

①ファイナライズ処理を行う

PS3でDVD再生をするにはファイナライズ処理をしなければなりません。パソコンなどでDVDの動画を読み込みます。動画変換が可能なソフトでmp4などの動画ファイルに変換します。mp4であれば再生可能ですので、PS3にディスクを挿入して確認してみましょう。

②リージョンコードを変更する

パソコンで変更する方法があります。

1、DVDを挿入し、エクスプローラを立ち上げます。ドライブのプロパティを表示します。

2、タブを「DVD地域」に変更します。ここで「残りの変更可能回数」を確認しておきましょう。

この画像の場合は残り4回ということです。

下の地域を選ぶところから「日本」を選択し「OK」で完了です。

誤った操作をしないように、また手間がかからないように購入の時に地域を確認してくださいね。

③PS3本体をメンテナンスします。

PS3本体のOSが古いバージョンだった場合、インターネットに接続してみましょう。最新のOSをダウンロードすることが可能です。また、読み込み用のレンズが汚れている場合はクリーニングを行いましょう。レンズクリーナーを使うことできれいになり再生できるようになるかもしれません。

本体側の対応を行っても改善されない場合、どこかが破損しています。こうなれば自分では諦めて修理を依頼してください。

【まとめ】

今回は据え置き型の家庭ゲーム機「PS3」でDVDを再生する方法をお伝えしました。対応したメディアでは自動的に再生してくれます。また、再生されない場合の対処法をお伝えしました。ファイナライズ処理やリレーションコードについて学びました。

PS3に対応した動画ファイルに変更するソフトもあります。リレーションコードの変更も可能です。しかし、無駄な手間が発生します。DVDを購入するときに日本で再生可能かチェックをしておきましょう。

DVDプレイヤーがない場合、PS3での再生も考えてみてください。無駄な出費を抑えることができ、便利です。

鈴木

編集

0 コメント
DVD作成の基本とコツ
newyear-campaign

> DVD作成の基本とコツ > DVDプレーヤー > PS3でDVDを再生する方法とは?