DVD Memory

  • 高画質のDVDを作成
  • スライドショー編集機能付き
  • 保存形式は自由に選択可能
  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載

Nov 30,2020 11:11 am / カテゴリー: DVD焼く方法 /

写真をDVDに焼くには DVDデータディスクを作る方法

スマホやデジタルカメラで撮影した写真をパソコンで管理していると、「写真のデータをまとめたDVDデータディスクを作りたい」と考えることがあるはずです。DVDの作成を成功させるには、DVDディスクに関する知識とDVD作成ソフトの使い方をインプットしておく必要があります。この記事では、写真をDVDに焼くときに使いたいディスクの種類と便利なソフトを使ってDVDを作成する方法を解説します。

写真をDVDに焼くとこんなことができる!

撮影した写真をパソコンで管理している人ならわかると思いますが、写真データはパソコンの保存容量を思った以上に圧迫するものです。スマホの普及とともに日常生活のなかで写真を撮る機会が増えているので、日々増える一方の写真をすべてパソコンに保存しておくには限界があります。そんなとき活用したいのがDVDディスクです。写真をDVDに焼いたデータディスクを作成すれば、DVDに焼いた分の写真をパソコン上から削除できるので、パソコンの保存容量を回復できるのです。

また、写真を焼いたDVDデータディスクは、インターネットを使ってデータを共有する方法に不慣れな人と写真を共有する際にも役立ちます。相手側にデータディスクを読み込む環境があれば、写真が入ったDVDを手渡すだけで写真の共有が可能だからです。このように写真をDVDに焼くと写真の保存方法や楽しみ方の幅が広がるのです。

写真を焼くためのDVDディスク選びのコツ

写真を収めたデータディスクを作るのに適したディスク選ぶ方法は、ディスクの種類と保存するデータの種類に注目するというものです。DVDディスクの種類は書き込み可能回数によって分類されます。1回だけ書き込みができるディスクは「DVD-R」や「DVD+R」です。この2つはDVDディスクのなかでも安価な部類に入るので、写真を焼いて家族や友人に配りたいときに向いています。

DVD-RやDVD+Rが1回書き込んだら削除も編集もできないのに対し、「DVD-RW」や「DVD+RW」、「DVD-RAW」は保存したデータの書き換えが可能です。これらの書き換え可能なディスクは一時的に写真を保存するには向いていますが、上書きにより保存していたデータを消してしまうリスクがあります。そのため、大切なデータを長期間保存するには1回しか書き込みできないDVD-RやDVD+Rが向いています。

DVDディスクを選ぶ際には、そのディスクにどんなデータを保存するのかも重要です。なぜならDVDディスクには、データを記録するためのデータ用、テレビの録画番組を保存する録画用、CDからコピーした音楽を保存する音楽用があるからです。録画用と音楽用のディスク価格は「私的録音録画補償金」が上乗せされているため、データ用のディスクよりも高く設定されています。写真を焼くためのディスクであれば安価なデータ用のディスクが適しています。

DVDデータディスクを作るときは「DVD Memory」を使おう!

CD・DVD書き込みソフト

CD・DVD書き込みするソフト
DVD Memory(無料体験版)

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 保存形式は自由に選択可能
  • 細部までこだわれるデザイン
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • スライドショー、音楽CD、無劣化でデータDVD作成、ISOファイルをDVDに書き込み可能

写真を焼くのにピッタリのDVDディスクがわかったら、次はデータディスクの作成に必要なソフトに関する理解を深めましょう。DVDデータディスクを作るソフトには、無料のものから有料のものまで数多くの種類があります。今回は数あるDVD作成ソフトのなかでも、とりわけ多機能で簡単に操作できる「DVD Memory」を紹介します。

DVD Memoryとは、簡単操作で動画からDVDやブルーレイを作成できるソフトです。DVD Memoryの特徴は、一般的な動画形式であるMP4やAVI、FLV、WMVなどはもちろんのこと、あまり見かけない動画形式やハイビジョン対応の動画形式まで幅広く対応していることです。またDVD Memoryは動画DVDの作成以外にも、自分で作成したプレイリストを書き込んだ音楽CDを作ったり、データディスクや写真のスライドショーを作ったりすることもできます。いうなればDVD Memoryは、DVDやCDに関するさまざまな機能が詰まっている多機能ソフトなのです。

DVD Memoryで写真をDVDに焼いてデータディスクを作るには、以下のような方法で行います。

  1. DVD Memoryを起動し、「その他のツール」にある「データディスク」をクリックします。
  2. DVDディスクに書き込みたい写真を選択します。写真を選ぶには、画面中央にあるプラスボタンをクリックするか、画面上部にあるメニューバーの「ファイル」をクリックして「ファイルを追加」もしくは「モバイルデバイスからファイルを追加」をクリックして行います。「モバイルデバイスからファイルを追加」を選択すると、パソコンに接続しているスマホやカメラから直接写真を読み込むことができます。
  3. 書き込みたい写真の選択を終えたらディスクの書き込みに移りますが、作成ボタンを押す前にドライブが正しく認識されていることと、書き込みたい写真の容量がディスクの空き容量内に収まっていることを確認しましょう。使用するドライブは画面右上の作成欄で、ディスクの容量は画面下部のゲージで確認できます。また画面上部の「ディスクラベル」を変更することで、データディスクにラベルを付けることも可能です。
  4. 最後に画面下部にある「作成」ボタンをクリックし、データディスクの作成をはじめます。作成が完了したら「終了」ボタンを押してください。


DVD Memoryを活用すればデジタルライフが充実する!

写真をまとめたデータディスクを作成すると、パソコンの保存容量を復活させたり、インターネットに不慣れな人と写真を共有したりすることができます。写真をDVDディスクに焼くには、用途にあったディスクを選ぶと同時に、使い勝手の良いDVD作成ソフトを選ぶことが大切です。DVD Memoryなら写真をDVDディスクに焼くだけでなく、動画のDVDや音楽CDを作ることもできるので、DVD Memoryを活用すれば日常のデジタルライフがより豊かなものになるでしょう。

鈴木

編集

0 コメント
DVD作成の基本とコツ
UniConverter

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > DVDデータディスクを作る方法